2017年06月04日

春巻きっ!

R0026565.JPG

 今晩のおかずは春巻きでした。
 私が中身を作って巻いて、Dちゃんが揚げてくれた。

 調理を始める前にDちゃんから、
「まんぷくになっているのりが見えるよ……!」
 と言われて、現在予言通りまんぷくで動けません。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:05| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

鮭とイクラのちらし寿司

「ちらし寿司を作って欲しい」
 とDちゃんに言われたのだけど、これまでにあまり食べた記憶がなく、私の中にはちらし寿司のイデアがなかった。

 ちらし寿司はよく分からないけど、鮭とイクラをご飯に混ぜたら美味しそうだなぁ。
「それはちらし寿司ではあらない。混ぜご飯である。イクラも潰れるであろう。よろしい。あたしが諸君でも作れるちらし寿司を教えてあげよう」
 と騎士団長が言ったとか言わなかったとか。

【作り方】
1、米2合を研いで炊飯器の目盛りまで水を入れ、大さじ1(日本酒の分)を取り除く。
2、米の上に刺身用の鮭の切り身1パック分と、小さめに切った昆布(だし用)を載せる。
3、日本酒大さじ1と塩少々を振り、炊込みご飯の設定で炊く。
4、炊き上がったら鮭を崩してご飯に混ぜる。
5、鮭ご飯を丼によそい、醤油漬けのイクラ、千切りのシソの葉、白ごま、ちぎった海苔をかける。

 白ごまがポイントで、これを加えると味のバランスが整って美味しさがぐっと増します。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:59| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

利尻昆布のお雑煮

 今年のお雑煮は利尻昆布でだしを取ってみた。
 汁が澄んだ色になり、これまでで一番見た目の綺麗な雑煮になった。

「うどんのスープみたいな香り」
 とDちゃんに言われたのが面白かった。
 関西風のかけつゆに近いのかもしれない。

 ほっとするような穏やかな味。
 具は小松菜と鶏肉と人参、三浦大根と京都の海老芋も入れました。

 利尻昆布を袋から取り出す時、手触りがさらさらと柔らかく、
「やっぱり高級な昆布は違うなぁ!」
 と感心した。

 ひっぱり出してみると、昆布ではなく説明書だった。
 そりゃ紙はさらさらと柔らかいよ……
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:15| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

第二十三回文学フリマ東京のお知らせ



開催日:2016年11月23日(水祝)
場所:東京流通センター 第二展示場(東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分)
時間:11:00〜17:00
柳屋文芸堂のスペース番号:F-31
入場無料 公式サイトはこちら

 いよいよ今週、第二十三回文学フリマ東京が開催されます!
 ぜひ遊びに来てくださいね〜
 と言いたいところなのですが、私自身が参加出来るかどうか怪しくなってきました。

 入院中の伯母の体調が悪化しており、何かあったら真っ先に飛んでいかないといけないのです。
 母親同然の人で、病院では私が意思決定をする役に設定されています。

 もしかしたら遅刻・早退・お休みのどれかになってしまうかもしれません。
 それでも一応行くつもりで本の紹介をしますね。

☆映画感想集「血なまぐさい人間たちの中にたった一人エンジェルがいた」
 A5版 24ページ 200円


↑表紙

 今回! 新刊が!! あるんですよ!!!
 だから出来る限り出たいんだ〜(じたじたじた)

 評論と呼べるほどきちんとしたものではなく、即売会中のおしゃべりのネタになれば良いな〜 という目的で作った軽めの本です。
 つまり、その場に行って、おしゃべりしないと意味がない……!

≪もくじ≫
怒り 監督 李相日
日本で一番悪い奴ら 監督 白石和彌
リップヴァンウィンクルの花嫁 監督 岩井俊二
横道世之介 監督 沖田修一
そこのみにて光輝く 監督 呉美保
闇金ウシジマくんPart2 監督 山口雅俊
海月姫 監督 川村泰祐
シン・ゴジラ 総監督 庵野秀明 監督・特技監督 樋口真嗣
巨神兵東京に現わる 監督 樋口真嗣
つみきのいえ 監督 加藤久仁生
屍者の帝国 監督 牧原亮太郎
ハーモニー 監督 マイケル・アリアス なかむらたかし
動物農場 監督 ジョン・ハラス ジョイ・バチュラー
アンダーグラウンド 監督 エミール・クストリッツァ
ジプシーのとき 監督 エミール・クストリッツァ
ロボット 監督 シャンカール
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ 監督 ヴィム・ヴェンダース
ハーブ&ドロシー 監督 佐々木芽生
ドストエフスキーと愛に生きる 監督 ヴァディム・イェンドレイコ
聖者たちの食卓 監督 フィリップ・ウィチュス ヴァレリー・ベルト
ひろしま―石内都・遺されたものたち 監督 リンダ・ホーグランド
フリーダ・カーロの遺品―石内都、織るように 監督 小谷忠典
氷の花火〜山口小夜子 監督 松本貴子
A Film About Coffee 監督 ブランドン・ローパー
創造と神秘のサグラダ・ファミリア 監督 ステファン・ハウプト
THIS IS IT 監督 ケニー・オルテガ
アンリ・カルティエ=ブレッソン 瞬間の記憶 監督 ハインツ・ビュートラー
ビューティフル アイランズ 監督 海南友子


↑冒頭


↑あとがき


☆人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」
 A5版 116ページ 400円

 この本についてのツイートまとめはこちら



 表紙担当は西乃まりもさん。
 タイトルを考えてくれたのは杉背よいさん。
 Twitterで公開したところ、タイトルと画像が合っていると褒めてもらって嬉しかった♪
 いや、私は全く関わってない部分なのだけど……

 ここからは各作品の作者名・タイトル・あらすじと、冒頭部分(画像)です。


 杉背よい「シンギング・オブ・粉骨」
 ある日神様は無名のミュージシャン、ハスミが懸命に歌う姿に見入る。
 神様は気まぐれに人形を男の元へ使わせることにした。
 その名も藤井。姿はおっさん。
 藤井はハスミに囁いた。「この藤井と、契約してみませんか──」



 最初の一文が印象的ですよね。
 独特の浮遊感のある風景や人物の描写は、彼女にしか書けないもの。
 この方、さりげなくプロです(角川から2冊本出してます)


 柳田のり子「別世界」
 市民のほとんどが人工子宮から生まれる未来都市で
 自分の体を使って妊娠・出産することに興味を抱いたクレマチスは
 未加工の遺伝子を持つ「原生人間」の男を探し始める……



 これは私の作品で、SFです。
「設計された遺伝子を持つ人間が多数派になり、普通の人間が少数派になったら」
 という「もしも」の世界を丁寧に積み上げてみました。


 匹津なのり「繭子さんも私も」
 着付け教室で和装マネキンの性格を妄想している「ぼっち」の主人公、麦子。
 静かに傷付き続ける彼女のもとに、ビスクドールの瞳を持った不思議な女性が現れる……



「人形というものが、人間に何をしてくれるか」
 をこんなに鮮やかに描いた作品を他に知りません。
 文章もリズミカルで気持ち良くて、小説を読む楽しみに満ちたお話です。


 西乃まりも「弔う火」
 五十年に1度、作り変えられる女神像。
 その節目の巫女となるために育てられたマナは、女神を祀る神殿へと居を移した。
 そこで彫像の製作者・玉蓉と出会うのだが…。



 まりもさんの作品は展開が面白いからネタバレせずに紹介するのが難しい。
 神聖だと思っていたものが、どんどん妖艶になっていく様子にドキドキします。
 ラストシーンがこの本にすごくぴったりなんだ。

 裏表紙はこんな感じ。




☆小説「贋オカマと他人の恋愛」
 A5版 102ページ 無料

 創作文芸同人誌即売会「尼崎文学だらけ(あまぶん)」でいただいた推薦文はこちら
 みなさん情熱的に語ってくださって感動しました!

☆小説「邯鄲」A5版 無料
 和紙職人とお嬢さまの恋物語。残部少なめ。

 みなさまと会場でお会い出来るのを楽しみにしています。
 いなかったらごめんよー
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:33| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

久々にパンを焼いたよ♪

R0026487.JPG

 土曜日にパンを作って(手で生地をこねてオーブンで焼く)週末の食糧にする、というのが習慣だったのですが、ここのところ介護だ本作りだイベントだとバタバタしていて、やれていませんでした。
 久々に作ってみたら、やっぱり手作りパン美味しい〜 ホッとする〜
 フォカッチャのレシピを使ったあっさり味のパンなので、カレーを付けたらよく合いました。

 もっと平べったい形にしたかったのに(ちゃんとつぶした)焼いたら全員立ち上がっちゃって。
 スコーンやパンはオーブンの中でモコモコモコ〜!と成長するのを見るのが楽しいですよね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:13| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

アジの炊き込みご飯

【作り方】
1、しょうが1片を千切りにする。
2、アジのお刺身2パック分と、1のしょうが、薄口しょうゆ大さじ2、日本酒大さじ1、塩少々を混ぜて5〜10分ほど置いておく。
3、お米2合を研ぎ、炊飯器の目盛りまで水を入れてから、大さじ3(調味料分)を取り除く。
4、2をお米に加えて軽く混ぜ、「炊き込みご飯」モードで炊飯。

ゴマや青じその千切りを載せて食べると美味しいです♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:31| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

池袋のレストラン「ラシーヌ」に行ってきました

 池袋の東口にある「ラシーヌ」というお店に行ってきました〜
 ジュンク堂の裏あたりで、ちょっと入り口が分かりにくい。

IMG_0403.JPG

 外側から見るとこんな感じで……

写真.JPG

 階段を降りてゆく。

 地下にこんなお店があったのか! 人がいっぱい! と驚く賑わい。
 まずサラダがすごく美味しかった。
 野菜が新鮮でシャキシャキしていて、珍しい種類(赤いオクラとか)が色々入っているのも面白い。

 メインに選んだ、
「大山鶏1/2羽のロースト 青唐辛子と青トマトのサルサ」
 は、ハラペーニョっぽい青唐辛子とたっぷりのシャンツァイのおかげで、めちゃくちゃエスニック!!

 辛い! 美味しい!! と骨を手で持ってバクバク食べていたら、
「のりは野性を開放したの?」
 とDちゃんに言われた。
 ナイフとフォークなんて使っちゃいられないわよっ

 デザートは、

写真2.JPG

 とうもろこしの……何だっけ。
 ネットで調べれば出てくるだろうと思ってメモしなかったっ お店のページに載ってない!
 とうもろこし味の冷たいケーキみたいなの。
 甘過ぎなくて(とうもろこしの甘さそのままのイメージ)でも食べ応えのある不思議なお菓子だった。

 満腹。

 池袋にこんなお洒落かつ美味なお店があるとは〜
 行けて良かった♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:02| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

お刺身ソテー

【作り方】
1、玉ねぎを薄切りにしてお皿に敷く。
2、お刺身に塩こしょう、小麦粉(もしくは片栗粉)をかけてソテーし、1の上に置く。
3、刻んだ梅干し・酢・太白ごま油・醤油・砂糖で梅ドレッシングを作り、2にかけながら食べる。

 どんなお刺身でもやれると思いますが、昨日うちで作ったのはブリでした。
 美味しい。

 ソテーすると次の日も食べられるのが便利です。
 スーパーで安くなったお刺身を見つけた時などにどうぞ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 08:49| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

春らしく、菜の花パスタ

【材料】2人分
 菜の花 1束
 ニンニク 1片
 唐辛子 1本
 オリーブオイル 大さじ1
 鶏肉 80グラム
 塩 小さじ半分
 パスタ 200グラム(←茹でる前)

【作り方】
1、菜の花をざく切りにする。
2、みじん切りにしたニンニク、種を取った唐辛子、オリーブオイルをフライパンで加熱し、鶏肉を炒める。
3、鶏肉に火が通ったら菜の花を加えて炒め、塩で味をつける。
4、茹でたパスタを入れてあえる。

 菜の花の苦味が春らしく、美味しい。
 パスタは何でも良いと思いますが、私はファルファッレ(蝶のような、リボンのような形のもの)が合うように感じます。見た目的にも食感的にも。
 鮮やかな緑の中に見え隠れする可愛いリボン。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:54| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

クスクス体験

 クスクスを作ってみました。
 クスクスは、原料デュラム小麦の、見た目は「きび」みたいな食べ物。
 熱湯に入れてフタをしておけばすぐ出来るので簡単でした。

 これにカレーっぽい野菜と肉の煮物を付けたのだけど、
「もっと水分が多い方が良かった」
 とDちゃん。
 確かにクスクスがパサパサだから「スープに混ぜる感じ」にした方が美味しそう。

 この間「田園ぽてと」で食べたクスクスはサラダ風になっていて、こういうカレー的な食べ方ではなかった。
 何度か本格的なレストランで「クスクス体験」をしないと、正しいクスクス料理には辿り着けなさそう。
 フランス料理店か、アフリカ料理店……?
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:11| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする