2017年05月04日

「25周年おめでとう!映画クレヨンしんちゃんを勝手に振り返ってオススメしてみた」感想

 世津路章さんによる、劇場版クレヨンしんちゃんのレビュー本。
 12作品が紹介されているのですがどれも熱く、愛情にあふれていて、クレヨンしんちゃんにそれほど興味のなかった(ごめんなさい)私も、色々見てみたくなりました。
 特に嫌っていたわけではないのだけど、ちょうど「大人向けの作品が見たい」という気持ちが強くなる思春期の頃に子供向けアニメとして登場してきた感じがあって、見る機会がなかったのでした。

 自分用のメモになりますが、気になった作品とその理由。

☆ヘンダーランドの大冒険
 世津路さんによると、クレヨンしんちゃんの世界を知らない人でも大丈夫な初心者向けの作品らしいので、まずはここから見てみようかなと。
 群馬にあるヘンダーランドへ行く、という土地の感覚も良いなと。

☆暗黒タマタマ大追跡
 魅力的なオカマキャラが出てくるそうなので。
 オカマは大切な文化だと私は思っているのですが、差別的であるとして、今後はかつてのように物語の中に気安く登場することはなくなるだろう。

☆嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
 「懐かしさ」に魅了され、囚われの身になってしまう大人たち、という設定が切実で面白いなと。
 青春というのは離れれば離れるほど美しく見えてくる、というのを最近実感するようになったので。
 心を意識して前に向けないと、人間というのはすぐに下や後ろばかり見てしまうものなのかもしれない。

☆嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス
 事件は起きるのに悪役がいなくて、やや観念的なお話であるらしいところに惹かれた。
 失われるとギスギスしてしまう和みの力、ヒママター。
 その力、出せるようになりたい。

☆バカうまっ!B級グルメサバイバル!!
 一転こちらはおバカストーリーとのこと。
「腹へった! と、おいしいね! は、きっと暴力より、この世の何より強い」
 という文章に、グルメFESという食べ物小説の企画で世津路さんとお話するようになったことを思い出し、微笑んだ。

 レビューは世津路さんのブログでも読めますので(こちら)ぜひどうぞ!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:42| 読書 | 更新情報をチェックする