2015年10月15日

不規則な生活をする能力

 体調を崩しております。
 テキレボの疲れもあるけれど、それよりDちゃんの過労が原因。
 三連休も三連勤だったし、ずーっと深夜残業。
 夕飯を出すために待っている私の方が先にやられた。

 寝不足のまま心配し続けるのって本当に体に悪い。
 私は働いている訳ではないので昼間に寝ることも出来る。
 でも、昼寝ではあんまり体力回復しないんだよね。
 かえって頭が痛くなったり、具合が悪くなることも。

 学校では教えてくれなかったな、と思うことの一つに、
「生きていくためには、不規則な生活をする能力が必要」
 というのがある。

 自分が深夜残業させられることもあるだろうし、私のようにダンナの仕事に巻き込まれることもあるし、医者・看護師・介護職・警察官・警備員・トラックやタクシーの運転手・コンビニ店員等々、深夜に働かなければいけない仕事も多いし、子供が生まれたら朝夜関係なく世話をしなければいけない。

 それなのに学校では、
「規則正しい生活をしましょう」
 と教えるなんてさ。

「いよいよ夏休み。不規則な生活をする良い機会です。
 徹夜をしてみたり、その後20時間連続で寝てみたり、
 どれだけ生活リズムが狂っても体調を保てるよう、練習しておきましょう。
 これが出来ないと、社会に出た時に苦労しますよ。
 時には会社を辞めなければいけなくなる時もありますよ」

 ってちゃんと本当のことを教えてもらいたかったよ……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:38| 健康・美容 | 更新情報をチェックする