2011年11月01日

フロントレース

 日曜のカーテン選びの話。

 レースのカーテンはすぐに気に入ったのが見つかったのだけど、それに合わせる厚い方のカーテンがなかなか決まらない。
 一つ、これかな…… と思うのがあって、でもちょっとだけイメージと違うのだ。
 かすかに黄緑がかったクリーム色。
「少ーし、あたたかさが足りないんだよね……」
 しかしそう言って出てくる生地は、黄色が強過ぎる。

 うーん、とうなっていると、店員さんが「フロントレース」というやり方を教えてくれた。
 普通カーテンは、窓側にレースをかけ、厚い方を手前(部屋側)にする。
 これを逆にすると、厚い方の色を背景に、レースの模様が浮き上がるのだ。
 
「こうすると、カーテンの色もやわらかくなるね」
「これにしよう!」
 こんな方法、店員さんが言い出さなければ全然思い付かなかった。
 もちはもち屋ですな。

 これ、お金をかけずに部屋の雰囲気を変えたい時にも使えそうですね。
 明るく優しくなりますよ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:27| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

男の胸元

 Dちゃんと一緒に夏のワイシャツを買いに行った。
 これだけ節電だクールビズだと騒いでいるのに、開襟シャツがほとんど無いのに驚いた。

「男はそんなに胸元を守らなければいけないのか?! 女はおっぱい見えそうなところまで開けるのに。下着を選ぶのだって大変なんだぞ。男ももっと本気出せ! 胸毛をはみ出させる覚悟を見せろ!!」

 と叫んでいたら、
「何をそんなに怒っているの……?」
 とDちゃんに呆れられました。

 紳士服売場で大声を出すひらひら服の女。
 怪しかったかも。

 開襟シャツが少ないのは、ネクタイをする時にも使えるようにしたいからですかね。
 もういっそ、ネクタイの柄をワイシャツに印刷しちゃえば?

 この夏は節電で冷え冷えにならなくて済むー♪
 と思っていたけど、これじゃあ、そう上手くいかないかもしれないな。
 温度設定の決定権を20代女性に譲って〜!!(←真夏に一番冷える人たち)
posted by 柳屋文芸堂 at 00:53| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

ブルーベリーのツーピース

 ピンクハウスのお店に行って、Tシャツと、サンダルと、ツーピースを買った。
 会計をお願いすると、10万を超えていて、
「あれー? そんなに高かった?」
 とちょっと驚いた。
 家に帰ってからレシートを見たら、スカートが54000円だった。

 ……値札なんぞ見て、ピンクハウスの服が買えるか!
 日本経済に貢献してしまったぜ。ふははははは。

 でもさすがに、全く確認しないのはどうかと思った。
 最近、服の出費に甘くなってるよな〜 
 若い頃は、
「こんなにお金を出していいものか」
 と悩んだけど、気に入った服なら破れるまで着倒すので、結果的に安上がりじゃん。って開き直っちゃったんだよね。
 比喩表現じゃなく、本当に穴が空くまで着ますよ、私は。

 今回買ったのは、白地にブルーベリーの柄の入った上下(このページの左側)
 布は薄く、袖無しで、暑さをしのぐのにぴったり。
 去年を思い出して恐ろしく感じていた夏も、これで楽しみになったわ〜♪
posted by 柳屋文芸堂 at 00:43| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

ケチは損の始まり

 前にこの記事で書いた風船カイロ。
 Dちゃんは家で仕事をする時の防寒に使っていた。
 膨らむことは知らせたし、本人も分かっていたけれど、捨てるのももったいないので。
 何しろ一袋に10足分も入っていたのだ(いらない……)

 昨日の夜だったろうか、今朝だったろうか。
 Dちゃんが眠そうな声で言った。

「あの足に貼るカイロを、炸裂させてしまって……」
 起こるべくして起こった事故である。
「ゴミ箱の前あたり…… 掃除機かけておいてくれるかな? 忙しくなければ自分でやるんだけど……」
「いいよ、いいよ」

 このところDちゃんは、睡眠をかなり削って仕事をしている。
 この話をした時刻が分からないのも「寝た時間」と「起きた時間」にあまり差がないからだ。
 1時間くらい横になっただけなんじゃないかな。

「しかし昨日掃除したばかりなんだよねー 1日早くやって欲しかった……」
「ごめんね〜」

 確認してみたところ、被害はそんなに大きくなくて、簡単に片付けられました。
 寝不足でボーッとした人の足に風船を付けておくのは間違っていると思う!
 次からは別の会社のを使うように言おうっと(ちゃんと買ってある)
posted by 柳屋文芸堂 at 22:54| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

風船カイロ

 くつ下に貼るカイロ、貼ってしばらくしたら風船のように膨らんだ。
 気付かずに歩いてしまい、
 パーン!
 と破裂。
 これだけ変だったのかな? ともう一つ開けてみたら、同じくぷっくら。
 こんなカイロ初めてだよ……
posted by 柳屋文芸堂 at 23:55| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

須田帆布のカバン

 私は須田帆布の肩かけカバンを毎日使っている。
 買ってから3〜4年経つだろうか。
 丈夫で使いやすく重宝している。

 本体もひもも白く、少し薄汚れているので、中学生の頃に男子が使っていた指定カバンみたいだ。
 伯母(小)は見るたび、
「〇〇もいつもこういうのをかけててねぇ……」
 と今はもういない兄だか弟だかを思い出すようです。

 私は東急ハンズで買いましたが、最近つくばに直営店が出来たらしい。
(須田帆布の公式ホームページはこちら
 うーん、行ってみたい!

 いつもカバンの中が本だらけ、荷物だらけ、という人に特におすすめしたいです。
 女性向けの小さなバッグって、いったい何が入るのだろうか。
 文庫本、ノート、三味線のバチ、譜面、写真機…… と詰め込めるだけ詰め込んでしまう私には、一生「???」です。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:57| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

ジーパンという拘束具

 毎日美味しいものを食べて暮らしていると、当然のことながら、お腹まわりが豊かになってきます。
 久々にジーパンをはいたら……
 くっ
 く、る、し、ぃ〜

 歩いたり、かがんだりするたびに、ぎゅっぎゅっと締めつけられる。
 きっとエヴァンゲリオンの「中の人」はこんな気持ちだったんだろうなぁ。

 グオォォォォォォー!!

 咆哮してないで、ちゃんと運動しないとね。
posted by 柳屋文芸堂 at 19:22| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

ひらひら散財祭り

 自宅から行きやすい場所に、ピンクハウスのお店が開店した!!
 ひらひら服のお店は減る一方だと思っていたので、ものすご〜く嬉しい。
 その情報を知った時の私の目は、
「ピカーン!!」
 と光っていたと思う。
 切れる寸前の電球みたいに。
 
 森ガールの影響で、また人気が出てるのかなぁ?
 今日、実際にお店の前に行って、再び、
「ピカーン!!」
 ガラスケースに展示されていたコーディネートが、初期のピンクハウスを思わせる、華やかな雰囲気だったから。
 最近地味な服が多くなってたのに、どうしたの?!
 原点回帰?

 ピンクハウス・レッドとでも呼びたい、あの赤。
 深い赤。
 血の赤。
 昔は店の紙袋がこの色でしたね(今は白。赤に戻して欲しい)

 とにかくその大好きな赤に、花束を散らしたワンピースが、コーディネートの中心になっている。
 店内には同じ柄の黒バージョンしかない。
 私はガラスケースを指差して、
「あの…… これを試着させてください」
 と頼んだ。

 店員さんはマネキン抱えて重ね着脱がせて、大変そう。
 ここまでさせて、
「やっぱダメでした」
 とは言いにくい。

 値段なんてどうでも良いんだ(買う気マンマンだから)
 問題は、似合うかどうか。
 33歳のおばちゃんに花束。
 う〜む……

 ドキドキしながら試着室へ。
 鏡に映る私は……
 オッケー!
 たぶんオッケー!(世界を敵に回しても)
 おばちゃんなりに似合ってる!!
 当然ながら、森尾由美ではなく宮川花子路線で。

「とりあえず、これ、いただきます!!」
 それで火がついて、パカパカあれこれ買ってしまった。

 ガーゼハンカチのような生地の、カーディガン風ブラウス。
 関東ではこの店だけ、という限定企画のパーカー。
 パーカーとそろいのカットソー(これは2枚)
(カットソーとは「高級なTシャツ」だと、大昔、店員さんに教わりました。定義として正しいのかな? 体にピタッとして、あんまりテロッとしないTシャツです)

 買い物時間はだいたい30分。
 使ったお金は13万円。
 イエーッ

 だんだん興奮してきて、店ごと買い取りたいような気分になってましたが、店員さんが引き気味だったので、そのあたりで勘弁してあげました。
 オープンから間もないのに、こんな濃い客が目をギラギラさせながら試着を繰り返したら、恐ろしいものね。

 もしかしたら、ヨレヨレのコートに、中学生男子みたいなばっちぃ肩掛けカバンという姿を見て、
「金額分かってるのかな〜 この人?」
 と心配していたのかも。

 ふはははは。心配ご無用。
 こっちはひらひら服のために、自動車1台買えるくらい散財しているのだ!
 ひらひら教、在家信者のお布施と言っても良い(ひらひら狂?)
 
 自動車1台分の服を買うのは簡単だ。
 その分、自動車を買わなければ良いのだ。

(まあ、ひらひら始めて10年以上なので、1年あたりにすると、たいして使ってません。実は)

 久々の大きめの散財、なかなか爽快でした。
 気に入った服があって本当に良かった♪
 買う気があっても好みに合わなかったらショボショボ帰るだけだもんね。

 結婚前に買った服がけっこうボロボロになってきて、困っていたのです(着過ぎ)
 これから新入りをガンガン着ますよ〜

 春だ。
 春だー!!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:33| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

パンツが−!!

 パンツのゴムが全てゆるんでしまった。
 悪夢の話じゃない。
 現実に起きたことである。

 私は服や日用品をまとめ買いするので、何でも一気に全滅することが多い。
 パンツのゴムもある日突然、という感じだった。
 朝起きたら、はいていたのがゆるゆるになっていて、
「パンツがー!!」
 と叫びつつ、じりじりとトイレに向かった。

 それ一枚かと思いきや、他のも全部ダメ。 

 すぐに新しいのを買えば良いのだけど、好みがあるので難しい。
 「パンツ」じゃなきゃイヤ。
 「パンティー」や「ショーツ」は嫌い。
 分かってもらえるかな……

 「パンティー」は股がみが狭くて、下着泥棒が頭にかぶりそうなやつ。
 「ショーツ」は股がみが深くて、肌にピターッと密着するやつ。
 私の勝手なイメージですが。

 私が欲しいのは、股がみが深くて、ゴムのところ以外はゆるゆる〜 っとしているもの。
 子供用をそのまま大きくした感じ。

「いつまでもこんなのをはいていてはいけないわ。もっと大人にならなくっちゃ……」
 とパンティー的なものやショーツ的なものを買ったこともあったのですが、どうしても出動回数が少なく、窓際族というかタンスのすみっこ族になってしまって、処置に困ることになる。

 この「パンツ」、デパートやユニクロでは売っていない。
 弱ったなぁ、と思っていたら。

 実家のそばの、もうじきつぶれるスーパーの衣料品コーナーに!
 ありました〜 大量に!!
 そうそう、前は確か、ダイエーかイトーヨーカドーで買ったんじゃなかったかな。
 「パンツ」を売っているのは庶民派の店なんですね。

 柄は気にせず、Mサイズを全て買い占めました。
 本当は子どもっぽい可愛い絵が入ってるのが好きなんだけど。
 イチゴなんかだったら最高!!
 そんなにロリコン向けにする必要ないよね…… 

 まあ柄はともかく、いっぱい手に入って良かった。
 でも。
 数年後に、また全滅するんだろうなぁ……
posted by 柳屋文芸堂 at 23:14| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

成人式のコート

R0020977.JPG

 私は着物に憧れがありますが、成人式の着物は好きじゃなかったので、代わりに長く使えるものをもらうことにしました。
 可愛いリュックと、このコート。

 安い着物と同じくらいの値段で、ものすごーく高級なコートが買えました。
 細部まで丁寧に作られていて、手触りも優しかった。
 当時のデパートは、ちゃんと上質な服を売っていました(今は違う)
 職人さんが多かったのかな。

 パッと見ただけで質の良さが分かるようで、会う人会う人に、
「すごいコートだね!!」
 と誉められたのを思い出します。
 その頃はまだ友人だったDちゃんも、
「急に良いコートを着てきて、驚いた」
 と言っていました。

 ふだん、ボロボロのジーンズとセーターで暮らしていたので、余計にその高級感が際立ったのかもしれない。
(まだひらひら服にはハマってませんでした。学生でお金なかったもん)

 あれから13年。
 14回の冬の間、毎日着続けました(コートはこれしか持ってないんだ)
 さすがに新品の頃の華やかさはなくなりましたが、十分現役です。
 
 ある時、ボタンがなくなってしまい、メーカー(東京スタイル)に問い合わせたところ、
「いつ頃お買い上げの商品ですか?」
「10年くらい前です」
「そんなに長い間、ありがとうございます! でも残念ながらボタンは残っていません」
 電話の相手の人と一緒に笑ってしまいました。

 仕方なく別のボタンで全取っ替えし、それも足りなくなって、今のボタンは三代目。

 良いものを長く愛するのが好きです。
 このコートはその代表。
 本当に良い買い物でした。
 母に感謝。

 リュックはかなりヨレっとしちゃいましたが、今でもたまに使います。
 古い友人に目ざとく見つけられ、
「わー! このリュックまだ持ってたんだ!! すごい!!」
 なんてマジマジ眺められたりすると、かなり恥ずかしいです。

 でもそういうのも、けっこう楽しいかな。

(GR DIGITAL公式ブログにトラックバック)
posted by 柳屋文芸堂 at 09:59| 服・雑貨など | 更新情報をチェックする