2016年08月02日

映画「日本で一番悪い奴ら」パンフレット感想

【映画パンフレット】 日本で一番悪い奴ら 監督 白石和彌 キャスト 綾野剛, YOUNG DAIS, 植野行雄, 矢吹春奈, 瀧内公美, 田中隆三, みのすけ, -
【映画パンフレット】 日本で一番悪い奴ら 監督 白石和彌 キャスト 綾野剛, YOUNG DAIS, 植野行雄, 矢吹春奈, 瀧内公美, 田中隆三, みのすけ, -

 すごい読みでのあるパンフだった!
 主演の綾野剛、監督の白石和彌だけでなく、悪い仲間3人組(中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄)、最初の方にしか出てこないピエール瀧へのインタビューまで載っているの!

 植野行雄が綾野剛を刺し殺そうとする場面で、植野がリハーサル通りに出来なくて全員アドリブになった、という話が面白かった。
 植野はそれを「ミスった」と言うのだけど、本当にそれは「間違い」だったのだろうか。

 撮影の間、ずっと役になり切るうちに「その役としての動き」が自然と出てしまっただけで、間違っていたのは安全を優先したリハーサルの動きの方だったのではなかろうか。
 綾野剛は本気で逃げていたらしく、確かに非常に緊迫感のある良い場面だった。
 ケガ人が出なくて何よりでした。

 話の元となった事件で逮捕された稲葉圭昭(綾野剛が演じた諸星のモデル)のコメントも載っている。
 捜査費を捻出するために覚醒剤を密売、って何度読んでも笑っちゃいますね。
 笑い事じゃないんだけど。

 この映画の舞台は昭和の終わりから平成の初めくらいで、その少し昔っぽい雰囲気が嘘臭くなく、画面に説得力があった。
 美術を担当した今村力へのインタビューを読んでその理由が分かった。
 この人はまさに昭和のまっただ中から映画界にいたベテランの方らしくて、細かく書き込まれた設計図やセットを描いたドローイング(というのかな?)が素晴らしい。

 パソコンがなくて黒電話が置いてあるデスク。
 高級クラブの使い込まれたソファーの質感。
 こういう一つ一つの細部を本物のように見せる職人技が、虚構を真実に変えるのだ。
 感動した。

 衣装についてのページもある。
 中村獅童とピエール瀧は昭和の極悪人ファッションがやたらに似合っていて可笑しかった。
 綾野剛はあんまり似合ってなくて、それが身の丈に合わない暮らしをしている役柄をよく表していて、痛々しさ倍増で最高だった。
 似合わない服によって表現出来ることがあるんですね……

 撮影が終了したのは2015年7月6日。 
 映画「怒り」の制作日誌によると、こちらの撮影は2015年8月8日から。
 だいたいひと月くらいで綾野剛は諸星から直人に化けたのか〜

 全然違うタイプのキャラ(諸星→柔道バカの刑事 直人→優しくて病弱な謎の男)なのに、すごいな。
 しかも雪の場面を撮るために、12月に再び諸星に戻ったらしい。

 俳優とスタッフが全力を出して作り上げる映画の世界を堪能出来て「日本で一番悪い奴ら」の土台まで味わえた気がしました。
 もちろんいっぱい収録されている綾野剛の写真も可愛いです♪♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:06| 映画・映像 | 更新情報をチェックする