2017年08月13日

RADWIMPS「君の名は。」感想

 「君の名は。」を見た後すぐにサントラを購入。
 RADWIMPSは「フランケンシュタインの恋」の主題歌「棒人間」がすごく良かったし、映画を見る前から「前前前世」の「前前前世から僕は君を探し始めたよ」という歌詞が気になっていたので。
「前世と前前世には会えなかったのか……?」

 映画「君の名は。」はストーリーと音楽の距離感が神がかっていたと思う。
 登場人物の心情を表してはいるけれど、合い過ぎてはいない。
「ちょうど良い曲が偶然あったので使ってみました」
 としれっと言いそうな雰囲気(実際は20回も修正入れて作らせているのに!)

 感動する映画は苦手だと思っていた。
 でも「君の名は。」はパチンとスイッチが入るみたいに、音楽に乗って物語世界に没入出来た。
 ある種のミュージカルなのではないかと思う。

 「前前前世」がオープニング曲でもエンディング曲でもないことを知った時の驚き。
 この曲が流れるシーンは映画の中で一番楽しいですよね。

 「スパークル」が好きなんですよ〜
 瀧と三葉の曲であるだけでなく、前半はテッシーのことを歌っているような気がして。
「やったれやー!」
 と脳内で叫びながら聴いている。

 テッシーの、現状に不満を持ちつつどう変えたら良いのか分からないという感覚は、私が子供の頃からずっと持ち続けている気持ちによく似ている。
 特に思い入れのある登場人物だ(どの子も好きだけど)

 エンディング曲の「なんでもないや」の、
「君のいない世界など夏休みのない八月のよう」
 という歌詞、「君のいない世界」なんて「夏休みのない八月」くらい酷い、あり得ないと強く否定するための比喩なのだろうけど、
「割と簡単に実現しちゃうよね、夏休みのない八月……」
 と過労サラリーマンとその妻は力なく笑っております。

 「デート」「飛騨探訪」のような歌詞なしの曲も可愛くて心地好い。
 日常の中で自然に楽しみつつ、元気になったりじーんとしたり。
 この夏を乗り切るためのアルバムになりそうです。

君の名は。(通常盤) - RADWIMPS
君の名は。(通常盤) - RADWIMPS
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:31| 音楽 | 更新情報をチェックする