2019年03月24日

「第8回Text-Revolutions(テキレボ)」御礼

 テキレボに参加した皆様、お疲れ様でした。
 終わって丸二日経つというのに、まだぼーっとしています。

 売上を計算したところ、過去最高でした。
 新刊のテーマが、興味のある方の多い「万年筆」だったのが良かったのだと思います。
 人気ジャンルの二次創作のような感じで頒布できたのではないかと。
 手書きの表紙も面白がってもらえました。

IMG_0957.JPG

 「人外あつめ」という企画に参加した「死神」もよく出ました。
 紹介ページはこちら

 「うそと本と」通称「うほ」企画は開催前日に投稿し、その日のうちに掲載してもらえて嬉しかったです。
 電子ピアノに書いてもらったレビューはこちら

 こういう企画に参加すると、作品を知ってもらう機会になるし、楽しみも増える。
 主催者の方々に感謝します。

 反省点は、まず色々ギリギリだったところですね。
 自分と家族が元気だったからどうにかなっただけで、数日寝込んだり、高齢の母の病院付き添いをすることになっていたら、新刊を落としていたかもしれない。
 もうちょっと早め早めに準備を終えるようにしなければと思いました。

 もう一つ、今回あまり気密性の良くないおつり入れを使っちゃったんですよ。
 そうしたら、すきまからお買い物チケットが落ちそうになっていて「ぎゃー」となりました。
 お買い物チケットはふわっ・ぺらっとしているので、次回は失くさないように工夫したいです。
 ポストカードくらいの大きさの、透明な袋を用意しておこうかな。

 テキレボで私と関わってくれた全ての皆様に。
 ありがとうございました!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 01:18| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

第8回Text-Revolutionsに参加します!

第8回Text-Revolutions
開催日 2019年3月21日(木祝)
開催時間 11:00〜16:00
会場 都立産業貿易センター台東館 7階
行き方 東京メトロ銀座線「浅草」駅から徒歩5分(大きな荷物を持っていく人はつくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩9分の方がおすすめ)
カタログ 柳屋文芸堂のページはこちら
ブース番号【A-21】
入場無料

ギリギリの告知で申し訳ない。
新刊出ます!

IMG_0957.JPG

表紙と裏表紙は全て手書きで、一つ一つ微妙に違う万年筆顔が楽しめます。
ちなみにこれ、カクノのパロディのつもり……←カクノユーザーさんたちに謝れ!

万年筆を中心にした、文房具についてのエッセイ。
私がこれまでに「書く・描く」こととどう関わってきたかを振り返る内容になっています。

《もくじ》

一、私のペン歴

二、紙の書き比べ
 MDノート
 ツバメノート
 LIFE バーミリオン 横罫
 ロルバーン
 コクヨのキャンパスルーズリーフ
 エヌビー社 万年筆用A5便箋(バンクペーパー)

三、ペン字をやってみた

四、文房具屋めぐり
 文房具カフェ(表参道)
 ブングボックス(表参道)
 ラミー(表参道)
 THINK OF THINGS(原宿)
 西武池袋本店 高級筆記具コーナー
 銀座伊東屋本店

五、万年筆を選ぶポイント

A5サイズ、20ページ、300円です。

浅草でお会いできるのを楽しみにしています!
俺たちの荷造りはこれからだ!!(新刊の袋詰めも)
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:15| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

Text-Revolutions(テキレボ)の「お買い物代行サービス」の受付開始のお知らせ

 2019年3月21日(木祝)に開催される文章系同人誌の即売会、第8回Text-Revolutions(テキレボ)に参加します。
 その準備会が行ってくれる「お買い物代行サービス」の受付が始まりました。
 お買い物代行サービスがどんなものか、こちらの漫画が非常に分かりやすいので見てみてください。



 申込ページはこちら

 カタログの、私のページはこちら

 送料と手数料700円がかかり、売り切れの場合でも手数料は返却されない、という注意点はありますが、会場から遠いところにいても即売会に参加した気分を味わえる、楽しいサービスだと思います。
 東京から離れた場所にお住まいの方、遠出や外出が難しい方はぜひご利用ください。

 お近くの方、出かけられる方は当日会場(浅草の都立産業貿易センター台東館)でお会い出来たら嬉しいです。
 読者さんの顔を直接見ておしゃべりしたいので。
 ブース番号は【A-21】です。

 お買い物代行サービス、当日ともによろしく願いします〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:10| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

文学賞への投稿を中心にしていた頃と、現在の活動について

 20代の頃は、小説を書き上げたらまず文学賞に投稿していた。賞の結果が出た後に、同人誌即売会で頒布する。賞をもらえれば賞金が嬉しいし、もらえなかったら「もっと頑張ろう」と思える。それはそれで悪くない日々だったのだけれど、疑問もあった。

 さらにさかのぼって10代の頃、私は漫画家になりたかった。雑誌「りぼん」のまんがスクールに投稿したこともあるのだが、これがすごかった。投稿した全員に、

☆批評用紙(投稿作品の良い点・悪い点をチェックシートで評価。コメントも付く)
☆漫画の描き方を漫画で解説している冊子
☆プロ漫画家の原寸大複製原稿。解説付き。
☆枠線を引くための定規
☆投稿するたびスタンプを押してもらえるカード(表紙は当時新人だったさくらももこのイラスト)

 覚えているだけでこれだけ送られてきた。評価が低かった悲しみなど吹っ飛ぶほど、魅力的な品々だった(りぼんまんがスクールは現在でもほぼ同じ形で続いているようです→特典の説明ページ

 これに対して文学賞は、一次選考を通過しなければ、読んでもらえたのかも分からないものが多い。何が悪くて落とされたのか、書き手には通知されない。「もっと頑張ろう」と思っても、どこを直し、どこを伸ばせば良いのか、目標の立てようがなかった。

 文章修行は文学賞に投稿する前に文学部や文芸学校でやってこい、ということなのかもしれない。しかし必ず下読みはするのだろうから、簡単なコメントくらい返しても良いのではないか。費用がかかるというのなら、希望者からお金を取ったって良い。

 文学賞の「反応のなさ」に虚しさを感じ、私は投稿をやめてしまった。

 文学フリマなど、小説を売りやすい即売会が増えたこともあり、私の活動の中心は同人誌即売会になった。会場やツイッターでもらう感想は、執筆の励みになる。褒め合いになりがち、という欠点はありつつも「直すべきダメな部分」より「伸ばすべき良い部分」を意識する方が大事、とも思うようになっていた。

 今年、久々に文学賞に投稿してみた。再び投稿中心の生活に戻そうというのではない。同人誌即売会で反応を受け取れるようになったから、文学賞の沈黙が気にならなくなったのだ。私がやりたいのは、文章を書くこと。小説でもエッセイでも構わない。同人誌でもネットでも、自由に書いて自由に発表していきたい。

 私はタフな読み手ではなくて、沢山の同人誌を買うことは出来ないのだけれど、同人誌即売会で出会う人たちのことを「創作仲間」だと勝手に思っている。

 みんな、大好きだよ。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:58| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

文学フリマ東京のご報告

11月25日に文学フリマ東京に参加してきました。
計算してみたところ、売り上げが過去最高でした。
服部匠さんの御本をお預かりし、実質2サークル分のお客さんが来て、一日中にぎやかに過ごすことが出来ました♪

私は面倒くさがりなので、自分一人だと何事も「適当でいいや」になってしまいがち。
今回は「大事な本を預かっているんだ! 準備や宣伝を頑張ろう!!」と気合いが入って良かったです。

自分の分の売り上げはいつも通りかなーと思ったら、文フリでは過去最高でした。
「前に買った本が面白かったから」と文フリでは初売りの「翼交わして濡るる夜は」を買ってくれた人もいました。
カクヨムで知り合った人が来てくれたのも嬉しかった。
地道に活動を続け、色んな方法で作品を発表したことが、文フリ当日の楽しさに繋がったんだな、と。

よいこぐまさんには開店の告知ツイートや売り子をお願いして、大変お世話になりました。



次回のイベント参加は2019年3月21日に浅草で開催されるText-Revolutions(テキレボ)です。
また沢山の人とお会い出来ますように!
 
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:27| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

第二十七回文学フリマ東京

いよいよ明日!
ぜひ遊びに来てください♪

第二十七回文学フリマ東京
開催日 2018年11月25日(日)
開催時間 11:00〜17:00
会場 東京流通センター 第二展示場
行き方 東京モノレール「流通センター」駅から徒歩1分(空港快速はこの駅に止まらないのでご注意を)
ブース番号 C-38
カタログ 柳屋文芸堂のページはこちら
入場無料
bun27tokyomapyanagiya.png
 
posted by 柳屋文芸堂 at 22:37| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

第7回テキレボレポート(交通・宣伝・販売編)

第7回テキレボレポート(人々編)の続き)

☆交通
 これまで地下鉄の浅草駅を利用していたのですが、毎回大荷物を持って階段を上る羽目に陥ってました。今回、つくばエクスプレスの浅草駅から行ったところ、これが大正解!

 エスカレーターやエレベーターが分かりやすい場所にあってすぐ乗れる。
 浅草ゆかりの文化人、コメディアン、役者などの似顔絵(これ)と解説が見られる。
 浅草らしい雰囲気の、奥山おまいりまち商店街を通るのが楽しい。
 この商店街に「木馬亭」がある。これは江戸川乱歩「木馬は廻る」で知られる木馬館の跡地に作られたもの。
「ここで乱歩と朔太郎が……」
 ってやれる訳ですよ!!

 まあそれはともかく、段差を気にせずに会場までたどり着くことが出来ました。
 二天門のスロープが木製なのがちょっと気になるくらい。
 もっと早くにこっちの駅を使えば良かった……

☆宣伝
 チラシ置き場のチラシがあまり減っていなくて、もっと自分のスペースで頑張って配れば良かったな〜と。あと、別のイベントでも使えるチラシにすれば捨てなくて済んだな〜と。

☆お買い物代行サービス
 お買い物代行サービスの当日にやる作業、どうにか出来てホッとした。
 現在の方法になってからは初めてで、実際にやってみれば「こういうことか」と思うけど、説明を読むだけではいまいちつかめなくて。
 次回は全部袋に入れてチラシを封入したい。

☆その他
 コスプレが華やかだった。
 浴衣・着物姿の方が多かったのも素敵だった。

☆販売
 売上金額が過去最高でした。
 凝った本が多い中、こんな地味な本を手に取って下さる方がいること、本当に感謝します。

IMG_0822.JPG
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:35| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

第7回テキレボレポート(人々編)

 はじめまして・お久しぶり・遠いところからようこそ、な方々とお話し出来て幸せでした。

 今回特に感動したのは服部さん(サークル名:またまたご冗談を!)に会えたこと。三年ほど前からTwitterでお話しするようになり、今回が初めてのご対面。作品世界の印象通りのピュアな雰囲気の方でした。言葉が途切れてどうして良いか分からなくなって、数秒間何も言わずに見つめ合ったりしたよ。

 うちのサークルは横長本MAPを応援しつつ参加はしなかったのですが、たった一冊だけ作った横長本を並木さん(サークル名:銅のケトル社)にプレゼントしました。前に並木さんからいただいた本への返信を、本で。本の形をした手紙って良いものですよ。

 豆塚さん(サークル名:こんぺき出版)が「なすの人だ!」と言って来てくれたのも嬉しかった。私はTwitterでなすの絵のアイコンを使っていて、そのアイコンを入れたポスターを机に貼っていました。

ブース番号入りポスター画像.png

 今後も「なすの人」として認知度を上げていきたい。

 中学時代の友人二人が来てくれたのも嬉しかった!
 同人活動を始めたばかりの頃(15年以上前)に夏コミの売り子を手伝ってもらったことがあり、テキレボも楽しんでもらえるんじゃないかな〜と誘ってみた。勇気を出して良かった。

 文章系同人誌がずらりと並んでいる見本誌置き場に連れてゆくと、
「綺麗になってる! 前は文字だけの表紙が多かったのに!!」
 とびっくりしていました。

 少部数の印刷代が安くなったこと、画像や文章を編集するソフトが普及したこと、ネットを通じて絵を描く人に表紙を頼みやすくなったことなどを説明しました(歴史は苦手だけど、創作文芸同人史は良い点を取れるかもしれない)

 おかさん(サークル名:ザネリ)のところで「すさんだ暮らしBL合同誌」の告知用ポケットティッシュをもらい、300字企画さんの所でポストカードを選んでもらって、二人のお土産にしました。


↑配布方法まで細やかにすさんでいる。凝ってるなぁ!

交通・宣伝・販売編に続く)
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:28| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

小説「翼交わして濡るる夜は」についてのツイートまとめ




























































posted by 柳屋文芸堂 at 10:09| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

いよいよ7月16日はテキレボです!!

2018年7月16日(月・祝)に開催される第7回Text-Revolutions(テキレボ)に参加します。
文章系同人誌の即売会です。
会場は浅草の都立産業貿易センター台東館 4階(交通アクセス・地図はこちら
11時開場〜16時閉会。入場無料。
ブース番号は【G-16】



柳屋文芸堂はボケ倒しグルメBL「翼交わして濡るる夜は」を出します。
壊れてしまった男の子を好きになる男の子の話です。
傷はすぐには癒えないので、ピアノを弾いてあげたり、美味しいものを食べたり、寄り添って過ごします。
A5サイズ 100ページ 400円
Webカタログの紹介ページはこちら
遊びに来てね♪


↑印刷屋さんから届いたところ


↑参加する企画

既刊は、

映画感想集「血なまぐさい人間たちの中にたった一人エンジェルがいた」
A5サイズ 24ページ 200円

人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」
A5サイズ 116ページ 400円

本の感想集「書くことより 読むことのほうが」
A5サイズ 96ページ 400円

「怒り」「フランケンシュタインの恋」二次創作「こんなとこにいるはずもないのに」
A5サイズ 4ページ 無料配布

↑リンクをクリックすると、作品の紹介が見られます。

地下鉄の浅草駅は階段が多いので、つくばエクスプレスの浅草駅から行く予定。
段差が少ないと良いなぁ。

中学時代に一緒に漫画を描いていた(そう、当時私は小説だけでなく漫画も描いていたのです)友人たちを誘ってみたら来てくれることになって、本当に嬉しい。
「私おばさんになっちゃったけど、びっくりしないでよ」
とメールが来た。同い年だから! 私もおばさんになってるから安心して欲しい。

先週は豪雨でこの三連休は猛暑。
元気に会場にたどり着き、みなさんとお会い出来たらそれだけで感謝します。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 14:28| 同人活動 | 更新情報をチェックする