2019年03月22日

三谷銀屋「UTSURO」感想

 ホラー短編集(SFあり)
 勧善懲悪でないところが良い。
 罪のない人が救われることもあるし、救われないこともある。

 ハンドクリームを呪いの道具にするという発想に驚いた。
 確かにてのひらは、人を苦しめたり殺したり出来る器官ですね。

 三谷銀屋さんは不思議なことを表現する文章が上手いので、日常とは違う世界を描いていても、何が起きているかはっきり分かって読みやすい。

 鷽替えは実際にある神事なんですね。
 「鷽替え」で画像検索すると超かわいい人形がいっぱい出てくる〜
 知らなかったので勉強になりました。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:46| 読書 | 更新情報をチェックする