2021年07月18日

自分で自分の身を守る

母が東京大空襲で焼け出されているから、権力者にとって、国民の命がどれほど軽いものか、よく知っているつもりでいた。
でも実際にこれだけあからさまに蔑ろにされると、心がずーんと重たくなる。
せめて自分は、自分の命や健康を大事にしなければ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 01:00| 社会 | 更新情報をチェックする