2008年02月24日

いつでも太宰といっしょ♪

 母が太宰治の腕時計を送ってくれました〜♪
 新潮Yonda?CLUBの賞品です。
 これでアンニュイな表情の太宰と、いつでもどこでも一緒!
 坂口安吾の時計もあれば、
「右手に太宰、左手に安吾」
 の両手に花状態になるのに……!

「僕はね、キザのようですけど、死にたくて、仕様が無いんです。」
(太宰治「ヴィヨンの妻」より)
「私は始めから不幸や苦しみを探すのだ。もう、幸福などは希はない。」
(坂口安吾「私は海をだきしめてゐたい」より)

 良いですね〜
 この二人、好きだ好きだと言いつつたいして読んでいないので、積読が崩れたら(いつ……?)未読本を借りて来ようっと。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:45| 読書 | 更新情報をチェックする