2015年07月25日

エリック・サティとその時代展

 渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「エリック・サティとその時代展」に行って来ました。
 平日とはいえ「えっ?」と驚くほど空いていた。
 ピアノの生演奏のある日で、演奏開始まではまだかなり時間がある、という状態だったからかな。
 演奏前後は混雑したのかもしれない。

 展示品はサティに関係のある本の表紙・挿絵、ポスターなどが多く、どれもおしゃれ。
 夏にボーッと鑑賞して楽しむのにぴったりだった。
 約100年前の作品とは思えない。
 この頃の絵が、後の時代の作品に大きな影響を与えたからだと思う。

 「スポーツと気晴らし」の楽譜集が良かったな。
 これは21曲のピアノ小曲集で、序曲以外の20曲にシャルル・マルタンの色鮮やかな挿絵が入っている。
 この全てが展示されており、映像コーナーでは絵・譜面・譜面に書かれた言葉・音楽を一緒に楽しむことが出来た。

 サティは生涯にたった一度しか恋をせず、しかもそれは半年で終わってしまったそう。
 相当ショックを受けたというから、期間が短くても遊びじゃなかったのだ。
 切ない。

 自分の家のドアに「旋律の販売」を呼びかける看板を掲げたり、自分に手紙を書いたり、彼なりに必死で戦って生きていたみたいだ。
 何をやっても常に変なんだけど。

 「本日休演」という曲の楽譜の口絵に書かれた、サティが持つ看板の文章が素晴らしい。

「すべてを説明するという習慣を脱ぎ捨てるのはいつになるのかね?」

 これから行く人は、ピカソがデザインした馬がすごいので見逃さないように。
 あと、会場が寒いので上着を持って行くと良いよ……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:03| 美術 | 更新情報をチェックする