2015年07月13日

もんじゃ焼きの神が降臨する

 そこにいたのは教授と大学院生。
 ゼミの飲み会でもんじゃ焼き屋に行ったものの、誰も正しいもんじゃを知らなかった。

「もんじゃはいつ固形化するのでしょうか」
「は?」

 事の顛末を聞き、私は呆れる。
「インテリが雁首そろえてもんじゃが固まるの待ってたわけ?」
 大学院生の男の子は神妙にうなずく。

「もんじゃはトロトロのまま食べるんだよ!
 わざと生地を薄くひいて、カリカリになったのを食べたりもするね」
 美味しさをイメージ出来ないのか、彼は首を傾げる。

「今度一緒にもんじゃ焼き屋に行こう。目の前で見せてあげるから」
「はい!」

 ニコッと笑う顔を見て、お堅い彼をデートに誘えたことを、もんじゃの神に感謝する。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:10| ショートストーリー | 更新情報をチェックする