2019年06月19日

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」感想

 とにかく構成が上手かった。

 まず第1話。いきなり意味不明の戦いから始まり、ほのぼのに移ってシリアスへ。

 物語の最初の部分はやらなければいけないことが沢山ある。
 登場人物の名前や、舞台となる場所の様子を知らせ、世界観をつかんでもらう。
 続きが気になるように、見ている側が解明を諦めない程度の謎を残す必要もある。

 そういう基本的なことを自然に行った上で、作品全体の雰囲気も伝えており、見事だと思った。
 最初からほのぼのだったら、ほのぼの好きな人以外は「だるいなー」と見るのをやめてしまうだろう。

 まどマギはずいぶん話題になった作品なので、同じ時間を繰り返すことは知っていた。
 しかし第12話で終わるのに第9話までは普通に時間が進んでゆき、
「あと3話しかないのにどうするんだ?」
 と思ったら、第10話に「繰り返してきた時間」がまとめられていて、そうやるのかー! と。

 オープニング映像で主人公のまどかは魔法少女の姿なのに、本編ではなかなか魔法少女にならない。
 これはオープニング詐欺では?! と思わせておいて、第10話でようやくその意味が分かる。
 時に閉じ込められる悲しみが凝縮した素晴らしい回だった。

 最後に完全な平和が訪れるわけではないけれども、
「ほむらちゃんが呪縛から救われた!
 大好きな人に自分の思いを理解してもらえた!」
 という喜びが大きかった。

 小説書きとして見ると、物語をどういう順番で見せていくのが最も効果的かを考えるのに、大変勉強になる作品でした。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 18:30| 映画・映像 | 更新情報をチェックする