2019年11月05日

アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」感想

 美しいタイトルに惹かれ、dアニメストアでテレビ版と劇場版を見ました。
 登場人物のうちの誰かが死んでしまう話だというのは、何となく知っていた。
 しかし死んでしまった女の子「めんま(←あだ名)」は、第1話の最初から幽霊として元気に動いている。

 私は勘違いしていた。この物語は、誰かが死んで悲しくなる話ではない。
 かつてのめんまの死によって、周囲の人々が抱えることになった、罪悪感、痛み、壊れた関係。
 話が進むにつれ、それらが明らかになってゆき、じわじわと胸を締めつける。

 単刀直入に言いましょう。
 ゆきあつの女装シーンに興奮し過ぎて頭がどうにかなりそうです。

 一番強気に見えたゆきあつが、誰より心をボロボロにしていると分かる瞬間。
 白い袖なしワンピースという難易度の高い女装をし、逃げ惑う途中かつらを木に引っかけ、情けない声を上げてすっ転ぶのが、好みど真ん中だよ。ごめんね、ゆきあつ……

 何が起きてもゆきあつは徹底して気位の高さを保つ。
 岸辺露伴もそうですが、一本筋の通った困った奴を演じると最高ですね、櫻井孝宏さん。

 どの回もエンディングテーマが流れ始めるタイミングが素晴らしく、第4話(ゆきあつ女装バレ回)は特に良い。
 何度も繰り返し見てしまう。

 めんまを成仏させよう、という風に話は進むけれど、めんまはむしろ最初から仏か女神か妖精のようだ。
 成仏していないのは、めんまの家族や友人たちの「心」だ。
 めんまが幽霊として現れたことで、彼らの関係は修復され、傷も少しずつ癒えてゆく。

 未来は明るく変わる。
 テレビ版も劇場版も、そんな予感をたっぷり含んだラストだった。

 みんな(特につるこ!)幸せになりますように。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:32| 映画・映像 | 更新情報をチェックする