2014年01月03日

白雪友禅ふきん

 我が家の台ふきんは「白雪友禅ふきん」に決めている。
 柄が可愛いし、やわらかくて使いやすいから。
 ボロボロになったら買い足すのだけど、年末に池袋の「hands be」で見つけたのが震えるほど自分好みだった!
 これであちこち拭いていると幸せ〜

 この柄、名前が「ブッダ」っていうんだよね……(これ
 ブッダより象がメインだと思うんだけど。
 私が買ったのは赤バージョン。

 同じ柄のバスタオルもあるらしい。
 欲しいなぁ〜

 生活の中で使う小物が気に入らないと、思いの外ストレスになる。
 こういう小さな楽しさを積み上げていくことが、生きる喜びにつながるのだと思う。
 愛らしいものを作ってくれる人たちに感謝。
posted by 柳屋文芸堂 at 17:11| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

【着物を着る時に必要なものリスト】

□ 着物
□ 帯
□ 肌襦袢
□ 裾よけ
□ フェイスタオル2枚(補整用)
□ 半衿を付けた長襦袢
□ 衿芯
□ 腰ひも2本
□ 伊達締め
□ コーリンベルト
□ 帯板
□ 帯枕
□ 帯揚げ
□ 帯締め
□ 足袋
□ 草履
□ 和装に合うバッグ
□ 道行(コート)

 シチュエーションや体型によって少し変わるかもしれませんが、とりあえずこれを持って美容室に行けばするすると着付けしてもらえると思います。
 着付けしてもらうのが楽しくって、勉強して自分でやろうという気に全然なれない。

 美容室によっては、
「事前に一揃い持ってきて欲しい」
 と言われたりするので、早めに電話して相談しましょう。
 予約が取れなくてギャーってなる場合もあるしね……(自戒)
posted by 柳屋文芸堂 at 02:59| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

着物の準備をしていて思い出した、2年前の会話

「私、前に着付け教室に通っていたんだけど、ログアウト……
 じゃなくて、えーっと、シャットダウン、でもなくて……」

 ドロップアウト、と言いたかったのだと思うけど、どっちにしろ「着付け教室」には合わないよね。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:02| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

昨日のブログの続き

 美容室の予約、取れました〜
 いつもカットをお願いしている所に着付けのサービスがあるか尋ねたところ、別の支店から専門の人を呼んでもらえることになった。
 聞いてみるもんですな。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:12| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

胸はもっと大きくなる予定だったが

 今着てるタンクトップ、小5の時に買ったやつだ……!
 と気付く36歳。

 2年ほど前に、
「6−3 柳田のり子」
 と書いてあるパジャマがすり切れてしまい、捨てた。
 6年3組、つまり小6の時、臨海学校へ持っていくために買ったものである。
 だから名前入り。
 よく着たなーと感心していたのだけど、さらに上があるとは。

 小5から体型変わらないのか……
posted by 柳屋文芸堂 at 02:55| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

ビーチサンダル

 ビーチサンダル、欲しい人が現れました!
 募集終了でーす。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:01| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

ツモリチサトのねまきとビーチサンダル

 ツモリチサトというデザイナーが作った夏用のねまきを上下3セット購入。
 一つ買ったら薄くてサラサラしてとっても着心地が良くて、色違いでそろえた。
 可愛いデザインなので写真にリンク貼りたかったんだけど、見つからない…… 何故……

 手でざっくり書いたような横縞に、猫の足あとが散っている。
 上は袖なし、下は七分丈より短い。
 布がやわらかいから、家事(特に掃除)がしやすい。便利。

 ○○円以上お買い上げの方に、と同じ人がデザインしたビーチサンダルをもらった。
 どこで履けばいいの。ビーチか。ビーチだな。ビーチなんて久しく行ってないよ。
 子どもの頃はビーチサンダルで毎日歩いていたものだが。
 おばちゃんはビーチサンダルで買い物へ行ったりして良いのか?

 大人用のビーチサンダルが必要な人がもしいたら、連絡ください(メールアドレスはこちら
 たぶんこのままだとしまったままになってもったいないので。
 送ります。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:45| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

大きなサイズの靴の店

 足のサイズが大きく、選べる靴が少なくて困っている方はいませんか?
 Dちゃんがそうなんですよ。
 で、いつも行っている靴屋さんがあって今日行ってきたのでご紹介。

 新宿にあるTENというお店です。
 公式サイトはこちら
 新宿駅西口から徒歩10分くらいのところにあります。

 扱っているのは紳士、婦人、フォーマル、カジュアル。
 種類も多いし、幅広の靴のそろいも良いので、窮屈な靴に我慢している方がいたらぜひ。
 この店を知ってから、大きな靴を求めてデパートをはしごする必要がなくなりました。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:19| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

良い店員とは

 今日、西武池袋のLEVI'Sで買い物したのだけど、店員のお兄ちゃんがズボンの形や型番を熟知しており、Dちゃんの体型や希望に合わせてちゃっちゃっちゃーと選んで試着させてくれたのが鮮やかで気持ち良かった。
 前の開けるところがジッパーではなくボタンになっているタイプで、トイレに行く時どう困るかを(私のことを少々気にしつつ)丁寧に説明してくれた。
 その商品の良い点だけでなく欠点も明示するのがお客のためになり、それがお店のためにもなるのを分かっているんだなー と。

 若い頃は、おべっか使うのが上手くないと店員や営業にはなれない、と思っていた。
 でも実際に店員や営業に必要なのは愛想やお世辞ではなく、
「扱っている商品と、それを使うお客を、いかに深く理解しているか」
 だ。
 優秀な店員さんを見ていると、それだけで勉強になりますね。
posted by 柳屋文芸堂 at 21:45| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2013年03月09日

大久保信子(監修)「着物の事典」

 去年、三味線の発表会で着物を着た時、この一冊を持っていたことでずいぶん助かりました。

 たとえば着物の種類。留袖、色無地、訪問着とかね。
 最初、これの意味が全然分からなかった。
 袖の長いのが振袖、袖の短いのが留袖、じゃないの? と。
 この本を読んで、それぞれの種類がどう違うか理解出来ました。
 着て行ける場所が表になっているのが分かりやすい。

 美容室で着付けの予約をすると、着物の種類を聞かれるのです。
 慌てず騒がず、
「色無地です」
 と答えられて良かった。

・着付けに必要なもの
・着る前日にしておくこと
・脱いだ後の手入れ

 等のページも便利。
 書いてあるものを見て、忘れものチェックしたりね。

 Amazonのレビューには、
「色々着物の本を買った(見た)けど、これが一番分かりやすい」
 というのがいくつか。
 私も本屋の着物コーナーでそういう印象を持ったのですよ。
 良い本に出会えてラッキー♪でした。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:30| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする