2008年04月05日

早起きは三文の徳

 今日からジョン・カビラのラジオが始まりましたよ!!
 朝6:00から(早っ!)11:30まで(長っ!) ちゃんとオープニング前に目が覚めました。わーい、あのテンションが帰って来た〜 嬉しい♪

 寝床近くのラジオで横になったまま聴こうとしたら、
「まだ寝ていたいのにっ」
 とDちゃんが怒るので、仕方なくベッドから出た。7:00前に起きたのなんて半年前に福島日帰り旅行をした時以来かも(ふだんの起床は8:00〜9:00頃)

 ご飯を食べ(もちろんお茶も飲む。昨日の反省を生かして)、ゴミ捨てに行き、洗濯し、皿を洗い…… わー、家事がサクサク進む〜 気分すっきり。

 いつも通りに起きて来たDちゃんが、
「結婚当初みたいだね」
 と笑う。そうなのだ。結婚前、私は筋金入りの朝型で、平日は7:15、休日でも8:30より後まで寝ている事は滅多になく、学生の頃なんて5:00起きして試験勉強に励んだりしていたのだ。「寝ている」状態と「起きている」状態は非常にくっきり切り替わり、「寝起きがつらい」というのがどんなものなのか、あまりよく分かっていなかった。

 結婚直後、Dちゃんの不規則な生活(仕事のせいでもあるし、本人の気質でもある)に振り回され、しょっちゅうイライラさせられた。どうして私に合わせて早寝早起きしようとしないのだろう……? しばらく悩んでいたが、ある日ふと、イライラするくらいならこっちがDちゃんに合わせて不規則な暮らしをしてやれ! と思い付いた。

 だらしなくなるのはけっこう簡単で、遅寝遅起きがしっかり身に付き、イライラする事も減った。これで良かったのかなぁ…… と少々不安を感じていたら、うーむ、やっぱり良くなかった。体と頭がダルくなりやすくなってしまったのだ。「起きようとしているのに体が言う事を聞かない」というのがどういう状態かも分かった。体調も崩した。

 本当は、それぞれ別々のリズムで暮らすべきだったのだろう。でもそれじゃあ結婚した意味ないよ、という気持ちが消せなかったのだ。

 今日、久々に早起きして、
「これが正しい生活ってもんだよな〜」
 としみじみ思った。午前中から沢山家事をし、午後にはお見舞いにも行き(ポカもせず)、夕ごはんもしっかり作れた。

 カビラの放送が毎日あれば、規則正しい生活が出来るかも…… 旦那ではなくカビラに合わせる生活(実際、活動休止前に半年間、GOOD MORNING TOKYOを聴いていた時は、割と早起き出来ていた。カビラの降板がどれだけ残念だったか!)

 しかしまあ嘆いていても仕方がないので、自分でどうにかしなくちゃ。
 とりあえず金曜だけでも早起きするぞ! ジョン・カビラ大好き〜!!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:21| ラジオ | 更新情報をチェックする