2015年08月23日

タコソースピラフ ※タコは入ってない

【材料】 約3人分
 ご飯 茶碗3杯分ほど(冷や飯なら電子レンジであたためておく)
 玉ねぎ 1個
 にんじん 1本
 ドライトマト 6枚ほど
 鶏肉(一口サイズに切られたもの)約90グラム
 タコソース 約200グラム

【作り方】
1、玉ねぎ、にんじん、ドライトマトを大きめのみじん切りにする。
2、1の野菜と鶏肉を炒める。
3、タコソースを加えて炒めながら混ぜる。
4、ご飯を加え、かたまりを崩すように炒めながら混ぜる。
5、全体の色が均一になったら味見をし、完成。


 タコソースってどうやって使うんだろう…… と原材料を見てみたら、

 トマト
 グリーンチリペッパー
(ししとうのような辛くない青唐辛子)
 玉ねぎ
 ハラペーニョペッパー
(そんなに辛くない青唐辛子)
 ポテトスターチ
 食塩
 にんにく
 醸造酢
 シラントロ
(コリアンダー。葉っぱの方かな?)

 ご飯と一緒に炒めたら美味しそう、と思って買ってみた。
 一口舐めてみると、トマト味よりししとう系の味が強い。
 これは具にドライトマトを入れた方が良いな、と冷蔵庫に残っていたのを使うことに。

 結果、味の調整一切なし(タコソースとドライトマトの塩味だけ)で美味しく出来た。
 これはラクで良い。

 今回、タコソースは「マイルド」を使ったのでそんなに辛くはならなかった。
 次回は「ホット」でやってみるつもり。

(8/23に「3人分」と追記。2人暮らしなのに3人分なのは私が次の日に残りを食べるからです)
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:25| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

ココナッツミルク

 最近、と言っても一年くらい前からかな?
 ココナッツオイルがやたらに目立つ場所で売られるようになった。

 みんなそんなにココナッツ好きだったっけ?
 味が苦手、って人も多いと思うのだけど。

 しかしまあ、その流行のおかげで、ココナッツ関連の商品が入手しやすくなってありがたい。
 一番嬉しいのは、近所のスーパーで漂白剤の入っていないココナッツミルクの小さい缶が買えること。

 これをトマトカレーの仕上げに入れると、甘くまろやかになって美味しい。
 もちろんタイのグリーンカレーやイエローカレーにも入れる。

 前から大きな缶はあったのだけど、全部入れると油っこくなっちゃうんだよね。
 かと言って、中途半端に残しておいても使い道に困るし。

 ココナッツミルクがサラサラになると、夏だなぁ、と思う。
 それ以外の季節は固まっていて、缶から出すのが大変。
 もともと暑いところの食べ物だもんな。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 01:53| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

サグチキン、ナッツカレー

 今日は久々にサグチキン(ほうれん草のペーストを入れる緑色のカレー)を作った。
 ほうれん草を大量に洗ったり、フードプロセッサーを使ったり、何かと面倒なのだけど、過労でヘトヘトのDちゃんに元気になってもらいたいな〜 と思って頑張った。

 カレーの中ではそんなに難しい部類でもないのに、たまにしかやらないと手順忘れて時間がかかってよけいに面倒になる。
 忘れないようもっと頻繁に作らねば。

 私の中で一番難易度高いと思うのは、ナッツカレー。
 具がナッツ。
 カシューナッツとかアーモンドとか。

 ベースの炒めた玉ねぎがしっかりしてないと美味しくないし、何より、
「Dちゃん喜ぶか、これ……」
 って不安になるのがな。

 自分がナッツ好きなので時々無性に作りたくなる。
 体をあたためる効果があるため冬向きのカレーです。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:19| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

花椒風味のブリ茶漬け

【材料】
ご飯 茶碗1杯分(冷ご飯ならあたためてから使う)
野沢菜茶漬け 1袋
ブリの梅煮 半切れ
熱湯 茶碗1杯分
花椒(もしくは山椒)の粉 2〜3ふり

 いやまあ、ただお茶漬けにブリと花椒粉を加えただけなのだけど、これが、
「料亭か?!」
 と思うほど美味かった。

「ブリ入れるなら花椒粉かけなよ」
 と提案したのはDちゃん。
 相変わらず食べ物の組み合わせを考える能力がすごい。

 冷ご飯と少しの残り物しかなくても、絶望することはない。
 こんな希望と可能性があるのだ。
 感動!!

「また大袈裟な」
 ってDちゃんには笑われたけど。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 20:09| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

みその話

 少し前に「赤みそディストピア」というショートストーリーを書いた。
 これは自分の経験が元になっている。

 気に入っている岐阜のみそ屋さんがあって、我が家のみそは毎回そこから取り寄せていた。
 しかしある時、淡い茶色のみそを注文して、届いた時にも淡い茶色だったのに、少し置いておいたら赤みそ色に変わっちゃったのである!!

 食べてみると、味も赤みそっぽい。
 どうしても赤みそを食べさせたいか、東海人よ……

 別に赤みそが嫌いという訳ではないのだけど、毎日使うのは淡い茶色のみそにしたいんだよね。
 赤みそ100%は苦手で、赤みそ入りの合わせみそをたまに使う、くらいがちょうど良い。

 実家で使っていたのは、信州みそだったのだと思う。
 自然とそれに近い味を求めてしまうみたいだ。

 今までで一番苦手だったのは、山口の麦みそ。
 驚くほど甘い。びっくりした。
 どう使ったら良いか分からなくて途方に暮れた。

 最近は富山の白っぽいみそを使っている。
 これも私の舌には少々甘い。
 けれど、しょうゆを加えて使うと、不思議と好みの味になる。

 イタリア料理やインド料理は平気で食べられるのに、みそはいつもとちょっと違うだけで調子を崩す。
 みその好みの不一致で離婚した夫婦もいるんじゃないかと、本気で思う。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:02| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

激しいモモのタルト

IMG_0365.JPG

 土台(クリームも)を作ったのはDちゃんで、モモを並べたのは私。
 私のレイアウト能力の低さが露呈。

 クリームはカスタードクリームと生クリームを混ぜたもの。
「バニラビーンズのつぶつぶが入ってるのが良い!」
 とねだったら、牛乳でバニラビーンズを煮出して作ってくれました。
 ありがとう♪

 モモは普通のモモほど数が出回らない黄桃。
 少し酸味があって好き。見つかると嬉しい。

 クリームもモモも美味しかったのだけど、それぞれの味が分離しちゃってたのが残念。
 「フルーツタルト」ではなく「フルーツ」と「タルト」って感じに。
 全体を統合するにはどうすれば良いのか。
 お菓子は奥が深いなぁ。

 でもまあ、「フルーツ」と「タルト」だって、美味いものと美味いものだから、当然美味い。
 ダージリンティーと一緒に食べたらすごく合いました。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:14| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

食べたよ(Dちゃんのタルト)

 予告通り、昨夜食べてから寝ました。
 そのせいで今朝はちょっと胃もたれ……

 あ、でも甘過ぎなくて美味しかった!
 アッサムのミルクティーと一緒に。素晴らしかったな。
 深夜にやることじゃない。

R0026407.JPG

 この側面の波模様がタルトらしい。
 写真を撮るために出しただけで、今朝は食べてないです。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 10:04| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

まだ食べてない(Dちゃんのタルト)

R0026388.JPG

 Dちゃんがブルーベリータルトを作ってくれました。
 昨日のうちに生地を用意して、今日は成形と中身作り。
 お菓子って手間がかかるよね……

R0026405.JPG

 こんな感じに外側を先に焼く(これは2枚目なので上の写真とは別のもの)
 下の銀色のは生地を平らに焼くために入れる重石。
 これをやらないと膨らんでしまうそうです。
 ベーキングパウダーを混ぜている訳でもないのだけど。

 今は冷蔵庫で冷やしている段階。
 食べてから寝る(大丈夫か)

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:32| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

青ネギとがんものみそ汁(自分用メモ)

 ここのところショートストーリーが続いていましたが、今回の記事はいつもの雑記、というか覚え書きです。

【作り方】
1、具のないみそ汁を作る。
2、青ネギを刻む。
3、がんもをオーブントースターで焼き、大きい場合は切る。
4、みそ汁をお椀に注ぎ、青ネギとがんもを入れる。

 今日の夕飯に作ったら、簡単で美味しかったので。
 またやりたい。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:01| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする

2015年06月30日

納豆昆布

 納豆昆布の知名度ってどれくらいなのだろう。
 私は誰でも知っている一般的なおかずだと思っていた。

 しかし先日、Dちゃんに、
「納豆昆布って、こんぶに納豆が入ってるの?」
 と言われてびっくり。

 納豆昆布に納豆は入ってません。
 細切りの昆布にお湯をかけて混ぜ、ねばりを出す料理です。
 しょうゆを少しかけて、青ネギを入れると美味しい。

 昆布の種類は、がごめ昆布じゃないといけないのかな?
 乾物売り場に「納豆昆布」と書かれている細切り昆布が置いてある。
 どの店でも必ず、ではないけれど。

 考えてみると、私がこの料理を知ったのは、北海道旅行に行った親戚から乾物の「納豆昆布」をもらい、食べ方を教わった時だった。
 小学生の頃。
 そういう機会がないと食べないものなのかもしれない。

 あまりにも簡単過ぎるので、結婚してからは作らなかった。
 もうちょっと凝ったものじゃないとDちゃんはつまらないかなー と思って。

 でも一度食卓に出したら気に入ってくれた。
 こんなことならもっと早くからやるんだったよ。

「何かもう一品欲しい!」
 という時に便利です。ご飯によく合います。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:38| 料理・食べ物 | 更新情報をチェックする