2017年10月01日

読響「第200回 土曜マチネーシリーズ」感想

 すっかり日が経ってしまったけれど、9月16日(土)にダニール・トリフォノフのピアノを聴きに行ったことを書いておかなければ。
 ずっと憧れていたロシアのピアニスト。
 時間を作れるか分からなかったので事前にチケットは買わず、当日券で入りました。
 席種や料金を気にしなければけっこうやれるものですね。

 彼が演奏したのはプロコフィエフのピアノ協奏曲 第2番。
 パンプレットに載っていた初演時の新聞記事が面白かったので引用します。

「鍵盤のほこりを払っているのか、もしくは鋭くドライなタッチでめちゃめちゃに叩いているのか、どちらかだった。聴衆はどう判断すべきか、さっぱりわからなかった……」

 トリフォノフさんの演奏も、まあ、おおむね、そんな感じ……
 私は彼のショパンを聴いてファンになったので、正直もうちょっと甘く歌うようなタイプの曲をやって欲しかった(名古屋のリサイタルではショパンやチャイコフスキーを弾いてくれたらしい。良いなー)
 しかしもう21世紀なのだし、本人だっていつまでも「若手ピアニスト」ではいられない。
 難しいこと(難解な曲を聴かせる、伝える)に挑戦していくのは素晴らしいと思うし、これからも応援したいと思った。

 アンコールはプロコフィエフ「シンデレラ」よりガヴォット。
 こちらは彼一人による演奏でした。

 会場は池袋の東京芸術劇場で、基本的にはトリフォノフさんのコンサートではなく交響楽団の演奏会。
 読響(読売日本交響楽団)の「第200回 土曜マチネーシリーズ」

 スッペの喜歌劇〈詩人と農夫〉序曲は聴いていてニコニコしちゃうような楽しい曲だった。
 劇本体は失われており、ストーリーさえ分からないそう。
 「君の名は。」は忘れられて「前前前世」だけが残っているような状態ですよ。
 失われたストーリーを想像出来るのも、素敵なことですよね。

 ベートーヴェンの交響曲 第6番〈田園〉、何で今さら田園、ではあるのですが(さんざん聴いたという印象がある)いや何度聴いても良い曲ですね。
 爽やかで気持ちの良い演奏で、この曲のレコードに惑溺したという高村智恵子を思いながら目を閉じ、響きに身をまかせていました←寝ていた訳じゃないよ!

 ラジオでは毎日のようにクラシック音楽を聴いていますが、やはり生演奏は良いですね。
 音の幅、特に低音が全然違って、耳ではなく体全体が音に包まれる。

 演奏会の後、ホールの入口近くでトリフォノフさんと指揮者のコルネリウス・マイスターさんのサイン会が。
 私は疲れているところさらに疲れさせたら申し訳ないという気がして少し離れたところから見ていたのだけど、マイスターさんがメチャクチャ格好良くてびっくり! ウィーンのお菓子を思わせる上品な美男子(ドイツ出身のようですが)愛想も良くて笑顔を絶やさず、あらやだ、おばちゃんトキメいちゃう!

 トリフォノフさんはちょっと気難しい芸術家っぽい雰囲気。
 まあ慣れない異国で移動と演奏会が続いて、ぴりぴりするのが普通だろう。
 それでも時々笑顔を見せていた。

 トリフォノフさんが目の前にいる、というのが現実と思えず、何だかしばらくぼんやりしてしまった。
 次の来日はいつかな〜 楽しみに待ってるよ!!

posted by 柳屋文芸堂 at 13:52| 音楽 | 更新情報をチェックする