2020年01月19日

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」感想

 前作の「この世界の片隅に」より原作に近い話になっていました。
 原作より分かりやすくなっているところもあって、
「原作は、読者の想像に委ねている部分が沢山あったんだな〜」
 と改めて思った。「読み返す」ということが出来ない映画でそのまま表現すると、多くの人が大事な点を見落としてしまうのだろうな、と。

 前作と今回で、私にも変わった点がありました。
 去年、アニメを見まくったおかげで、声優の知識がついた!
 哲さんが小野大輔さんだったんですね〜
 広島弁のせいか、あまり承太郎やエルヴィンっぽく感じないのが面白かったです。

 哲さんは、死ぬ前にどうしても会っておきたくて、すずさんの所に来たんだろうな…… とじーんとしました。
 細谷佳正さんと小野大輔さんにモテるって、良い役だな、すずさん!

 まだ読み途中ですが、パンフレットも興味深いです。
 私が気付かなかった原作の設定や読み方が語られていて「おお〜!」となっています。

 映画もすごいけれど、これだけ想像力を刺激する原作はやっぱりすごい。
 帰宅後、読み直しちゃいました。

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) - こうの 史代
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス) - こうの 史代
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:50| 映画・映像 | 更新情報をチェックする