2015年11月21日

恋愛小説

 どうしても誰かと「ノルウェイの森」の話がしたくて、Dちゃんにあらすじを説明した。
 終わり近くの主人公とレイコさんの場面が好きなので、そこに至るまでの経緯を。
 意外と10分くらいでまとめられるものなのね。

 私は、
「話せて満足!」
 って顔になったらしい。

 「ノルウェイの森」を読んで、恋愛小説はこんなにも多くのことを、深く、彩り豊かに表現出来るのかと驚いた。
 「恋愛」というものを狭くとらえてはいけない。
 大きく広く「愛」「人と人のつながり」を描けるのだ。

 書けるうちにいっぱい恋愛小説を書こう。
 と言いつつ、諸事情あって現在執筆中なのはSFなのだけど。
 ちゃんと終わらせられるかな……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 04:43| 執筆 | 更新情報をチェックする