2015年08月10日

みその話

 少し前に「赤みそディストピア」というショートストーリーを書いた。
 これは自分の経験が元になっている。

 気に入っている岐阜のみそ屋さんがあって、我が家のみそは毎回そこから取り寄せていた。
 しかしある時、淡い茶色のみそを注文して、届いた時にも淡い茶色だったのに、少し置いておいたら赤みそ色に変わっちゃったのである!!

 食べてみると、味も赤みそっぽい。
 どうしても赤みそを食べさせたいか、東海人よ……

 別に赤みそが嫌いという訳ではないのだけど、毎日使うのは淡い茶色のみそにしたいんだよね。
 赤みそ100%は苦手で、赤みそ入りの合わせみそをたまに使う、くらいがちょうど良い。

 実家で使っていたのは、信州みそだったのだと思う。
 自然とそれに近い味を求めてしまうみたいだ。

 今までで一番苦手だったのは、山口の麦みそ。
 驚くほど甘い。びっくりした。
 どう使ったら良いか分からなくて途方に暮れた。

 最近は富山の白っぽいみそを使っている。
 これも私の舌には少々甘い。
 けれど、しょうゆを加えて使うと、不思議と好みの味になる。

 イタリア料理やインド料理は平気で食べられるのに、みそはいつもとちょっと違うだけで調子を崩す。
 みその好みの不一致で離婚した夫婦もいるんじゃないかと、本気で思う。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:02| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする