2015年12月30日

2015年と2016年、主に小説書きについて

 食中毒で寝ていたせいで年末らしいことも正月準備っぽいことも一切出来ず、我々夫婦の所に2016年は来るのだろうか…… という感じではありますが、もともとそんなに頑張るつもりなかったから問題ないかも? 正月に閉まらない店だってあるし。というダラっとした雰囲気の病み上がりの12月30日。
 今日は少しくらい家事がしたいな。

 2015年に一番楽しかったのは、世津路章さんが主催してくださった、
「SS企画《俺のグルメFESTIVAL》」
 に参加出来たことです!

 300字・食べ物ネタで掌編を書く、というイベントで、世津路さんを始め、多くの方が感想を返してくださることもあり、泉のように書きたいことが湧き出てきて、それを言葉にしてどんどん発表していくのが、凄まじいエクスタシーでした。
 私は物語を書くのが本当に本当に好きなんだな、って思った。

 FES開催期間後に、同人誌即売会Text-Revolutionsで他のFES参加者さんとお会い出来たのも嬉しかったぁ〜!
 世津路さんも想像以上に快活な、可愛らしい方で、
「こんなラブリーな人が画面の向こう側にいたのか〜 私のために感想書いてくれたのか〜」
 とおばちゃん胸がきゅーんとしちゃいましたよ。
 近年まれに見る大感動でした。

 この時に書いた作品はこのブログのショートストーリーカテゴリで読むことが出来ます(これ

 他には、書くのに2年かかった「贋オカマと他人の恋愛」と、初の翻案小説である「死神」を即売会とネットで発表出来たのが幸せなことでした。
 好意的な感想も多くいただき、感謝しています。

 来年は、夏頃に友人たちとアンソロジーを作り、秋頃発表する予定があります。
 まずはこの作品を完成させること。

 あともう一つ、「贋オカマと他人の恋愛」の続編にあたる長くなりそうな話を、どこまで書けるかな?
 という感じです。

 私は精神的に参ってしまって書けなくなることがよくあるので、孤独感にやられないように気をつけながら、無理せず書き続けられたら良いなと思います。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:56| 執筆 | 更新情報をチェックする