2015年11月29日

映画「料理人ガストン・アクリオ 美食を超えたおいしい革命」感想

 ペルーの料理人、ガストン・アクリオを追ったドキュメンタリー。
 あの人はすごい! 国を変えた!! という賛辞がやたらに出てくるのだけど、どうすごいのか、どう国を変えたのか、もうちょっと具体的に映して…… って感じでした。

 ガストン・アクリオを知っていて当然の人たちのための映画みたい。
 私は全然知らないので面食らった。

 どうやら、高級料理と言えばフランス料理だったペルーで、美食家も満足させるペルー料理(ペルービアン)を確立した人らしい。
 日本では、自国の料理(和食)がフランス料理とタメ張ってる。
 それって当たり前のことじゃなくて、負けちゃう国も少なくないんだ。
 自分の国の料理が一番口に合うだろうに、不思議な気がする。

 キヌア畑が印象的だったな。
ここに写真もあり。民族衣装を着た女性たちが可愛い!)
 カサカサに乾いた大地に実るの。

 こんなところで穀物を収穫出来るなんて、とDちゃんに話したら、
「稲だってあんな水浸しのところで育って、変だよね。普通、根腐れするよね」
 とのこと。確かに。
 食べ物は土地や気候と強く結び付いているんだ、と改めて思った。

 まずはペルー料理を食べてみないとな。
 作り方から想像するに、さっぱりしていてけっこう辛そう。
 ごま油を使うのが意外でした。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:53| 映画・映像 | 更新情報をチェックする