2017年09月17日

らし「嘘の町を出ていく」感想

 この本、届いてすぐに読み終えたのですが「好き過ぎて感想書けない状態」になってしまって大変でした。多くの人にこの物語の素晴らしさを伝えたい。それなのに、感激が強過ぎて、上手く言葉を紡げない。
 明日の文学フリマ大阪でも頒布されるようなので、頑張って紹介してみますね。

 嘘の町「ペテンブルク」で、時計技師の青年ぺトレは、時計塔で踊るからくり人形シアーシャに恋をする。
 嘘の町とは何か?
 そんな、私が説明出来る訳ないじゃないですか!
 読んでみればありありと分かります。
「本を開いたら、あなたも嘘の町に行くことになる」
 と言った方が良いかもしれない。

 まずこのシアーシャが超絶キュートなのですよ。
 からくり人形が生きていることに驚くペトレに、シアーシャはこう返す。

「しかたがないじゃない。いるわけないっていわれても、わたしはここにいるんだもの」

 圧倒的な存在感。いるんです!

 ぺトレは何故ペテンブルクにいるのか? 彼が背負っている深い悲しみ。
 シアーシャはいつも明るいが、時計塔から出て自由に歩き回ることを夢見ている。
 彼らが惹かれ合う様子の描写が素敵。

「時計塔で出会ったふたりの気持ちも、文字盤を走る二本の針と同じように、刻一刻と、交差し重なる瞬間へと向かいはじめていた」

 そして二人はどうなるか?
 うわ、無理だ。ここから先はネタバレになってしまう。
 そこは嘘の町で、でもその恋は紛れもなく本物だった、ということしか私の口からは言えない。
 恋する二人の会話、特にシアーシャのセリフはどれもこれも本当に可愛らしい。

 この話はフィクションであり、フィクションについての話だ。
 つまり「物語とは何か」の話。
 嘘の話に過ぎない物語というものが、読者に何を与えてくれるか。
 それがどれほど大切なものであるか。

 読み進めるにつれて、
「この話、どうやって終わらせるのだろう」
 というドキドキが大きくなっていった。
 ハッピーエンドもバッドエンドも簡単に想像出来る。

 らしさんが選んだ結末に、私はうわー! と叫んだ。
 私の浅はかな予想などはるかに上回り、美しく、深い真理をたたえ、
「形のない、けれども確実に存在する何か」
 は読者に手渡される。

 9月18日(月祝)に堺市産業振興センターで開催される文学フリマ大阪のB-39(ブース名:おとといあさって)で買えるようですので、行く方はぜひ!!
 WEBカタログ(こちら)で表紙など詳細が見られます。
 こんな私の暑苦しい感想などさらっと忘れて、古いお洒落な外国映画を見るような気分で楽しんで欲しいです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 17:51| 読書 | 更新情報をチェックする