2019年07月15日

「一条ゆかり展」感想

 一条ゆかり展は2018年9月29日から12月24日まで、弥生美術館で開催されていました。
 新宿タカシマヤで開催される「特別展 りぼん」にも一条ゆかりの作品が展示されるそうなので、その時の感想を書いておこうかな、と。

 一条ゆかりは子供の頃、貧しい家庭で育った。
 自分が貧乏だったからこそ、貧乏臭い話を嫌い、ゴージャスな世界を描いたという。

 私も貧しい家の出で、自分の小説に裕福な子をよく登場させる(有閑倶楽部ほどではないが)
 しかし文学には私小説の伝統があるので、
「もっと自分に近い境遇を描くべきなのだろうか……」
 と悩むことがあった。

 一条ゆかりの作品世界の成り立ちを知り、
「書きたいものを書いて良いんだー!」
 と吹っ切れた。

 もちろんウソにならないように、色々調べる必要はあるけれども。
 いつまでも自分の境遇を背負い続けなくて良いんだ。

 会場では、有閑倶楽部の第1話が最後まで読めるようになっていた。
 セリフが洒落ていて、ストーリーも面白い。
 今の感覚でも古臭く感じない。

 可憐がこんなに優しい子だったなんて!
 子供の頃は気付かなかったな〜

 一条ゆかりの漫画に描かれる「大人の世界」に憧れていた日々を思い出し、胸が熱くなった。

 「特別展 りぼん」にはどんな原画が展示されるのだろう。
 開催期間は2019年7月18日から7月28日まで。公式ページはこちら
 行けるかな〜?

 その後、京都タカシマヤ、ながの東急百貨店、佐賀県立美術館にも巡回するそうです。
 りぼんっ子たちよ、グッズで破産するなよ☆
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:30| 美術 | 更新情報をチェックする