2018年09月23日

築地でお寿司

 築地のお寿司屋さん「築地 すし鮮 総本店」に行ってきました!

 旬の新さんま握りはトロよりトロ。とろとろ。
「焙り比べにぎり」はマグロやサーモンの生と焙ったものが並んでおり、違いを味わうのが面白い。

 途中、Dちゃんが頼んだ日本酒を一口二口もらって飲むのが最高だった。
(アルコールに弱いので一人で一杯は飲めない。飲める体質だったら体を壊すまで飲んでいただろうから、神の御加護だと思っている……)

 日本酒は広島の梅田酒造場の「本州一 無濾過純米吟醸」というもの。
 うまみが強く濃厚な、我々の好みの味で当たりだった。
 寿司と日本酒の組み合わせは無敵!

 本わさび巻は、千切りのわさびがごまと一緒に巻かれている(魚は入っていない)
 子供の頃、長野旅行の土産に買った、酒粕を混ぜないわさび漬けを思い出し懐かしかった。
 当然辛い。

 高級寿司店という訳ではないのに(安くはないが高過ぎない)
「美味しいお寿司を食べたー!」
 という満足感があって、築地はやっぱりすごいなぁ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:32| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする