2015年09月17日

憧れのバナナ

 浅草のおばさんがうちに来る時、手土産はいつもバナナだった。
 バナナは遠い南の香りがして、味は甘くとろけるようで、あたしの大好物だった。

 だけど七人の兄姉弟で分け合うから、いつもちょっとしか食べられない。
 母ちゃんに「買って」なんて絶対言えないし。
 高価なバナナを簡単に買えるほど、うちは金持ちじゃないのだ。

 会社に勤め始めてお給料をもらい、あたしはバナナを自分で買うことにした。
「一房全部自分で食べるから!」
 と家族に宣言して。

 一本目はすごく美味しかった。
 だけど二本目の途中で飽きてしまって、あんなに憧れていた黄色い皮が、何だかうんざりするものに見える。

 残りを兄の位牌の前に置く。

 日本は高度成長期に向かっていた。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:17| ショートストーリー | 更新情報をチェックする