2017年01月26日

「一所懸命」「一生懸命」問題

 「一所懸命」「一生懸命」どちらを使いますか?
 新聞や雑誌、放送の世界では「一生懸命」に統一しているそうですが、小説家の文章では「一所懸命」の方をよく見るような気がする。

 辞書(広辞苑)を引くと、

いっしょ‐けんめい【一所懸命】
1、賜った1カ所の領地を生命にかけて生活の頼みとすること。また、その領地。太平記33「―の地を没収せらる」
2、物事を命がけですること。必死。一生懸命。「試験を控えて―に勉強する」

いっしょう‐けんめい【一生懸命】
イッショケンメイ(一所懸命)の転。


 とあるので、一所懸命の方が古く、元々の意味を保った漢字が使われていることが分かる。

 私はこの言葉、「一所懸命」「一生懸命」どちらであるかという前に「いっしょうけんめい」という音なのです。
 だから「一所懸命」だと「『う』が足りない」という気持ちになるので「一生懸命」の方を使います。
 本当なら「いっしょうけんめい」と表記したいくらいなのだけど、ひらがなだと意味が拡散していく気がするし、何だかいっしょうけんめい感が出ないし……

 「一所懸命」を使っている人たちは「『う』が足りない」という気持ちをどうしているのだろう、と思っていたら、先日、関西の芸人さんのトークの中で、
「いっしょけんめいに」
 という発音を聞いて「あっ」と思った。

 もしかして「いっしょうけんめい」って関東訛りなのか?
 地域までは限定出来ないけれど「いっしょけんめい」という発音に違和感がある人とない人がいて、それによって「一生懸命」派と「一所懸命」派に分かれているという仮説。
 まあ習慣で選んでいる人がほとんどだと思いますが……

 「いっしょけんめい」と発音する人、どれくらいいるんだろうなぁ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:58| 言葉 | 更新情報をチェックする