2019年06月19日

アニメ「宝石の国」感想

 最初、のんびり話が進むのかと思ったら、予想しなかった不思議な出来事が次々起こり、
「先が気になるー!」
 と最終話までだれずに面白く見られた。

 主人公たち「宝石」の敵である「月人」が怖い。
 三十三間堂の千体千手観音像をピカピカにしたようなのが空からやってくる。
 何を考えているのか全然わからない。

 月人に比べると「ゲゲゲの鬼太郎」のバックベアードは自分の目的を分かる言葉で説明してくれて親切だな。

 宝石たちの戦い方は美しく、かなり強いが、月人は数が多くて、出し抜けに奇想天外な攻撃をして来たりする。
 宝石たちはしばしば粉々になり(これは直せる)月人に連れ去られてしまうこともある(こうなると戻ってくるのはかなり難しい)

 宝石たちは明るく楽しく暮らしているけれど、仲間を失った記憶を痛みとして抱えている。
 宝石たちは鉱物としての特徴にちなんだ個性を持ち、男でも女でもない。
 物語を愛する人たちの心の中にいる「少年・少女」の概念を結晶化させたような存在。
 それぞれの純粋な思いが交錯する様子が、萩尾望都「トーマの心臓」のようだ。

 どの子もけなげで愛おしい。
 イエローダイヤモンドお兄様は格好良く、双晶アメシストは優しく、ダイヤモンドは可愛らしい。
 ダイヤモンドが自分をボロボロにして戦うシーンは切なかった。

 それにしてもアニメって戦う話が多いね。
 アニメの絵と動きが戦闘シーンを描くのに向いているのだろうか。
 小説に向いているものは何だろう……

 えっ、ここで?! ここから始まりでしょ! という終わり方だったので(原作はまだ連載中)
 続きもアニメ化されると良いな♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:16| 映画・映像 | 更新情報をチェックする