2017年09月24日

ドイツ風グーラッシュ

R0026570.JPG

 Dちゃんと一緒にグーラッシュを作りました。
 元々はハンガリー料理で、私たちが見たのはドイツ料理の本に載っていたレシピ。
 豚肉と玉ねぎを炒めて、ニンニクやパプリカパウダーなどを加え、ビールで煮込む。
 すりおろしたじゃがいもでとろみを付けるのが面白かった。

 ネットや本で調べてみると色んなグーラッシュが見つかるため「グーラッシュをグーラッシュにする要素」がいまいち分からないのですが「パプリカパウダーで仕上げる」という部分だけは共通しているようです。

 完成したものを味見したDちゃん、
「へええ、この味はこうやって作るんだ」
 どこかでグーラッシュを食べたことがあって「正解」を知っているらしい。

 私は、
「脳内の味のライブラリーを検索しても出て来ない……」
 どうやら初めての料理みたいです。

 野菜が色々入っているのに甘くなく、ビールの苦みで締まっていて、大人っぽい味だな〜と思いました。
 Dちゃんは、
「もっとまろやかな方が良かった」
 と言うけれど、私は初めてだから比べようがない。

 ヴァイツェンとか別の種類のビールを使えば良いのかな?(今回はラガー)
 舌で異国を感じられて楽しかったです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:26| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする