2020年10月15日

書写

村上春樹「職業としての小説家」をパラパラ見ていたら、書き写したくなる文章がいくつかありました。万年筆とインクは「賀茂なす」です。



ちょうど今、きつい思いをしているところだったので、この文章にすがりたい気持ちに。
実を結ぶというか、乗り越えて成長できると良いな……



村上春樹が初めての小説を書くのに使ったのは、セーラーの万年筆だったんですね!
最初に読んだ時は気付かなかったな〜 万年筆のメーカーなんて意識していなかったから。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:37| 読書 | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

漫画「メタモルフォーゼの縁側」最終回

 「メタモルフォーゼの縁側」が終わってしまった〜
 良い終わり方だったけど、寂しいものは寂しい。

 うららさん、お父さん、お母さんの三人が揃うのってこれが初めてじゃないかな?
 作中では明言されないものの、両親はおそらく離婚しており、うららさんはお父さんと別々に暮らしている。それでも彼らは「円満な家族の形」を見つけているのだと、はっきり示されたようで、最終回にふさわしい場面だと思った。
 お父さんとお母さんには程よい距離が必要だったんだろうな。

 うららさんと雪さんの間に出来てしまった、大きな大きな距離。
 心は全く離れてないと分かる、最後のページ。

 ところで雪さんに片思いしている書道教室の生徒がいましたよね?
 今ごろ人知れず落ち込んでいるんじゃないか……
 私はちゃんと覚えているよー!!

 本の方の最終巻の発売はいつかな?
 終わるのは寂しい。でも楽しみです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:33| 読書 | 更新情報をチェックする

2020年09月21日

読んだ本2019

1
角謙二
趣味の文具箱 vol.44
エイムック
インク特集。モンブランのロイヤルブルーが綺麗だな〜

2
鳥鳴コヱス
especially for someone
鳥鳴コヱス
ペーパーウェル01参加作品。書店の包装紙ごとの物語、というのが面白かった。

3
重政有
包装屋さんと四つの贈り物
重政有
ペーパーウェル01参加作品。包装についての洒落た場面集。

4
わらび
愛しい君へ
わらび
ペーパーウェル01参加作品。悲しいけど希望を感じる話だった。

5
せらひかり
ギフト×スイッチ
せらひかり
ペーパーウェル01参加作品。特別な力をもらえるギフト券、私もこの設定で話を考えてみたいと思った。

6
月島あやの×なな
アスタリスクは星にならない
7's Library なな
ペーパーウェル01参加作品。悲しい物語だった。

7
円城塔
文字渦
新潮社
面白かったー!

8
角謙二
趣味の文具箱 vol.43
エイムック
変体仮名の記事など面白かった。

9
株式会社キネマ旬報社(編)
映画「日日是好日」パンフレット
東京テアトル株式会社
映画見てないのにパンフだけ買ってしまった。掛け軸や和菓子の解説が面白かった。

10
鈴木栖鳥
いもづる式だからすぐ上達! 感じのいい字になるペン字レッスン帳
エムディエヌコーポレーション
読んだというより練習した。万年筆が使いたくて。楽しかった!

11
村上春樹
村上さんのところ
新潮文庫
何故か母が買っていて実家からもらってきた。ネット公開時に読み、ドイツに興味を持つきっかけになった二つの質問も収録されていて、嬉しかった。どの問答も愛おしい。フジモトマサルのイラストも可笑しく切ない。満喫した。

12
青山浩之
美文字クリニック練習帳
NHK出版
基礎練習が充実していたのは良かった。紙質が万年筆向きじゃなかったのが残念。

13
服部匠(編)
みんなのスペシャリテ!
またまたご冗談を!
私も参加した蒼衣さんアンソロジー。幸せな読書だった。

14
オカワダアキナ
蝸牛関係
ザネリ
悩める主人公の職場におじいさんがやって来るシーン、助けに来てくれた! とホッとした。

15
川上和人
鳥類学者無謀にも恐竜を語る
新潮文庫
失われたものを想像する方法を教えてもらった。面白かった!

16
黒木華(旅人)福田美雪(監修)
旅するフランス語2018年10月号
NHK出版
華ちゃんが可愛くて買ってしまった。パリ・ブレストというお菓子、食べてみたい。

17
新井敏記(編)
コヨーテ No.67 Spring 2019
スイッチ・パブリッシング
ポリネシア特集。

18
青山浩之
美文字ときめき練習帳
NHK出版
万年筆でも書きやすい紙で楽しかった!

19
gnome(編)
『ユーリー・ノルシュテイン<<外套>>をつくる』劇場版パンフレット
株式会社ふゅーじょんぷろだくと
沼野充義先生の文章も載っている。

20
松原卓二(文)・萩岩睦美(絵)
エナガの一生
東京書籍
素晴らしかった!

21
長谷川眞理子
100分de名著 ダーウィン 種の起源
NHK出版
面白かった。

22
三谷銀屋
UTSURO
三谷銀屋
ハンドクリームを呪いの道具に使うのが上手いと思った。

23
よしもとばなな
ゆめみるハワイ
幻冬舎文庫
うーん。

24
らし
PANDERGROUND(パンダーグラウンド)
おとといあさって
素晴らしかった! ふかふか。

25
雲形ひじき
雲形酒販
雲形ひじき
ペーパーウェル01参加作品。雲形ひじきさんの世界を感じる。

26
むしむしプラネット・★ハッピーサファリ★
人外あつめ
むしむしプラネット・★ハッピーサファリ★
テキレボ8で参加した企画。製本やデザインが凝ってて可愛い!

27
あべありさ(他多数)
PAPERS 04/boy
+ING PRESS PUBLISHERS
デンマークの税制の話が興味深かった。

28
あべありさ(他多数)
PAPERS 06/boy
+ING PRESS PUBLISHERS
サトミさんの文章があって嬉しかった。

29
磯崎愛
きみをつつむ お前を隠す 便り、頼る
唐草銀河
ペーパーウェル01参加作品。箱と風呂敷のBL。 艶やかでユーモアがあり、素敵な作品だった。

30
オカワダアキナ
メリンガータくん
ザネリ
ペーパーウェル01参加作品。おかさんの文章はやっぱり良いなぁ!

31
青山浩之
大和言葉を美しく書くペン字練習帳
主婦の友社
解説も勉強になったけど、もっと字を書くことだけに集中したかった気もする。

32
大島淳(編)
まっぷる鳥取
昭文社
ネットで情報を集めると疲れるから買ってみたのだけど、知りたいことが載ってなかった……

33
中川裕
アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」
集英社新書
面白かった! ポリネシア文化についても、こういう本があると良いのに……

34
黒木華(旅人)福田美雪(監修)
旅するフランス語2018年11月
NHK出版
フランスの離乳食の話が面白かった。日本は米の粥から始めるけど、フランスでは野菜、果物、肉、魚、乳製品、穀類、の順に慣らしていくらしい。

35
黒木華(旅人)福田美雪(監修)
旅するフランス語2018年12月号
NHK出版
はんぺんのような「クネル」というリヨンの名物料理の話が面白かった。

36
池澤夏樹
ハワイイ紀行
新潮文庫
疲れた。

37
荒木飛呂彦
荒木飛呂彦の漫画術
集英社新書
物語を読みやすくする基本が書かれていて、小説書きにも活かせそう。面白かった。

38
大迫閑歩(書)玉城司(監修)
えんぴつで蕪村・一茶
ポプラ社
書くところが少なかった…… 字の形は割と好き。万年筆でも書きやすい紙だった。「小鳥来る音うれしさよ板庇(いたびさし)」という蕪村の句が良かった。

39
黒木華(旅人)福田美雪(監修)
旅するフランス語2019年1月号
NHK出版
Dちゃんとギニョールの話をした。

40
黒木華(旅人)福田美雪(監修)
旅するフランス語2019年2月号
NHK出版
フランス菓子紀行はババ。食卓外交や、プルースト「失われた時を求めて」の食べ物描写の話も良かった。

41
新海誠(他多数)
天気の子 公式ビジュアルガイド
KADOKAWA
メイキングはやっぱり良い……!

42
小田原真喜子
はじめてのカリグラフィー
池田書店
カリグラフィー用の万年筆を買ったので。

43
末次由紀(漫画)あんの秀子(著)
ちはやと覚える百人一首
講談社
アニメ「ちはやふる」にハマったので。

44
片山一道
ポリネシア海道記
臨川書店
うーん。

45
黒木華(旅人)福田美雪(監修)
旅するフランス語2019年3月号
NHK出版
この「旅する〇〇語」シリーズ、気分転換になるな。

46
鈴木曉昇
百人一首で美文字練習帳
コスミック出版
この人の字は書いていて楽しい。

47
ジャレド・ダイアモンド、楡井浩一(訳)
文明崩壊 上巻
草思社文庫
著者の視点になるほどと思った。

48
妹尾河童
河童が覗いたインド
新潮文庫
凄かった。

49
安部公房
カンガルー・ノート
新潮文庫
合わなかった。

50
ウィリアム・サローヤン、柴田元幸(訳)
僕の名はアラム
新潮文庫
バカ男子とダメおじさんの宝石箱。最高だった。

51
J・L・ボルヘス、木村榮一(訳)
語るボルヘス
岩波文庫
想像力の権化。

52
新海誠(他多数)
映画「天気の子」パンフレット
東宝(株)映像事業部
大好きな映画。見に行って良かった。

53
Hati Malaysia(編)
マレーシア文化通信 WAU No.21
Hati Malaysia
マレーシア文化のイベントでもらったフリーペーパー。楽しい思い出がよみがえる。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:53| 読書 | 更新情報をチェックする

読んだ漫画2019

1
九井諒子
ダンジョン飯7
KADOKAWA
面白かった〜!

2
星野ルネ
アフリカ少年が日本で育った結果 ファミリー編
毎日新聞出版
前作と同じようにほのぼのして楽しかった。全ページカラーなのも嬉しい。チキンとナッツのピリ辛スープ、作ってみたいな。ピーナッツの出汁を入れるというのは、これまで見たことのないアイデアだった。美味しそう!

3
鶴谷香央理
メタモルフォーゼの縁側3
KADOKAWA
すごくゆっくりとした、それでも確かに始まっている、メタモルフォーゼ。

4
荒木飛呂彦
岸辺露伴は動かない
集英社
話はまあまあかな。露伴ちゃん見たさに。

5
九井諒子
ダンジョン飯8
KADOKAWA
九井さんのエルフやドワーフの描き分けすごい。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 21:48| 読書 | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

漫画「メタモルフォーゼの縁側」最新話

最後のページで泣いた〜!!

メタモルフォーゼの縁側 第51話

次回で最終回だって。寂しいよ〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 13:30| 読書 | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

2007年に読んだ漫画

3月31日にサービス終了したジオシティーズにあった記録。

*******

しりあがり寿&西家ヒバリ いっしょぐらし! 光栄 夫婦本。面白かった!

浦沢直樹 プルートウ1 小学館 面白い〜 ロボットたちが切ない!

浦沢直樹 プルートウ2 小学館 面白い〜 ロボットたちが切ない!

浦沢直樹 プルートウ3 小学館 面白い〜 ロボットたちが切ない!

浦沢直樹 プルートウ4 小学館 面白い〜 ロボットたちが切ない!

浦沢直樹 プルートウ5 小学館 トビオ(として振る舞うアトム)と、天馬博士の会話がすごく好き〜

鬼頭莫宏 ぼくらの1 小学館 まあまあ。

鬼頭莫宏 ぼくらの2 小学館 まあまあ。

鬼頭莫宏 ぼくらの3 小学館 まあまあ。

鬼頭莫宏 ぼくらの4 小学館 まあまあ。

鬼頭莫宏 ぼくらの5 小学館 まあまあ。

鬼頭莫宏 ぼくらの6 小学館 まあまあ。

鬼頭莫宏 ぼくらの7 小学館 まあまあ。

荒川弘 鋼の錬金術師1 スクウェア・エニックス 病院で途中まで読んだ。けなげだーっ!

荒川弘 鋼の錬金術師2 スクウェア・エニックス  

荒川弘 鋼の錬金術師3 スクウェア・エニックス  

荒川弘 鋼の錬金術師4 スクウェア・エニックス  

荒川弘 鋼の錬金術師5 スクウェア・エニックス  

荒川弘 鋼の錬金術師6 スクウェア・エニックス  

荒川弘 鋼の錬金術師7 スクウェア・エニックス  

荒川弘 鋼の錬金術師8 スクウェア・エニックス ここまで。まだ途中。

坂口尚 石の花1 講談社漫画文庫 面白かった!

坂口尚 石の花2 講談社漫画文庫 面白かった!

坂口尚 石の花3 講談社漫画文庫 面白かった!

坂口尚 石の花4 講談社漫画文庫 面白かった!

坂口尚 石の花5 講談社漫画文庫 面白かった!

手塚治虫 鉄腕アトム7巻 講談社 プルートウの原作が入っている。浦沢版も手塚版もウランちゃんが可愛いなぁ。それにしても原作にくらべて浦沢版長過ぎ!! 面白いから良いけどさ。

手塚治虫 メトロポリス 講談社 次回作の資料……のつもり。

小栗左多里 イタリアで大の字 ヴィレッジブックス チーズ工場の事が載っていた!

水木しげる 猫楠 南方熊楠の生涯 角川ソフィア文庫 研究者の話として読むつもりだったのに、バカ男伝として楽しんでしまった。でも最後のあたりは切ない。

杉浦日向子 ゑひもせす ちくま文庫 初期作品集のようだ。どれも良かった。

杉浦日向子 東のエデン ちくま文庫 再読。らしゃめん可愛いのう。

杉浦日向子 YASUJI東京 ちくま文庫 「絵描きさんかえ」のシーンが最高!

杉浦日向子 ニッポニア・ニッポン ちくま文庫 三味線の話が良かった。

萩尾望都 Marginal1 小学館文庫 再読。すっかり忘れていた。

萩尾望都 Marginal2 小学館文庫 再読。すっかり忘れていた。

萩尾望都 Marginal3 小学館文庫 再読。すっかり忘れていた。

萩尾望都 フラワー・フェスティバル 小学館文庫 ドタバタ系。面白かった。

萩尾望都 ローマへの道 小学館文庫 フラワー・フェスティバルを読んだら他のバレエ漫画も読みたくなって。こっちの方がシリアス。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:54| 読書 | 更新情報をチェックする

2006年に読んだ漫画

3月31日にサービス終了したジオシティーズにあった記録。

*******

ますむら・ひろし アタゴオル1巻 メディアファクトリー 家の片付けをしている時、ふと置いてあった文庫を手に取り「これは風の気持ち良い春のうちに読みたいな」と思い立った。

ますむら・ひろし アタゴオル2巻 メディアファクトリー 宮沢賢治のユーモラスな部分にハチャメチャさをプラスした感じの物語。前半は社会や人間への嫌悪、後半は子供心を失う恐怖感や友人の死の影が裏側にあるのだけど、その「マイナスの雰囲気」をほとんど残さず綺麗にファンタジー世界に変換しているのがすごい。

ますむら・ひろし アタゴオル3巻 メディアファクトリー 私も、ヒデヨシのように幼児性を保ち、パンツのようにあらゆる研究に励み、唐あげ丸さんのような情熱で創作活動をしつつ、ヒデ丸のような面倒見の良い人に世話をされ、テンプラのような寛容さも忘れずに、生きていきたいな〜 と思った。

ますむら・ひろし アタゴオル4巻 メディアファクトリー  

ますむら・ひろし アタゴオル5巻 メディアファクトリー  

ますむら・ひろし アタゴオル6巻 メディアファクトリー  

ますむら・ひろし アタゴオル7巻 メディアファクトリー  

ますむら・ひろし アタゴオル8巻 メディアファクトリー  

ますむら・ひろし アタゴオル9巻 メディアファクトリー  

ますむら・ひろし アタゴオル10巻 メディアファクトリー  

杉浦日向子 二つ枕 ちくま文庫 色っぽい〜!! 私に一番無い要素なので憧れる。

杉浦日向子 とんでもねえ野郎 ちくま文庫 江戸版ヒデヨシ。軽〜いお話。マスコットに大ウケ。

杉浦日向子 合葬 ちくま文庫 重たい話。見開き二ページを使ったシーンがどれも美しくて良かった。

水木しげる のんのんばあ物語 ちくま文庫 おめかしするのんのんばあが可愛い。

岩明均 寄生獣1 講談社 思わず読み直してしまった。ストーリーをすっかり忘れてて、初めてのように楽しめた。やっぱりミギーが可愛い!

岩明均 寄生獣2 講談社  

岩明均 寄生獣3 講談社  

岩明均 寄生獣4 講談社  

岩明均 寄生獣5 講談社  

岩明均 寄生獣6 講談社  

岩明均 寄生獣7 講談社  

岩明均 寄生獣8 講談社  

岩明均 七夕の国1 小学館 閉鎖的で秘密めいた村が舞台。設定だけでかなり好みだ。最後の方の「世界中のことテレビでざっと見て、わかった気になったって! そんなのウソだぜ!!」というセリフが良い。

岩明均 七夕の国2 小学館  

岩明均 七夕の国3 小学館  

岩明均 七夕の国4 小学館  

きた☆そうきち(他多数) NML3 名古屋妄想科学研究所 夏コミでもらった。

萩尾望都 この娘うります! 白泉社文庫 萩尾望都とは思えないストーリーだなぁ。面白かったけど。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:49| 読書 | 更新情報をチェックする

2005年に読んだ漫画

3月31日にサービス終了したジオシティーズにあった記録。

*******

420,2005年1月25日,萩尾望都,A−A’,小学館文庫,562円,私好みな物語だった。わーい、と萩尾望都をザクザク読んだら、もったいないと叱られた。

421,2005年1月25日,萩尾望都,とってもしあわせモトちゃん,小学館文庫,581円,こういう漫画も描くのか〜 とびっくり。

422,2005年1月25日,萩尾望都,スター・レッド,小学館文庫,800円,ザクザク読み過ぎて理解が追いつかなかった……

423,2005年3月17日,佐々木倫子,Heaven? 6巻,小学館,905円,相変わらず面白かった。でも。ええーっ、終わっちゃうの?! 残念だー。

424,2005年3月20日,佐々木倫子,おたんこナース1巻,小学館,951円,文学ネタが面白かった。泣いちゃう話もあった。

425,2005年4月27日,水樹和佳子,月虹−セレス還元−,ハヤカワ文庫,660円,自分が書こうと思っている物語とかぶってるんじゃ、と不安になって読んだが、全くそんな事はなかった。なかなか面白かった。

426,2005年5月11日,萩尾望都,モザイク・ラセン,秋田文庫,562円,軽い感じのSF。面白かった。

427,2005年5月15日,萩尾望都,あぶない丘の家,小学館文庫,800円,笑えるSF。シリアスじゃないのも好きだなあ。

428,2005年7月22日,まんだらみさき,The Story of Librarians L/R,神も仏も馬耳東風,?円,絵が可愛い。

429,2005年8月16日,神無遼・木根実枝,きよしとこの夜,BIG LOVE・HK,500円,これぞ同人誌!

430,2005年8月30日,杉浦日向子,風流江戸雀,新潮文庫,514円,じっくり楽しめた。

431,2005年9月3日,萩尾望都,ウは宇宙船のウ,小学館文庫,495円,終わりの方の話が変な感じだった。悪い意味じゃなく、奇妙という意味で。

432,2005年9月29日,EriN,旅の途中,神戸倶楽部,50円,やっぱりEriNさんの絵が好きだ。

433,2005年12月4日,えぐちよしお&きた☆そうきち,ぐんまサイエンス\,名古屋妄想科学研究所,0円,きたさんにもらった。

434,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん1巻,白泉社文庫,590円,久々に読み直してしまった。面白かった〜

435,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん2巻,白泉社文庫,570円,久々に読み直してしまった。面白かった〜

436,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん3巻,白泉社文庫,590円,久々に読み直してしまった。面白かった〜

437,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん4巻,白泉社文庫,570円,久々に読み直してしまった。面白かった〜

438,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん5巻,白泉社文庫,570円,久々に読み直してしまった。面白かった〜

439,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん6巻,白泉社文庫,570円,久々に読み直してしまった。面白かった〜

440,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん7巻,白泉社文庫,570円,久々に読み直してしまった。面白かった〜

441,2005年12月28日,佐々木倫子,動物のお医者さん8巻,白泉社文庫,570円,久々に読み直してしまった。面白かった〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:39| 読書 | 更新情報をチェックする

2004年に読んだ漫画

3月31日にサービス終了したジオシティーズにあった記録。

*******

348〜355,2004年1月4日,岩明均,寄生獣1〜8,講談社,857円
借りた。最後の方が面白かった。ミギーが可愛い。しかし、正月からこんなに沢山惨殺シーンを見る事になるとは。

356・357,2004年1月12日,川口市(企画・編集)・麻生はじめ(作画),学習マンガ川口ものがたり(上)(下),川口市,?円
次回作のために借りた……のだが、欲しかった情報はあまり得られなかった。

358,2004年4月6日,真子,いのせんとわーるど1,MIXピザ,200円
オリジナル蘭で買った。メイホアの来た理由や「おじい様」の意味が分かってなるほどと思った。裏表紙の絵がかっこいい。

359・360,2004年4月6日,真子,いのせんとわーるど2(前編・後編),MIXピザ,200円
オリジナル蘭で買った。レシア最高!! 『お父さんは心配性』みたい。

361,2004年4月6日,真子,いのせんとわーるど3,MIXピザ,200円
オリジナル蘭で買った。ええーっ、そうなっちゃうの?! のドキドキシーンが。

362,2004年4月6日,真子,Police,MIXピザ,200円
オリジナル蘭で買った。こういう話だっけ? 前はもっとシリアスだった気がするのだが。メロンのために、というのが良いな。

363,2004年4月6日,真子,いのせんとわーるど準備号4,MIXピザ,0円
オリジナル蘭でもらった。今までのダイジェスト版。

364,2004年4月13日,EriN・香月海,Beas Stories,0円
オリジナル蘭でもらった。本当の値段は200円。EriNさんの「小さい民」の話も、香月海さんの龍の話も、職人・職人仕事を愛する人間にはたまらない物語。ノナが親父さんに「ごん」と殴られるシーンが好きだな。鋳物職人もゲンコツで仕事を覚えたらしいしね。

365,2004年4月13日,EriN,The Tales of the Little People 3,神戸倶楽部,0円
オリジナル蘭でもらった。本当の値段は150円。まず表紙の色使いがとても綺麗。鮮やかなのにやわらかいのだ。「絵が上手になりました」と御本人が言っていた通り、背景に奥行きが出た感じがした。続きがとても楽しみ。

366・367,2004年5月4日,小栗左多里,ダーリンは外国人1・2,メディアファクトリー,880・950円
新聞広告で気になっていたのだけど、買って大正解!! 何度も声を出して笑った。外国人であるがゆえの言葉の勘違いも面白いけど、「他者」と暮らす喜びが伝わって来るのも良かった。

368,2004年5月7日,朝野衣,STORM ROAD解体新書,にがよもぎ,0円
コミティアでもらった。

369〜372,2004年6月9日,チャールズ M.シュルツ,ピーナッツ エッセンス5・6・10・11,講談社,1000円
図書館で借りた。自己中のルーシーが大好きだ。ペパーミント・パティも可愛い。

373,2004年6月25日,しりあがり寿,エレキな春,白泉社文庫,530円
脱力。流星課長が一番好き。

374,2004年7月13日,杉浦日向子,百物語,新潮文庫,819円
九十九の短い話が入っている。基本的には怪談なのだけど、あまり怖くはない。何じゃそりゃ、と言いたくなる奇妙な話や、人の情に触れて切なくなる話など。雰囲気が何とも良い。もっとこの人の漫画が読みたいなあ。

375・376,2004年8月10日,杉浦日向子,百日紅(上・下),ちくま文庫,680円
ずっと前から読みたくて、ようやく見つかった。買って大正解! 葛飾北斎とその娘お栄、弟子の英泉を中心とした江戸の物語。色っぽくって切なくて、楽しく、カッコ良い。それぞれに魅力たっぷりの登場人物たちに会いたくて、何度も何度も読み直したくなる。

377,2004年8月19日,えぐちよしお・きた☆そうきち,NML2,名古屋妄想科学研究所,?円
夏コミでもらった。

378,2004年8月19日,えぐちよしお・きた☆そうきち,ぐんまサイエンス[,名古屋妄想科学研究所,?円
夏コミでもらった。

379,2004年8月19日,きた☆そうきち,IPA,名古屋妄想科学研究所,?円
夏コミでもらった。

380,2004年8月19日,えぐちよしお,ゲノムウォーキング,名古屋妄想科学研究所,?円
夏コミで買った。

381,2004年8月19日,えぐちよしお・きた☆そうきち,ぐんまサイエンスY,名古屋妄想科学研究所,?円
夏コミでもらった。(これだっけ? 買ったの。忘れちゃった。)郷土かるたが懐かしかった。GC=??ネタが笑えた。国咲おみさんのイラストが可愛かった。

382,2004年9月2日,水崎真由・青家柳,藍華連環畫,藍華書房,350円
コミティアで買った。中国の雰囲気が出ていて本全体が魅力的。特に「山霊」が切なくて良かった。

383,2004年9月7日,大野真,ワンダーチルドレン〜魔女〜紹介本,MIXピザ,200円
コミティアでもらった。(自分の小説と交換)ドラマCDの紹介本。本編も聞いた。前作より演技が上手で驚いた。特に真子(真)さん! 若者の成長を見守るのは楽しいのう。(年寄りかよ)

384〜401,2004年9月10日,浦沢直樹,MONSTER1〜18,小学館,500〜552円
借りた。「そう来るか!」と何度も驚かされるストーリー展開ももちろん素晴らしいけれど、何より人間の描き方が上手いと思った。良い人かと思っていたら悪い人だったり、その逆だったり、最後(というよりその人が死ぬ所)まで読まないとその人がどんな人なのか分からない、というのが良い。そして善人にも悪人にもきちんと分厚いリアリティがある。話の筋に直接関係ない、小さな人情話の部分が私は好きだな。

402,2004年12月31日,猫里海,エルフクイーンTゲームブック,神戸倶楽部,?円
これは確かそうさく畑で買った……はず。あれ? もらったんだっけか? ずーっと前に読んだのだけど、とりあえずここからはこの日付で。

403,2004年12月31日,EriN,The Tales of the Little People 4,神戸倶楽部,?円
待望の新作なのだ〜! これもそうさく畑。そういえばあの日、EriNさんつかまえてむやみやたらにノロケまくったなあ。

404〜419,2004年12月31日,田村由美,BASARA1〜16,小学館文庫,581円くらい
年末に読まされてしまった…… 忙しいのに勘弁してくれ。次が気になってやめられないじゃないかー!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 09:32| 読書 | 更新情報をチェックする

2003年に読んだ漫画

3月31日にサービス終了したジオシティーズにあった記録。

*******

317〜320,2003年1月21日,岡村道雄・吉村武彦(監修),学習漫画日本の歴史2〜5,集英社,850円
放送大学のテストのため。

321〜323,2003年1月21日,木村尚三郎(監修),学習漫画世界の歴史4・8・10,集英社,850円
放送大学のテストのため。

324〜327,2003年2月1日,高河ゆん,完結版アーシアン1〜3・別巻,集英社,?円
借りた。裁判の場面が良かったなあ。

328,2003年3月30日,しりあがり寿,コイソモレ先生,ちくま文庫,840円
ひたすら脱力。

329,2003年5月27日,佐々木倫子,Heaven? 1,小学館,905円
面白い〜!!

330,2003年6月2日,佐々木倫子,Heaven? 2,小学館,905円
この面白さってどう表現したら良いのかなあ?

331,2003年6月13日,岸田恋(漫画)・平田喜信(監修),平家物語,くもん出版,980円
漫画版平家物語。大体の流れはつかめた。

332,2003年6月26日,まるやま佳(漫画)・長谷川孝士(監修),伊勢物語,学校図書,1000円
漫画版伊勢物語。原文を読めるのが嬉しい。

333〜335,2003年7月1日,佐々木倫子,Heaven? 3〜5,小学館,905円
レストラン経営と小説書きは似ている気がする。「ロワン ディシー」だからかもしれないけど。

336,2003年8月27日,えぐちよしお・きた☆そうきち,NML,名古屋妄想科学研究所,?円
パロディ。元ネタを知らないのでちょっと分かりづらい。でも漫画系同人誌を読むのが久々だったから、新鮮な、かつ、懐かしい気持ちで楽しめた。

337〜339,2003年8月27日,えぐちよしお・きた☆そうきち,ぐんまサイエンスX〜Z,名古屋妄想科学研究所,?円
これもパロディ。挟まっていた紙に載っていた「ゲノムマップ」という漫画の中のボキャ天ネタが良かった。

340,2003年9月1日,森藤よしひろ(漫画)・平田喜信(監修),太平記,くもん出版,980円
漫画版太平記。猿楽・田楽が流行した時代について少し分かった。戦ってばっかり。

341,2003年9月22日,香月海・EriN,Beas Stories2,神戸倶楽部,150円
オリジナル蘭31で買った。アクセサリーサークルが、アクセサリーにまつわる物語を描く、というのが面白いなあ、と思った。確かに「剣と魔法の世界」では宝石やアクセサリーが重要な役割を担う事が多いもんね。

342,2003年9月22日,大川真喜子,いのせんとわーるど,MIXピザ,0円
オリジナル蘭31でもらった。表紙が可愛い。メイホアが可愛い。クッキーに髪の毛、にウケた。

343,2003年9月22日,大川真喜子,Police,MIXピザ,400円
オリジナル蘭31で「接客の仕方が上手だったで賞」の飴玉をあげに行ったら、100円値引きするというのでつい買ってしまった……。可愛い女に弱いんだな、私は。話としては、ちょっと分かり辛い所もあったけど、落雷のシーンはドラマチックで良かった。

344,2003年10月20日,いがらしみきお,ぼのぼの23,竹書房,533円
借りた。ダイねえちゃんの家庭の事情が他人事と思えなくて面白かった。

345,2003年11月22日,杉浦日向子,東のエデン,ちくま文庫,640円
「閑中忙あり」が良かった。この雰囲気、もっと味わいたい。

346,2003年11月25日,ますむら・ひろし(原作:宮沢賢治),グスコーブドリの伝記,扶桑社文庫,540円
図書館で借りた。『グスコーブドリの伝記』の他に『猫の事務所』『どんぐりと山猫』が入っていて、どれも読んでいて切なくなった。

347,2003年12月5日,水木しげる,河童千一夜,ちくま文庫,520円
日本の闇を味わいたくて読んだ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:23| 読書 | 更新情報をチェックする