2017年09月17日

同人誌の印刷冊数の決め方

 私はこんな風にしているよというだけの話です。
 まず「一度の同人誌即売会で売れる冊数の平均」を出します(本の種類ごとではなく全体で)
 1回目5冊、2回目10冊、3回目15冊、だったら平均は10冊。

 次に新刊を出す間隔はどれくらいか考えます。
 同人誌即売会に出るたびに必ず新刊を用意しているか。
 ここでは「毎回新刊を出すのは難しい、2回に1回くらい」ということにします。

 在庫は同人誌即売会のたびに10冊ずつ減ってゆき、2回同人誌即売会に出ると新刊の分が増える。
 つまり新刊を20冊にすれば在庫の増減はない。
 同人誌即売会で売れる冊数の平均(10冊)×新刊を出す間隔(2回)=新刊の印刷冊数(20冊)
 30冊刷れば在庫は増えてゆき、10冊刷れば在庫は減ってゆく。

 もちろんこれは目安にしかならないことで、まず同人誌即売会で売れる冊数は変化する。
 新刊を出す間隔もいつも同じとは限らない。
 売れ行きの良い本もあれば悪い本もある。

 ただ、私が一番気を付けているのは、
「印刷所の料金表だけを見て印刷冊数を決めない」
 ということ。

 印刷冊数を増やした方が1冊あたりの料金が安くなるので、どうしても冊数を多くしがち。
 在庫を減らそうと同人誌即売会への参加が増えると、まあ楽しいから良いのだけど、参加費って交通費なども含めてけっこう馬鹿にならない。

 同人誌即売会で動くお金というと、印刷代と販売単価が話題になることが多いけれど、同人活動をトータルで見て、無理のないよう楽しんでいけたらいいなと思っています。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:13| 同人活動 | 更新情報をチェックする