2018年08月25日

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」感想



 映画「オーシャンズ8」の舞台になっているメットガラのドキュメンタリーを見てみました。
 メインはパーティーではなく、メット(メトロポリタンミュージアム)で開催される服飾部門の展覧会「鏡の中の中国」の準備。
 ファッションデザイナーが夢見た中国、過去の中国、現在の中国。
 政治的に難しい部分もあり、関係者たちの意見はまとまらず喧喧囂囂。
 開催日が近づくにつれクタクタになっていくキュレーター。
 これで泥棒まで入ったらたまんないよね……

 ファッションはアートではないのではないか、という議論もあるという。
 アートって、何だか面倒くさい単語だよねぇ。
 アートを「技術の粋を尽くした美しいもの」として使えば褒め言葉になるけれど、
 「芸術家が自分勝手に表現したもの」ととらえれば、ファッションデザイナーは、
「俺たちゃ自分のためじゃなく、客を喜ばせるためにやってんだ」
 と腹を立てるだろう。

 デザイナーのジョン・ガリアーノの言葉がすごく良かった。
「アートかどうかは分からないが、あの技術や創造性を思うと… すばらしいものを創り上げたと感じる」
 そう、絵だろうが服だろうが、「すばらしいもの」が素晴らしいんだよ!
 みんな美術館で「すばらしいもの」が見たいんだ!!

 アナ・ウィンターの服は相変わらずどれもこれも最高に美しく似合っている。
 そして相変わらずびしばし気に入らないものを切り捨てる。
 意地悪なのではなく、醜いものが許せないのだ。
 ああいう美意識がしっかりある人、好きだな〜

 リアーナも本当に綺麗で、可愛らしいとも思った。
 オーシャンズ8を気に入った人は、こちらの映画も見てみると良いんじゃないかな。
 あの事件が起きたら、キュレーターさんショックで気絶するだろうね……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:01| 映画・映像 | 更新情報をチェックする