2015年10月11日

Text-Revolutions 第2回 感想

 Dちゃんの夕飯を用意する、という大事な任務があったため、懇親会などには参加せず閉会後すぐ帰ったのですが、さすがに疲れたらしく当日のうちにレポートを書くことは出来ませんでした。
 今も何だかぼんやりしている。しっかりしろー

 さてさて、テキレボ当日の話。
 寝不足続きでちゃんとやれるのかしら、私…… とドキドキしつつ浅草へ。
 会場に入ってみたら、他の人たちのテンパりっぷりがすごくて全く問題なかった。
 落語に出てくるご隠居並みに自分が落ち着いた人に見えた(相対的に)

 スタッフもサークル参加者も、即売会に慣れてない。
 と書くと批判しているみたいに聞こえるかな?
 確かにスタッフの仕事はもうちょっと定型化された方が良いかも、と思う。
 見ていて大変そうだったから(うまく手伝えなくてごめんなさい)

 でもサークル参加者は、慣れていない方が美しい。
 自分の心の中にある形のないものを、言葉に変換し、文字に写し取り、本にして、見知らぬ人が通る場所に展示する。
 そんな魂のストリップに、恥じらいを感じるのは当然のこと。

 魂といえば、面白かったのは、ネット上でだけ交流のあった方とお会いした瞬間。
 お名前を聞く前に、
「あ、この人きっと○○さんだ!」
 って分かるの。
 魂と先に出会い、肉体が後から歩いてくるような不思議な感触。

 夏に開催された「俺のグルメFESTIVAL」で出来た「魂のお知り合い」と、テキレボで実際に出会い、肉体側にもご挨拶出来て、心が満たされた。

 今回、このグルメFES参加作品集「飯テロリスト」を出したら、思いのほか好評でした。
 それは良かったのだけど、グルメFES主催者である世津路さんがスペースに来てくださった時には残部ゼロになっていたという失態。

 自分から持っていっちゃおうかな、でも押し付けてしまうようで悪いし……
 と悩んじゃって。

 結局、表紙にデカデカと赤い字で「見本」と書いてあるものをお渡ししました。
 あれだけお世話になっておきながら、本当にごめんなさい。

IMG_0513.jpg
↑これは開場直前に撮ったスペースの写真。右側にあるのが見本の飯テロリストです……

 この飯テロリストにちなみ、埼玉銘菓「五家宝」をスペースに置いておいたら、いつの間にかけっこう減っていた。
 五家宝を知らなかった人の「初・五家宝体験」になっていたりしたら嬉しいな。
 素朴で優しい味のお菓子です。

IMG_0512.jpg
↑五家宝はなるべく新鮮で上質なものをと思い、本店から取り寄せた。これは届いた時の写真。

 会場である都立産業貿易センター台東館は浅草寺から目と鼻の先で、私は外国人観光客でむっぎゅむぎゅの仲見世(大好き!!)を通って帰りました。

IMG_0516.jpg
↑もちろん名物の「あげまんじゅう」を食べる。

IMG_0518.jpg
↑仲見世を抜けると雷門

 上野の駅構内にあるスーパーに寄ったら、Dちゃんも私も好きなぶり寿司が売っていたので、夕飯はこれと、小松菜のスープと加賀太きゅうりの浅漬けにしました。
 同人屋・主婦としての責務を(反省点は多々あれど)無事果たし、ホッとして「ぐーすかー」したのは確か午前2時でした。

 Dちゃんをもっと早く帰して……!>会社(っていうか世間は連休だよ!?)
 眠い〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:57| 同人活動 | 更新情報をチェックする