2017年10月20日

ネガティブ・キャンペーン

私「ネガティブ・キャンペーンって、日本ではあまりやらない印象があったのだけど、今回の選挙ではあちこちで見かける。いつの間にか解禁されてたんだねぇ」
D「日本でネガティブ・キャンペーンをやると『品がない』と思われてかえって不利になるから」
私「『品がない』!! あったね、そんな価値観!! すっかり忘れてたー!!」

 私も品位を失った日本人の一人なので、ネガティブ・キャンペーンをします。
「今回の衆院選、自民党には入れません」
 トランプと北朝鮮が子供のケンカみたいなことをしている真っ最中に選挙、ってのんき過ぎるだろ……?

 まあ子供のケンカが終わるのを待っていたらいつまでも選挙なんて出来ないだろうけど、もうちょっとマシな時期だってあるはず。
 二国間の対立を自分の選挙に利用しようとしているのが見え見えで、安倍さんにとって戦争は「概念」でしかないんだな、とため息が出る。

 そのこと以上に私が胸を痛めているのは、この選挙の性急さ。
 準備期間の短さにより、各地で混乱が起きていて(海外からの郵便投票が日程的にギリギリ、区割り変更の周知が間に合わない、等)選挙関連のお仕事をされている方々には、予定になかった時間外労働・休日出勤が多く発生しているはず。
 このバタバタな状況そのものが、安倍政権の勝手さを表している。

 私がちょっと不思議に感じているのは、安倍さん以外の自民党の元議員たち。
 「自民党政権」というより「安倍政権」になっている今の状況を、どう感じているのだろう。

 まあとにかく、寒い日々が続きますので、選挙関連のお仕事をされている皆様は、風邪などひかないよう気をつけてくださいね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:15| 社会 | 更新情報をチェックする