2015年07月01日

国立公文書館 企画展「恋する王朝」

R0026384.JPG

 今日は東京・竹橋にある国立公文書館で開催中の企画展「恋する王朝」に行き、ギャラリー・トークを聞いてきました。
 興味深い展示が色々あったのですが、全部書く時間がないのでとりあえず一つだけ。

R0026354.JPG

 これは伊勢物語の第一段「初冠(ういこうぶり)」の挿絵で、舞台は奈良の春日の里。
 左下をよく見ると……

R0026354-001.JPG

 鹿だっ!
 伊勢物語は平安時代に書かれ、この本は江戸時代に出版されたもの。
 少なくとも江戸時代にはすでに「奈良といえば鹿、鹿といえば奈良」ってイメージが出来ていたってことだよね。
 平安時代はどうだったんだろう。

 奈良の鹿はいったいいつからいるんだ?

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:33| 美術 | 更新情報をチェックする