2015年12月28日

食中毒は突然に

 食中毒で丸二日、寝込んでいました。
 ゴルゴンゾーラのジンクス、時間差で発動!
 でも当たったのはゴルゴンゾーラではなく、たこ焼き。

 ちょっと小腹が空いて(つまりその前は何も食べてない)夕飯を作る元気を出すためにショッピングモールで売っているたこ焼きを食べたら、2時間後くらいから吐き気を感じ始めた。
 せっかく作った夕飯もほとんど食べられず、そのままバタン。
 吐き気を吐かずに我慢していたら、毒素が腸に行ったらしくお腹壊した……

 たこ焼きを食べるまではいつも以上に元気で、洗濯したり風呂掃除したり、張り切ってあれこれやっていたのに。
 生き物の体なんてものは、いつ揺らぎ壊れるか知れない、危ういものなんですな。

 一番吐き気が辛い時に、
「死ぬ前に『贋オカマと他人の恋愛』を公開出来て良かった」
 と思った。
 やっぱり私にとっては小説を発信することが大事なんだな。

 それほど痛くはなくて、ただただぐったりしていただけなんですが。
 せっかく休みだというのにDちゃんに家事をやらせちゃって申し訳ない。
「私が寝床でのんびり本を読んでて、Dちゃんが食器を洗ってくれて……」
 とか夢を語っていたら実現してしまった。

 早く元気になって油っこいものとか食べたいです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:32| 健康・美容 | 更新情報をチェックする