2019年12月31日

「ハプスブルク展」感想

 花總まりさんの音声ガイドが聞きたくて、上野の国立西洋美術館で開催中のハプスブルク展に行った、ら!
 甲冑に心を奪われてしまった……!!

 甲冑の絵ではなく、人間が着けて戦える本物の甲冑が4つも展示されていたのですよ!!
 鎖帷子(くさりかたびら)のようなものも見えて、
「ファンタジーみたい! ダンジョン飯みたい!!」
 と大興奮しました。

 まりさんの音声ガイドももちろん良かったです。
 「オデュッセウスとキルケ」という作品では、オデュッセウスを誘惑する魔女キルケのセリフをまりさんが言ってくれて、ため息まじりの声が色っぽかった。
 マリア・テレジアとマリー・アントワネットの往復書簡の紹介も、マリーの文章を甘えるような声で読んでくれて、活き活きした雰囲気に。

 マリア・テレジアの肖像画は、政治を執り行いながら16人の子供を産んだというのが凄すぎて、神話の登場人物のように仰ぎ見た。

 マリー・アントワネットの肖像画を描いたのは、マリー・ルイーズ・エリザベト・ヴィジェ=ルブラン。
 マリー・アントワネットが探してようやく見つけたお気に入りの女性画家。
 当時、女性の画家は少なかったのではなかろうか。
 光の描写が優しく、布や飾りの質感が繊細に伝わってくる。

 皇妃エリザベトの肖像画、皇帝に美貌を見初められたというのも納得の美しさ。
 花總まりさんはミュージカルでエリザベト(エリザベート)を演じているんですよね。
 どんな話なんだろう。

 絵画として魅力的だと思ったのは、ティツィアーノ・ヴェチェッリオの「ベネデット・ヴァルキの肖像」
 派手ではないけど、じんわり良い絵でしばらく眺めた。

 ペーテル・パウル・ルーベンス工房の「ユピテルとメルクリウスを歓待するフィレモンとバウキス」は、ギリシャ神話を元にした絵画。
 いかにもドラマの一場面という感じで、動きが見えるよう。
 「工房」なので作者は1人ではなく、人物や静物など、それぞれ得意な人が担当したという。
 この人たち、アニメという表現手法を知っていたら、作ってみたかったのではないか……

 展示は2020年1月26日まで。
 歴史好きな人はもっと深く楽しめるんだろうな〜
 花總まりさん目当てでも、充分勉強になりました。

 まりさんが出演する舞台もいつか見てみたいです!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:22| 美術 | 更新情報をチェックする