2020年12月18日

速水さんに送った最後のメール

過去の読書記録を見直したら、速水さんの本の感想がけっこうあったので送ります。

「愛の言葉」
泣けた。

「詩集本「心」」
ささやかなものを見つける力がすごいと思った。

「私の友達はお人好し?」
速水さんの人間の描き方はとても優しくて、でも優しいだけだと小説として不満が残る。この話は毒と悲しみが添えられていたので、おおっと思った。

「私の春」
劣等感って、かなり多くの人に共感してもらえるテーマなのかも、と思った。若い頃は他人の劣等感なんて見えなかったなー

「夏の日のキス」
何だかとても夏らしい。

「心の声」
速水さんの詩はやっぱり良いなぁ。

「あの頃の自分」
こういう経験、私もあるなー と思った。

「詩集本 声にならない想い」
ちょうど心が弱っている時に読んだので、癒された。
「何か悩んでいるのは分かるけど
 話してくれるまで訊かないね」

「詩集本 希望を胸に」
読んでいる間、速水さんの心の中に入っている気分。

「ようこそ! 光の旅へ!!」
コミティアでもらった。無料配布の作品紹介本。オフセットを配るなんて豪華だ。

「私の中の強さ」
コミティアで私の本と交換してもらった。バイトの先輩に無視される話。自分の経験を思い出したりした。小説の後の詩がなかなか良かった。

「失恋慕情」
コミティアで買った。詩集。甘々より失恋ものを読んでいる方が安心するあたり、私の「諸行無常的性格」がよく表れているな。気に入った言葉がけっこうあった。私が一番共感したのは「失恋」
これは速水さんにとっても「自分に一番近い」詩であるらしい。何だか感慨深かった。

「君と僕の物語」
そうさく畑で買った。また甘々度を高める人がここに……

「アケミさん」
いつも通り光に満ちている。

「おかしな彼女」
可愛かった〜! 速水さんの本の中で一番好きかも。

「思想ー心の詩」
うんうん、とうなずきながら読んだ。

「花のある生活」
「花をプレゼントする時、自分の気持ちに素直になる」というのは確かにそうだなぁ、と思った。いつもながらまぶしい……

「花のある生活・2」
相変わらず光に満ちている……

「心に青空」
「どちらのために」の最後の二行が良い、とDちゃんが言っていた。

「隠された想い」
速水さんは「(私の作品と)ネタかぶってるかも〜」と心配していたけれど、読んでみて、「かぶるはずがないよな……」と思った。何と言うか、やっぱり速水さんは光の作家で、私は闇の作家だなあ、と。どっちが良いと言うのではなく。あと、佳枝の描き方が巧かった。年代の違う人にリアリティを持たせるのは難しいのに、娘を思うあまりヒステリックになってしまう所とか、実感こもってて良い。

「虹色の心」
「理解する人」というのを読んで、「あちゃ〜 私も何かおせっかいな事言っちゃったかなあ?」と心配になった。理解する、というのは本当に難しい。あと、「ぜいたくな時間」に描かれているような時間、私も大好きだ。

他には「心の雫」「新緑」「光の旅・伝祥社 お試し無料配布本」も読みました。
同人誌即売会で速水さんに会えるの、いつも嬉しかったな。懐かしいね。
ではまた!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 08:58| 友達 | 更新情報をチェックする