2019年09月01日

マレーシアごはん祭り2019〜Malaysia MAKAN Fest

 今日は横浜みなとみらいの象の鼻テラスで開催されていた、
「マレーシアごはん祭り2019〜Malaysia MAKAN Fest」
 に行ってきました!

 会場に着くと、入り口の外まで人の列が伸び「最後尾」の札を持った人がいる。
 入場待ちの列かスタッフに尋ねると、食事をしたい人が並んでいるという。

「買い物ならこちらから入れますよ」
「いえ、食べたいです! お腹空いてるんで」
「そうですか! 楽しんでいってくださーい!!」

 たぶんマレーシアの人なのだと思う。
 明るく親しげに言ってもらえて嬉しかった。

 10分ほどでマレーシア料理が買える屋台に辿りついた。
 私たちが選んだのは「チキンルンダンご飯付き」と「カリーパフ」


↑餃子のような形をしているのがカリーパフ

 チキンルンダンは鶏肉をスパイスで煮込んだカレーのようなもの。
 ココナッツミルクがたっぷり入っていて、東南アジアらしい味がする。

 カリーパフの中身はカレー味のじゃがいもで、皮で包み揚げてある。
 インドのサモサに似ているが、それより皮が厚くてふわっとしている。
 優しい味。

 Dちゃんは「アッサムボイ」という乾燥梅干しを煮出したドリンク、私は「テタレ」という練乳入り紅茶を頼んだ。
 アッサムボイは爽やかな味だったそうだが、テタレはマックスコーヒー紅茶味という感じ。
 甘かった……

 ルンダンとカリーパフを食べ終えると、Dちゃんは、
「おやつが食べたい」
 と言い出した(私は満腹)ちょうど人の列もなくなったので再び屋台へ。
 デザート的なものを買うのかと思いきや、骨付き豚肉を煮た「バクテー」を注文。



 器を手に持っているだけで、八角の香りが辺りに漂う。
 さぞやクセのある食べ物だろう、と想像したらそうではなく、肉もスープも意外とあっさりしているらしい。
 しかしおやつに肉ってすごいな……

 このバクテー、マレーシアでは朝食として人気とか。
 朝からしっかり食べるのね。

 マレーシアはマレー系、華人系、インド系等の人々が住む多民族国家。
 料理の種類も幅広く(食べてみたい知らない食べ物がいっぱいあった。胃が3つ欲しかった!)奥深い文化を持つ国なんだな〜 と感じた。
 会場には色鮮やかなイスラムの服装をした女性が多くおり、美しかった。

 食品会社のブースでマレーシア料理を作れるペーストをいくつか購入。
 楽しい異文化体験でした。


↑おまけ。象の鼻テラスのゾウノハナソフトクリーム。暑さで目が流れていった……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:44| 旅行・お出かけ | 更新情報をチェックする