2017年09月05日

中国家庭料理 楊(ヤン)

 ネットで検索すると2号店とか3号店とか色々出て来ますが、どうやら私は「中国家庭料理 楊 別館」に行ったみたいです。
 池袋の東京芸術劇場のそばにあるお店で、Dちゃんが連れて行ってくれました。
 ここの水餃子が、長年私が探し求めていた味だったのですー!!

 私の出身地、埼玉県川口市で毎年開催される「たたら祭り」では、中国から来た鋳物研修生が作った水餃子を食べられる。
 日本の水餃子と違って皮が厚く、餃子だけ(ご飯なし)で食事が済むような、満足感のある一品。
 これが大好きで、でも結婚してから「たたら祭り」には行かなくなってしまった。

 こちらの「中国家庭料理 楊(ヤン)」で水餃子を頼んだら、あの懐かしい味によく似ていた。
 丸っこい姿をそのまま口の中にエイッと放り込むと、厚い皮の中には小籠包のように美味しい肉汁が閉じ込められている。
 弾力ある噛み応え、それに皮と具のバランスが良い。
 作っている方の出身地が鋳物研修生と同じだったのだろうか(四川?)

 ちなみに私が「たたら祭り」に行っていたのは10年以上前なので、その後餃子がどうなったかは分かりません。

 水餃子以外の料理も美味しかったので、また行きたいな。
 さすがに知られているらしく満席で、店に入れるまでしばらく待ちましたが。
 待った甲斐がありました。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:31| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする