2017年08月20日

シュークルットの同志よ……!

 フランス料理屋でシュークルットのキャベツ部分だけ増量してください、と頼んだら、
「別の店の話をするのもあれなんですが……」
 と言いながら、店員さんがシュークルットの美味しいアルザス料理の店を教えてくれた!

 マニアックなレコード屋で、
「それ、うちにはないけど○○駅の△△って店にならあると思うよ」
 と言われたような気分。

 私とDちゃんと店員さんの三人で、しばしシュークルット談義。
 自分の店のシュークルットと、その店のものの違いを語る店員さん。

 おそらく三人とも、
「シュークルットの素晴らしさを分かってくれる人が現れた!!」
 という喜びに満ちていた。

 同志よ……!

 おすすめされたお店にもそのうち行きたいと思います。
 ま、自分で作ったやつが一番美味しいのだけどね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:38| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする