2018年07月28日

第7回テキレボレポート(交通・宣伝・販売編)

第7回テキレボレポート(人々編)の続き)

☆交通
 これまで地下鉄の浅草駅を利用していたのですが、毎回大荷物を持って階段を上る羽目に陥ってました。今回、つくばエクスプレスの浅草駅から行ったところ、これが大正解!

 エスカレーターやエレベーターが分かりやすい場所にあってすぐ乗れる。
 浅草ゆかりの文化人、コメディアン、役者などの似顔絵(これ)と解説が見られる。
 浅草らしい雰囲気の、奥山おまいりまち商店街を通るのが楽しい。
 この商店街に「木馬亭」がある。これは江戸川乱歩「木馬は廻る」で知られる木馬館の跡地に作られたもの。
「ここで乱歩と朔太郎が……」
 ってやれる訳ですよ!!

 まあそれはともかく、段差を気にせずに会場までたどり着くことが出来ました。
 二天門のスロープが木製なのがちょっと気になるくらい。
 もっと早くにこっちの駅を使えば良かった……

☆宣伝
 チラシ置き場のチラシがあまり減っていなくて、もっと自分のスペースで頑張って配れば良かったな〜と。あと、別のイベントでも使えるチラシにすれば捨てなくて済んだな〜と。

☆お買い物代行サービス
 お買い物代行サービスの当日にやる作業、どうにか出来てホッとした。
 現在の方法になってからは初めてで、実際にやってみれば「こういうことか」と思うけど、説明を読むだけではいまいちつかめなくて。
 次回は全部袋に入れてチラシを封入したい。

☆その他
 コスプレが華やかだった。
 浴衣・着物姿の方が多かったのも素敵だった。

☆販売
 売上金額が過去最高でした。
 凝った本が多い中、こんな地味な本を手に取って下さる方がいること、本当に感謝します。

IMG_0822.JPG
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:35| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

第7回テキレボレポート(人々編)

 はじめまして・お久しぶり・遠いところからようこそ、な方々とお話し出来て幸せでした。

 今回特に感動したのは服部さん(サークル名:またまたご冗談を!)に会えたこと。三年ほど前からTwitterでお話しするようになり、今回が初めてのご対面。作品世界の印象通りのピュアな雰囲気の方でした。言葉が途切れてどうして良いか分からなくなって、数秒間何も言わずに見つめ合ったりしたよ。

 うちのサークルは横長本MAPを応援しつつ参加はしなかったのですが、たった一冊だけ作った横長本を並木さん(サークル名:銅のケトル社)にプレゼントしました。前に並木さんからいただいた本への返信を、本で。本の形をした手紙って良いものですよ。

 豆塚さん(サークル名:こんぺき出版)が「なすの人だ!」と言って来てくれたのも嬉しかった。私はTwitterでなすの絵のアイコンを使っていて、そのアイコンを入れたポスターを机に貼っていました。

ブース番号入りポスター画像.png

 今後も「なすの人」として認知度を上げていきたい。

 中学時代の友人二人が来てくれたのも嬉しかった!
 同人活動を始めたばかりの頃(15年以上前)に夏コミの売り子を手伝ってもらったことがあり、テキレボも楽しんでもらえるんじゃないかな〜と誘ってみた。勇気を出して良かった。

 文章系同人誌がずらりと並んでいる見本誌置き場に連れてゆくと、
「綺麗になってる! 前は文字だけの表紙が多かったのに!!」
 とびっくりしていました。

 少部数の印刷代が安くなったこと、画像や文章を編集するソフトが普及したこと、ネットを通じて絵を描く人に表紙を頼みやすくなったことなどを説明しました(歴史は苦手だけど、創作文芸同人史は良い点を取れるかもしれない)

 おかさん(サークル名:ザネリ)のところで「すさんだ暮らしBL合同誌」の告知用ポケットティッシュをもらい、300字企画さんの所でポストカードを選んでもらって、二人のお土産にしました。


↑配布方法まで細やかにすさんでいる。凝ってるなぁ!

交通・宣伝・販売編に続く)
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:28| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

小説「翼交わして濡るる夜は」についてのツイートまとめ
























posted by 柳屋文芸堂 at 10:09| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

いよいよ7月16日はテキレボです!!

2018年7月16日(月・祝)に開催される第7回Text-Revolutions(テキレボ)に参加します。
文章系同人誌の即売会です。
会場は浅草の都立産業貿易センター台東館 4階(交通アクセス・地図はこちら
11時開場〜16時閉会。入場無料。
ブース番号は【G-16】



柳屋文芸堂はボケ倒しグルメBL「翼交わして濡るる夜は」を出します。
壊れてしまった男の子を好きになる男の子の話です。
傷はすぐには癒えないので、ピアノを弾いてあげたり、美味しいものを食べたり、寄り添って過ごします。
A5サイズ 100ページ 400円
Webカタログの紹介ページはこちら
遊びに来てね♪


↑印刷屋さんから届いたところ


↑参加する企画

既刊は、

映画感想集「血なまぐさい人間たちの中にたった一人エンジェルがいた」
A5サイズ 24ページ 200円

人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」
A5サイズ 116ページ 400円

本の感想集「書くことより 読むことのほうが」
A5サイズ 96ページ 400円

「怒り」「フランケンシュタインの恋」二次創作「こんなとこにいるはずもないのに」
A5サイズ 4ページ 無料配布

↑リンクをクリックすると、作品の紹介が見られます。

地下鉄の浅草駅は階段が多いので、つくばエクスプレスの浅草駅から行く予定。
段差が少ないと良いなぁ。

中学時代に一緒に漫画を描いていた(そう、当時私は小説だけでなく漫画も描いていたのです)友人たちを誘ってみたら来てくれることになって、本当に嬉しい。
「私おばさんになっちゃったけど、びっくりしないでよ」
とメールが来た。同い年だから! 私もおばさんになってるから安心して欲しい。

先週は豪雨でこの三連休は猛暑。
元気に会場にたどり着き、みなさんとお会い出来たらそれだけで感謝します。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 14:28| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

Text-Revolutions(テキレボ)の「お買い物代行サービス」の受付開始のお知らせ

 2018年7月16日(月・祝)に文章系同人誌の即売会、第7回Text-Revolutions(テキレボ)に参加します。
 その準備会が行ってくれる「お買い物代行サービス」の受付が始まりました。
 お買い物代行サービスがどんなものか、こちらの漫画が非常に分かりやすいので見てみてください。



 準備会のお知らせ、申込ページへのリンクはこちら。





 カタログの、私のページはこちら

 送料と手数料700円がかかり、売り切れの場合でも手数料は返却されない、という注意点はありますが、会場から遠いところにいても即売会に参加した気分を味わえる、楽しいサービスだと思います。
 東京から離れた場所にお住まいの方、遠出や外出が難しい方はぜひご利用ください。

 お近くの方、出かけられる方は当日会場(浅草の都立産業貿易センター台東館)でお会い出来たら嬉しいです。
 読者さんの顔を直接見ておしゃべりしたいので。
 ブース番号は【G-16】です。

 お買い物代行サービス、当日ともによろしく願いします〜
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:01| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

文学フリマ大阪のお知らせ

 らしさんの本の感想を間に合わせなきゃ、ということばかり考えていて、自分の本が文学フリマ大阪に参加することをすっかり忘れていました。援護射撃頑張りますとか言ってたのに、ごめん、まりもさん……

 参加する本は人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」

ヒトガタリ表紙.jpg

 「ヒトガタリ」についてのツイートまとめはこちら
 尼崎文学だらけでいただいた推薦文はこちら

 B-51(ブース名:a piacere 執筆者の一人であるまりもさんのサークル)で頒布されますのでよろしくお願いします〜!

 a piacereさんでは、
「空想のまちアンソロジー ぼくたちのみたそらはきっとつながっている」
 も買えるそうです。私、この本大好きなんですよ!!
 去年の尼崎文学だらけに出した推薦文を引用しますね。

******
 この本の中には沢山の町が出てきて、とても全ては語れないので、一番大好きな「音町」を紹介します。でもこれ、絶対ネタバレしちゃいけない話なんですよ。見事な結末を持ったストーリーを、結末を隠して説明する。出来るかな(ドキドキ)
 まりもさんの「楢の薫り、楓の音」という作品。本の最初に収録されています。

 楽器の製作を生業とする「音町」 楽器職人であるエレンは「酒町」の人々のためにバイオリンを作っている。音町の人々と違って、酒町の人たちは楽器を大事にしない。外で演奏したり、上にお酒をひっくり返したり。そして酒町の人が求める音色は、音町のそれとはずいぶん違っているらしい。
 他の町に行くことは難しいので、彼らの音楽を聴くことは出来ない。楽器を修理する時の注文や、音町と酒町を行き来する運び人の話から、ぼんやりと酒町の音楽が浮かび上がってくる。
 賑やかに酒を飲みながら、楽しく早いテンポで踊るのにぴったりな。

 美しく上品な音楽こそ素晴らしいと信じている音町の人々は、酒町の人々をあまり良く思っていない。それでもエレンは酒町の人々と音楽に惹かれている。酒町の仕事なんてやめるべきだという忠告も、プロポーズも断って、酒町のためのバイオリンを作り続ける。そして。
 思い出すだけで涙がじんわりにじんでくる、あの結末。
 決して悲しみの涙ではない、ということくらいは伝えても良いだろう。

 直接会うことの出来ない人々を思い、触れることの出来ない何かに憧れる。
「まるで私たちみたい」
 そんな風に思いませんか?
******

 発売からずいぶん時間が経っているのでもう少し書いてしまうと(ネタバレはしないのでご安心を)
 「音町」で鳴っているのはクラシック音楽(例えばこんな感じ)



 「酒町」で鳴っているのは民族音楽(例えばこんな感じ)



 ではないかと思うのです。
 それぞれが強い、決定的に異なる美意識を持っている音楽であること、分かりますよね。
 私はクラシックも民族音楽も大好きで、両方の魅力を知っているから、そして遠い文化に憧れる気持ちがいつもあるから、「楢の薫り、楓の音」を読み返すたびに泣いてしまうのです。

 9月18日(月祝)に堺市産業振興センターで開催される文学フリマ大阪に行く方は、ぜひB-51(ブース名:a piacere)へ!
 台風が近付いていて心配ですが、楽しんできてくださいね♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:36| 同人活動 | 更新情報をチェックする

同人誌の印刷冊数の決め方

 私はこんな風にしているよというだけの話です。
 まず「一度の同人誌即売会で売れる冊数の平均」を出します(本の種類ごとではなく全体で)
 1回目5冊、2回目10冊、3回目15冊、だったら平均は10冊。

 次に新刊を出す間隔はどれくらいか考えます。
 同人誌即売会に出るたびに必ず新刊を用意しているか。
 ここでは「毎回新刊を出すのは難しい、2回に1回くらい」ということにします。

 在庫は同人誌即売会のたびに10冊ずつ減ってゆき、2回同人誌即売会に出ると新刊の分が増える。
 つまり新刊を20冊にすれば在庫の増減はない。
 同人誌即売会で売れる冊数の平均(10冊)×新刊を出す間隔(2回)=新刊の印刷冊数(20冊)
 30冊刷れば在庫は増えてゆき、10冊刷れば在庫は減ってゆく。

 もちろんこれは目安にしかならないことで、まず同人誌即売会で売れる冊数は変化する。
 新刊を出す間隔もいつも同じとは限らない。
 売れ行きの良い本もあれば悪い本もある。

 ただ、私が一番気を付けているのは、
「印刷所の料金表だけを見て印刷冊数を決めない」
 ということ。

 印刷冊数を増やした方が1冊あたりの料金が安くなるので、どうしても冊数を多くしがち。
 在庫を減らそうと同人誌即売会への参加が増えると、まあ楽しいから良いのだけど、参加費って交通費なども含めてけっこう馬鹿にならない。

 同人誌即売会で動くお金というと、印刷代と販売単価が話題になることが多いけれど、同人活動をトータルで見て、無理のないよう楽しんでいけたらいいなと思っています。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 02:13| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

明日も、今日も、尼崎文学だらけ(あまぶん)!

 いよいよ明日、8月27日(日)11:00〜16:00に文芸誌・創作文学同人誌の展示即売会「尼崎文学だらけ(あまぶん)」が開催されます〜!
 会場の尼崎市中小企業センターは、阪神尼崎駅から徒歩5分とのこと。
 主催者さんのブログ記事(こちら)に写真入りの詳しい行き方の説明があるので、事前に見ておけば迷わない、はず。

 私の小説が載っている「ヒトガタリ」が参加しますので、みなさまよろしくお願いします。
 いただいた推薦文はこちら
 おそらく入口すぐのところにある委託販売コーナーに置かれるんじゃないかな。

 本日、8月26日(土)11:00〜16:00には同じ会場で見本誌試し読み会も行われるそうです。
 私の小説「別世界」は短いので、立ち読みで最後まで読めると思います。
 ぜひどうぞ!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 10:41| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

尼崎文学だらけ(あまぶん)のお知らせ

 2017年8月27日(日)11:00〜16:00に、尼崎市中小企業センターで開催される文芸誌・創作文学同人誌の展示即売会、
「尼崎文学だらけ(あまぶん)」
 にて、人形小説アンソロジー「ヒトガタリ」を頒布してもらえることになりました♪

 あまぶんの公式サイトには推薦文を投稿出来るページがあります。
 これまでに「ヒトガタリ」を読んでくださった方で、面倒じゃないよという人がもしいたら、感想をこちらに投稿してもらえると嬉しいです。

 またあまぶんでは、会場に行かなくても本が買えるサービスがあるので(やり方はこのページ)遠方の方はぜひ利用してみてください。
 よろしくお願いしま〜す!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:33| 同人活動 | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

並木陽さんからいただいたものを自慢させてくれ

R0026551.JPG

 文学フリマ東京に参加したみなさん、並木陽さんの新刊は買えましたか?

 ……おや?

R0026552.JPG
↑この画像だと小さくて見えにくいかも。真ん中に「柳田のり子様に」と書かれています

 ふっふっふ。
 この本を読めるのは私だけなのです。
「RT(ふぁぼ)した人であみだして当選した人一名に一冊だけ作るコピー本プレゼント」
 に当たったの〜!!

 おそらく同人誌即売会では未公開の小説二篇ももちろん嬉しいのだけど、何とこの本、私のために書かれたあとがきが入っているのだよ!!
 親密で、胸がぎゅっとなるような文章が……!
 何だろうこれ、プロポーズ?!(違います)

 さらに並木さんは「斜陽の国のルスダン」を読んでいる人にはたまらないものもくださったのです。

R0026543.JPG

 チュルチヘラー!!

 ルスダンがはしゃいだ声をあげた。指さす先には、赤やオレンジや紫のチュルチヘラが大量にぶら下がっている。チュルチヘラというのは棒状の飴菓子だ。数珠繋ぎに糸で繋いだクルミを、葡萄果汁と小麦粉のペーストに漬けて作る。
(並木陽「斜陽の国のルスダン」から引用)

 はるか遠いグルジアから持ってきてくださったと思うと、もう感激で!!
 見るのも食べるのも生まれて初めて。
 近くから撮るとこんな感じ。

R0026546.JPG

R0026550.JPG

 これは包装紙。
 一番上がグルジアの文字かな? 全然読めないけど。
 グルジアのお店もYahooやFacebookを使っているんですね。

R0026556.JPG

 これが切ったところ。真ん中の白い部分がクルミ。
 外側の黒い部分だけを食べると、グミみたいな食感。
 葡萄の味がしっかり感じられる。

 クルミとグミ部分を一緒に食べると、ああなるほど、これが完成形だ、という味がする。
 甘酸っぱいゆべしと言えば良いか(と書くために調べてみたら「ゆべし」は日本各地で味も形も異なるらしい。私がイメージしたのは関東〜東北で「くるみゆべし」と呼ばれている和菓子)

 クセはなく、日本人にも馴染みやすい素朴な味。
 貴重なものをありがとうございました!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:38| 同人活動 | 更新情報をチェックする