2014年11月20日

JINSの眼鏡

 唐突に眼鏡運が悪くなった。
 まず常用している眼鏡のつるが折れ(10年以上前に買ったものだからまあ仕方ない)
 引き出しの奥から予備の眼鏡を出してきて1日使ったら、またつるが折れた。
 しばらく放置していたものだからまあ仕方ない…… のか?

 調べてみると、近所に早い・安い眼鏡屋さん「JINS」があることが分かった。
 行ってみたら、本当に30分・数千円で完成品を渡してくれるのね。
 びっくり。

 私は裸眼だと歩くのが危険なほど目が悪く、眼鏡無しではとても耐えられないので、本当に助かった。
 大慌てで選んだ割にはデザインにも満足。

 最近はレンズ部分が横に細長いタイプが多いんだよね……
 どれをかけても、
「うわっ 荻上チキ!!」
 ってなって困った。
 いや、荻上チキは好きなんだけど、外見を彼のようにしたい訳じゃないので。

 丸みのある、大きなレンズの眼鏡が好き。
 あとレンズの上のラインが「たれ目」になってないとイヤ。
(カチカチしてると私の立派なまゆ毛とかち合っちゃうんだよ!)
 どうにかそれっぽいのが見つかってホッとしました。

 それでも前に使っていたものよりは細長い。
 これは店のせいではなく、眼鏡業界全体の流行なのだと思う。
 今後は丸眼鏡が流行りますように……


posted by 柳屋文芸堂 at 02:06| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

木下勝博さん

 諸事情あって六本木にある「awai」という着物のお店に行ったのですが(公式サイトはこちら
 そこの支配人で「はじめての男着物」という私が大好きな本の著者でもある木下勝博さんにお会いしてしまった!!
 まさかご本人がいるとは思わなかったからびっくり。

 残念なことに私の欲しかったものは扱っていなかったのだけれど、木下さんは「あそこならあるかも」と他の着物のお店をいくつも教えてくださり(買い物しなかったのに)メチャクチャ親切だった。

 そして!
 木下さんは緊張でクラクラしちゃうくらい格好良かった。
「どうしてこの人は私なんかとお話ししてくれているんだろう?」
 と不思議に感じるレベル。もちろん着物姿です。

 本に載っている写真も確かに素敵だった。
 しかしあそこまでとは……
 街で有名俳優に出くわしたりしたら、ああいう気持ちになるんじゃないかな。

 経歴を見てみたら、子供時代にモデルとして活躍していたとのこと。
 うん、納得。
 表情や雰囲気が一般人と全然違っていた。

 私はいつも以上に挙動不審になっていたと思う。
 うう、こんなのに優しくしてくれて本当にありがとうございます。
posted by 柳屋文芸堂 at 00:42| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

着物姿のジローラモ!

 「女殺油地獄」を見た帰り、「男きもの専門店 SAMURAI」という店を見つけた。
 男性用の着物だけの店、というのも珍しいけれど、それより何より素晴らしいのは、店の外にも中にもジローラモのポスターがいっぱい飾ってあるの!!
 もちろん着物姿です(これとかこれとか)

 ネットには載せてない、女の子をガバっと抱き寄せている写真もあった。
 そこらへんのおじさんがやったらセクハラなのに、ジローラモがやると様になるんだよね〜
 買える訳でもないのに店に入ってキャーキャー言っちゃった。
 ↑私一人だったから。値段はそんなに高くなかったです。

 Dちゃんにも着物を着せたいなぁ。
 羽織袴より、烏帽子と狩衣の方が似合いそうだけど……
posted by 柳屋文芸堂 at 00:14| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

銀座夏野の箸

 結婚準備の時に大慌てで買ったもの。
 友人からもらったもの。
 お箸は沢山あるけれど、一番使いやすくて気に入っているのは、銀座にある「夏野」という店で買ったもの。
 細長くてちょっと鋭利な感じなのだけど、持ちやすくはさみやすい。

 公式サイトはこちら
 もうスーパーで適当に買ったりしないぞ、絶対に。

 夏野のお店は見てるだけでも楽しいんだよね。
 箸だけじゃなく、可愛い箸置きがいっぱいあって。
 また行きたいな。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:03| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

赤いパンツ

 私は真っ赤なパンツを持っている。
 ズボンをパンツと呼んだりしませんよ。
 私がパンツと言ったら下着のパンツです。

 着替えの途中、この真っ赤なパンツ一丁でいるところをDちゃんに見られてしまった。
「キン肉マンみたいだね。
 リ〜ング〜に〜♪
 ってテーマ曲が頭の中で流れたよ」

 この記事を書くために「キン肉マン」を画像検索したら、本当にそっくりだった(※肉はユルユルです)
 コスプレするつもりで買った訳じゃないのだが。
 赤いパンツをはいたら、元気になりそうな気がしたのだ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:54| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

カレンダー

 Dちゃんは年末ずーっと忙しかったので、
「一緒に2014年のカレンダーを選びたいけど、無理かなー」
 と寂しく思っていた。

 でも!
 12月31日は会社が休みで、年越しそばを食べに行くついでにLOFTに寄れたのです。
 カレンダー売り場であれこれ見て、Dちゃんが選んだのが米津祐介という絵本作家のもの。

 表紙は犬、1月は鯛のイラスト。
 ちょっとはみ出すように塗られた色が素朴で可愛い。
 私も見た中で一番良いと思い、決めた。

 カレンダーは一年間、ずっと眺めるものだから、二人の好みに合うものにしたい。
 店でもらうカレンダーを仕方なく使ったりするのは嫌だった。
 私一人で選ぶのも寂しかった。
 二人で一緒に選べたのが、本当に嬉しかった。

 米津祐介のサイトはこちら
 カレンダーを見るまで全く知りませんでしたが、素敵ですね〜
 白くまの封筒が欲しい。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:16| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

白雪友禅ふきん

 我が家の台ふきんは「白雪友禅ふきん」に決めている。
 柄が可愛いし、やわらかくて使いやすいから。
 ボロボロになったら買い足すのだけど、年末に池袋の「hands be」で見つけたのが震えるほど自分好みだった!
 これであちこち拭いていると幸せ〜

 この柄、名前が「ブッダ」っていうんだよね……(これ
 ブッダより象がメインだと思うんだけど。
 私が買ったのは赤バージョン。

 同じ柄のバスタオルもあるらしい。
 欲しいなぁ〜

 生活の中で使う小物が気に入らないと、思いの外ストレスになる。
 こういう小さな楽しさを積み上げていくことが、生きる喜びにつながるのだと思う。
 愛らしいものを作ってくれる人たちに感謝。
posted by 柳屋文芸堂 at 17:11| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

【着物を着る時に必要なものリスト】

□ 着物
□ 帯
□ 肌襦袢
□ 裾よけ
□ フェイスタオル2枚(補整用)
□ 半衿を付けた長襦袢
□ 衿芯
□ 腰ひも2本
□ 伊達締め
□ コーリンベルト
□ 帯板
□ 帯枕
□ 帯揚げ
□ 帯締め
□ 足袋
□ 草履
□ 和装に合うバッグ
□ 道行(コート)

 シチュエーションや体型によって少し変わるかもしれませんが、とりあえずこれを持って美容室に行けばするすると着付けしてもらえると思います。
 着付けしてもらうのが楽しくって、勉強して自分でやろうという気に全然なれない。

 美容室によっては、
「事前に一揃い持ってきて欲しい」
 と言われたりするので、早めに電話して相談しましょう。
 予約が取れなくてギャーってなる場合もあるしね……(自戒)
posted by 柳屋文芸堂 at 02:59| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

着物の準備をしていて思い出した、2年前の会話

「私、前に着付け教室に通っていたんだけど、ログアウト……
 じゃなくて、えーっと、シャットダウン、でもなくて……」

 ドロップアウト、と言いたかったのだと思うけど、どっちにしろ「着付け教室」には合わないよね。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:02| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

昨日のブログの続き

 美容室の予約、取れました〜
 いつもカットをお願いしている所に着付けのサービスがあるか尋ねたところ、別の支店から専門の人を呼んでもらえることになった。
 聞いてみるもんですな。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:12| 服・雑貨・文房具 | 更新情報をチェックする