2015年11月01日

巣鴨「古奈屋」のカレーうどん

IMG_0521.jpg

 とげぬき地蔵の隣にある「古奈屋」というお店でカレーうどんを食べてきました。
 うどん屋というより「カレーうどん屋」と言った方が良いかも。
 カレーうどんだけで色んな種類があった。

 私が食べたのは「九条葱きざみ揚げカレーうどん」
 うどんは讃岐うどんみたいにしっかりしているタイプでも、稲庭うどんみたいに柔らかいタイプでもない、中くらいの太さのもの(あれは何うどんと呼べば良いの?)
 これがちょうどカレー味の汁にぴったりで、美味しかった!

 カレーはマイルドで、でもちゃんと辛さも感じる。
 ちょっと甘めの油揚げによく合っていた。

 また巣鴨に行く機会があったら、別のメニューも食べてみたいな♪
 そうそう、バナナ天もあるんだよ!
 お腹いっぱいになりそう、と思って今回は頼まなかったけど、次回は挑戦する!!

 公式サイトはこちら
 巣鴨本店は閉店時間が早いのでご注意を。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:15| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

野菜のチーズ焼き

【材料】
 万願寺とうがらし 1パック
 トマト(中玉) 1パック
 塩
 こしょう
 溶けるチーズ

【作り方】
1、万願寺とうがらしは縦半分に切って種を取り除く。
2、トマトはヘタを取って横半分に切る。
3、万願寺とうがらしとトマトを耐熱皿に並べ、塩とこしょうをパラっとかける(かけ過ぎない)
4、その上に溶けるチーズをかける(万願寺とうがらしとトマトの表面が6割埋まるくらいの量)
5、オーブンで焼き色が付くまで焼く。

 万願寺とうがらしはチーズ焼きにするとお酒のつまみにぴったり。
 トマトは焼くと甘味とうまみが増して、当然チーズとの相性もばっちり。
 寒い季節はカプレーゼよりこちらの方が体に優しい気がする。

 簡単で美味しいので、もう一品欲しいなという時にどうぞ♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:27| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

ゴルゴンゾーラのジンクス

 ゴルゴンゾーラ(イタリアの青カビチーズ)のパスタが食べたいな〜
 と思っているのだけど、我が家には、
「ゴルゴンゾーラを買ってくると、のりの具合が悪くなって、結局Dがゴルゴンゾーラパスタを作る羽目になる」
 というジンクスがあって実行出来ない。

 実際に何回かあったのですよ。何なんでしょうね。
 体が弱る→抗生物質が欲しくなる→青カビチーズが食べたくなる→食べる前に倒れる
 ということ?
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:52| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

ハートブレイク

 ハート形のパスタを買った。
 ぺらんと一枚ハート形なのではなく、リボン状のパスタでハートをかたどっている。
 クッキーの型を抜くのに使う枠みたいな感じ、と言えば分かってもらえるだろうか。

 これをトマトスープに入れた。
 スープの中からハートが出てきたら可愛いんじゃないかな、と思ったのだ。

 しかしパスタは水を吸ってちぎれ、
「短いきしめんがいっぱい入っているトマトスープ」
 になってしまった。

 愛を伝えるには多くの困難がある。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:39| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

キャベツと豚の重ね蒸し(しそ風味)

【材料】
キャベツ 1/2玉
しゃぶしゃぶ用薄切り豚肉 200グラム
しそ 10枚
塩 少々

【作り方】
1、フライパンにキャベツを敷き詰める。
2、その上に豚肉を敷き詰め、軽く塩を振る。
3、半分に切ったしそを豚肉の上に乗せる。
4、材料がなくなるまで1〜3を繰り返す。
5、フライパンにフタをし、焦がさないよう火加減しながら加熱(中火〜弱火)
6、豚肉に火が通ったら完成。しょうゆをかけていただく。

 Dちゃんの発案でしそを入れてみたら、美味しかった〜!
 豚肉のうまみと、キャベツの甘味の中で、しその味と香りがアクセントに。
 意外な組み合わせだと思うのだけど、そうでもないかな?

 まあ、材料はしそ餃子に近いか。
 でも全然中華じゃない。和風。
 ちょっと上品な感じもするし、ご飯も進みます♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:59| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

海原雄山の妻

「サラダに使うオリーブオイルを、シチリア産からギリシャ産に変えただけで、
『あ、いつもと違うね』
 とダンナに言われる」

 という話を友人たちにしたら、
「あり得ない!!」
 と驚かれた。

 世間の多くのダンナさんたちはそんなに食べ物にうるさくないらしい。
 Dちゃんとしか結婚したことがないからよく分からないけど。

 確か、漫画「美味しんぼ」に出てくる海原雄山の奥さんは、
「雄山が味にうるさいあまり、その心労で早死にした」
 という設定だったはず。

 それくらいで死んじゃうの?
 と子供の頃は不思議で、大袈裟な漫画的表現なのかと思っていた。

 自分がなってみて分かった。
 美食家の妻は大変です。

 私が一番「ヒーッ」となるのは、調理の手順をちょこっと抜いた時。
 たとえば梅干しを刻む時間がないから、チューブ入りの梅肉を使うとか。
 じゃがいもを皮付きのまま茹でて、その後皮をむくのは熱くて大変だからと、皮をむいてから茹でたりとか。

 出来上がる料理の見た目はいつも通りだし、食べられない味になったりはしない。
 しかし即座に、
「いつもと違うね」
 である。

 まあ、ちゃぶ台ひっくり返されたりする訳じゃないから良いんだけどさ。
(ちゃぶ台無いし……)

 その分、丁寧に手間かけて作ると、
「今日の料理は美味しいね」
 と言ってくれて、やり甲斐があるとも言えるのだけれども。

 何を食べさせても反応が一緒、という夫の妻の家事と、美食家の妻の家事を同じものとは思わないで欲しい、とは時々思う。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:08| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

十万石まんじゅう

「うまい うますぎる」
 のCMで(埼玉県民には)おなじみの、十万石まんじゅう。
 映像では毎日のように見ていても、商品を見かけることはめったになかった。

IMG_0499.jpg

 今日、実家の帰りに川口そごうに寄ったら売っていたので、初めて購入。
 月曜日だけ特別に入荷するようです。

IMG_0500.jpg

 不味くはないけれど、まあ、普通のまんじゅうだよね……
 私の舌にはちょっと「甘い、甘過ぎる」かなぁ。

 話のネタにはなるので土産には良いかもしれない。
 賞味期限がかなり短いのでご注意を。

 川口で買うなら十万石まんじゅうより「太郎焼」をおすすめしたいな。
 ほかほかあったかい出来たてを、立ったまま食べるのが美味いのです。

 そごうの隣のビルで買えます。
 こちらは火曜日定休なのでご注意を。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:09| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

自家製ベーコン

【作り方】
 豚ばら肉のかたまりをラーメン用のどんぶりに入れ、塩まみれにし、数時間〜数日冷蔵庫に入れておく。
 使う前に水洗いして塩を落とす(完成)

 いや、燻製にしてないから全然ベーコンじゃないんですけどね……
 パンチェッタの方が近いのかな。

 売っているベーコンは添加物が多くて気になるので、いつもこうやってベーコンもどきを作って使っています。
 添加物がどれもこれも体に悪いのかは分からないけど、必要のない薬品をわざわざ口に入れなくても良いだろうよ、と思うので。

 肉のかたまりが大きければバットを使うとか、穏やかな味にしたければ塩に砂糖を混ぜるとか(塩:砂糖=1:1にしても甘いベーコンにはならない)、好みでスパイスや香草(黒胡椒、ローリエ、ジュニパーベリーなど)を入れてみるとか、色々やり方はあるけれど、基本は肉の塩漬け。

 難しくないし、自分で作ったという満足感があるし、美味しいです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:22| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

いぶりがっこ

 「いぶりがっこ」という漬物をご存知ですか?
 たくあんみたいなものかな? と買ってしまったのですが、食べてみたらものすごくスモーキーでびっくり。
 秋田の名産品で、原料はたくあんと同じように大根なのだけど、燻製のように燻して作るらしい。

 かなりクセの強い味で、合わせて食べると他の食べ物が負けちゃう感じ。
 正直、
「失敗した……」
 って思った。

 でもDちゃんの発案で、キムチチャーハンと一緒に食べてみたら、すごく合う!!
 キムチチャーハンはそれだけでもちろん美味しい。
 いぶりがっこを時々かじることで、味の深みが増す感じ。
 クセにはクセを。発酵食品には発酵食品を。

 ネットで調べてみたら、日本酒やワイン、チーズにも合うそうです。
 この文章を書いていたら、また食べたくなってきたな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:19| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

白ネギと油揚げのみそ汁

 わざわざ説明するほどの料理でもないけれど、白ネギと油揚げのみそ汁は美味しい。
 白ネギは3〜4センチくらいのぶつ切り、油揚げは1センチ幅くらい。
 ネギの味がお湯に溶け出るところが良い。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:43| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする