2015年07月23日

三味線擬人化

 三味線の糸(弦)はけっこう弱いもので(特に一番細い3の糸)弾いている途中で切れることもあるし、置いておいたらいつの間にか切れていた、ということもよくある。
 いつもは真っ直ぐな糸が、はね返るように垂れているのを見ると、まるで男を取られた芸者が髪を振り乱しているようだな、と思う。

 楽器擬人化というジャンルはあるのか…… と検索したら、やはりあるようですね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:39| 音楽 | 更新情報をチェックする