2016年03月04日

萩尾望都「ポーの一族」感想

 「魔女の秘密展」で魔女狩りの詳細を知ったら急に再読したくなった。
 魔女ではなく吸血鬼の話だけど、魔女狩りに似ている部分がけっこうある。
 伝説と実際は違うのに、人々は伝説だけを信じ、怯えて主人公たちを追い詰めるところとか。
 ファンタジーでありながらすごくリアルな描写だったんだな〜 と感心した。

 昔がたりと 未知への畏怖が ぼくらの苗床

 というエドガーの言葉が好きだ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:10| 読書 | 更新情報をチェックする