2018年12月02日

文学フリマ東京のご報告

11月25日に文学フリマ東京に参加してきました。
計算してみたところ、売り上げが過去最高でした。
服部匠さんの御本をお預かりし、実質2サークル分のお客さんが来て、一日中にぎやかに過ごすことが出来ました♪

私は面倒くさがりなので、自分一人だと何事も「適当でいいや」になってしまいがち。
今回は「大事な本を預かっているんだ! 準備や宣伝を頑張ろう!!」と気合いが入って良かったです。

自分の分の売り上げはいつも通りかなーと思ったら、文フリでは過去最高でした。
「前に買った本が面白かったから」と文フリでは初売りの「翼交わして濡るる夜は」を買ってくれた人もいました。
カクヨムで知り合った人が来てくれたのも嬉しかった。
地道に活動を続け、色んな方法で作品を発表したことが、文フリ当日の楽しさに繋がったんだな、と。

よいこぐまさんには開店の告知ツイートや売り子をお願いして、大変お世話になりました。



次回のイベント参加は2019年3月21日に浅草で開催されるText-Revolutions(テキレボ)です。
また沢山の人とお会い出来ますように!
 
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:27| 同人活動 | 更新情報をチェックする