2017年09月02日

特別展「深海2017〜最深研究でせまる”生命”と”地球”〜」感想

 上野の国立科学博物館で開催中の深海展に行ってきました〜
 夏休みも終わったし、平日(9月1日(金))だし、もう混んでないだろう、と思った、ら。
 チケット売り場に長蛇の列…… 20分くらい並んだかなぁ。
 時間を節約したい人はコンビニなどで事前に購入しておいた方が良いと思います。

 まず入口近くの「水圧でつぶれたカップ麺の容器」が面白かった。
 くしゃっとなるのではなく、そのままの形で縮んでいる。
 10000メートルの深さまで行き、高さが1/3くらいになっても、商品名(ブタメン)が読める。
 全面に均等に圧力がかかるのがよく分かる。

 深海の生物の「発光」に焦点を当てた映像展示は、どれもこれも、
「CG? アニメ?」
 と目をぱちぱちしてしまうほど美しく、現実感がない。
 会場内で流れている久石譲のミニマル・ミュージックがよく合っていた。

 最も幻想的に感じたのはムラサキカムリクラゲ。
 無数の光点が円を描いて高速で移動する。
 ホタルイカも体中の小さな点が光っていることが分かり驚いた。
 ふだんは光ってないやつにゆずこしょう付けて食べちゃうだけだから。

 チョウチンアンコウの標本も、らしさんの「シャイン」という作品(これ)を思い出して「うぉぉぉ!」となった。
 グロテスクだけど、ラスボスではなく初級ステージのボスっぽい。

 深海生物がどのように栄養を摂取しているかの展示では、ミツクリザメが興味深かった。
 獲物を捕る時に、あごが飛び出て伸びるのだ。
「可愛い顔して! 一瞬や!!」
 と関西の女の子が感想を述べていた。

 サルパという透明な生き物の映像が綺麗で、標本を見てみたら、小さい。
 大きめのしらすくらいだろうか。
 何しろ体が透明でよく見えないのだ……

 南極にはコオリウオというのがいるらしい。
 お魚のアイコンを使っているこおりさんみたいだと思った。

 メタンや硫化水素をエネルギー源とする「化学合成生態系」の解説に興奮した。
 光合成を土台とする我々のものとは別の、生態ピラミッド。
 深海の湧き水に含まれる物質を使って微生物が有機物を作り出し、それを食べる動物が集まる。

 このあたり、もっと詳しく勉強してみたい。
「よく知られているものとは違うやり方・可能性」
 に、私は強く惹かれる。

 ショップでは、オオグソクムシを練り込んだせんべいを売っていた。
 焼津、恐ろしい場所。

 午後3時過ぎに会場に入り、出たのは6時近く。
 特別展のチケットで常設展も見られる、と言われても時間切れになってなかなか難しい。
 金曜日は8時までやっているとはいえ、私には夕飯を作るという大切な使命があるので。

 常設展内の企画展「マリモの謎」は我慢出来ずちょこっと見てきた。
 大きなマリモの実物があって感動。可愛い〜!

 深海展は10月1日(日)、マリモ展は10月9日(月)まで。
 美と知を求める気持ちが同時に満たされる良い展示でした♪
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:47| 勉強 | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

「大英自然史博物館展」感想

 上野の国立科学博物館で開催中の大英自然史博物館展に行ってきました〜
 平日だったので、どうにかストレスなく見られる程度の混雑具合でした。

 音声ガイドが、おお、綾野剛の正妻の山田孝之ではないか!
 嬉々として借りる。良い声♪

 自然史というより「博物学」という言葉を強く思い出させる展示だった。
 細かくジャンル分けされる前の科学だから、現在なら地質学・生物学・化学などの研究対象になるようなものが、ごった煮状態になっている。
 呪われた宝石、なんてのもあって、珍しいものならとりあえず全部集めて保存する、という考えだったのかもしれない。

 集団で交尾したまま窒息死した三葉虫の化石は、何だかシュール。
 ハチドリの剥製は、可哀想だけど青く光る首が美しかった。

 絶滅した動物(モア、魚竜、始祖鳥、オオナマケモノ、ドードー等)の復元CG映像がどれも可愛い!
 みんな標本から立ち上がって生きていた頃の体を取り戻し、人のいない博物館の中で遊ぶの。

 特に始祖鳥は今回一番の呼び物だけあってなかなか凝っていた。
 化石から黒い羽根が舞い上がり、骨の周りを覆い、完成した姿で重たげに飛び立つ。
 くちばし(に似た形の口)に並んだ鋭い歯で、昆虫をつかまえて食べる。

 始祖鳥は飛べたのか、飛べなかったのか?
 始祖鳥は鳥類なのか、恐竜なのか?
 まだ答えは出ていない。

(展示パネルの文章より引用)

 大陸移動の証拠となったグロッソプテリスという植物の話が興味深かった。
 世界のあちこち(南アメリカ・アフリカ・オーストラリア等)にあるのは神がこの植物を作った証拠であり、進化論はおかしい。
 →同じ植物があったということは地続きだったのだ。
 →南極にもグロッソプテリスの化石があったので大陸移動説が有力に。

 今聞けば「ふーん」という話だけれど、
「海で遠く隔てられている土地が昔はつながっていた」
 という考え方、思い付くのも受け入れるのもけっこう大変だったのではなかろうか。

 ウォルター・ロスチャイルドの、お父さんがプレゼントしてくれた博物館や、シマウマで仕立てた馬車に度肝を抜かれ(ロスチャイルド家には常軌を逸したエピソードが多くて見聞きするたび驚く)

 輝安鉱の大きさと美しさに興奮!
 無数のシャープなラインと輝き。
 まるで墨汁が結晶化したような深い色合い。
 
 プラチナコガネはまさにプラチナ風の外見で、透明に見えるほど。
 CDと同じ原理で光っているそう。

 女性の学者が多く紹介されていたのも良かった。
 魚竜の発見者メアリー・アニングの肖像画を見て、化石ガールかと思ったらそんな生易しいものではなく、もっとハードボイルドで「化石ハンター」だった。
 化石を見つけて売る仕事。趣味ではなく「食っていくため」だったのだろう。
 
 ピルトダウン人という「贋原人」の話も面白かった!
 ヒトと類人猿をつなぐ存在と信じられていたが、後に現代人とオランウータンの骨の組み合わせだと判明。
 発見当時の人々の、
「人間は大昔から頭脳が発達していたはずだ」
 という先入観によく合致していたからこそだまされてしまったらしい。

 どの展示も熱心に見て、山田孝之の解説もメモを取りながら真剣に聞いていたら、あっという間に閉館時刻。
 3時間半くらいいたのかな……
 夢中になり過ぎて時を忘れてしまった。

 音声ガイド、展示をぼんやり見ているだけでは気付かないことを教えてくれたりしたので、借りて良かった。
 クイズは3問中1問しか当たらなかった……(しくしく)

 ゲーテも博物学的な関心が強かった。
 抽象化を嫌い、自然の持つ形態をそのまま観察することで物を考えたという(なんて書くとゲーテに詳しいみたいだが、池内紀の「ゲーテさんこんばんは」というエッセイ集を読んだことがあるだけ)

 今回の展示を見て、その感覚が少し理解出来た気がした。
 近代以降の科学が切り捨ててきた、いかがわしく豊かな精神に思いを馳せた。

R0026557.JPG
↑国立科学博物館と言えば大きな大きなシロナガスクジラさん。いつか常設展もしっかり見たいねぇ。

R0026560.JPG
↑上野の美術館・博物館が集まっているあたりは緑が多くて散歩が気持ち良い♪

追記:大英自然史博物館展公式サイトで見られる記念講演会「ピルトダウン人の真実」の動画(このページにある)がメチャクチャ面白かった!!
 
posted by 柳屋文芸堂 at 12:22| 勉強 | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

素粒子物理学についてどう思いますか?

 昨日の夕方のラジオ番組(NHK第1「先読み!夕方ニュース」)のおたよりテーマが、
「素粒子物理学についてどう思いますか?」
 で、思わず吹き出してしまった。

 ハードル高くないかね?!
 南部陽一郎が亡くなったからだとは思うけれど、普通の人は「物理学」だってあんまりよく分かってないのでは……

 実を言うと私は、量子力学と素粒子物理学の境目がどこだか分からない。
 量子力学は好きで、素粒子物理学は苦手だったから、話を理解出来なくなってきたら素粒子物理、なのかもしれない。

 素粒子物理学って、〇〇粒子を説明するために△△粒子を、△△粒子を説明するために××粒子を…… とマトリョーシカみたいでキリがないな、というイメージ。
 番組に出てきた村山斉という研究者の人は、対称性の破れを東洋思想と結びつけて解説していて面白かった。

 せっかく物理学科を出たのに、勉強を続けてないので色々忘れてしまったのが残念。
 記憶が完全に消えてしまう前に、たまには関連本を読んで思い出さないとね。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:30| 勉強 | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

歴史に興味が湧いてきた

「歴史小説って、どこまでが本当なんだろう?」
 と言ったら、
「色分けされていたら分かりやすいよね」
 とDちゃん。

「色?」
「文字の色を変えるんだよ。複数の文献で確かめたことは『黒』
 一つの文献にしか書かれていないことは『灰色』
 作者が想像した部分は『薄い灰色』とかさ」

 色の薄いページが多いほど「創作の要素が強い」と判断出来るわけだ。
 便利だね。

 しかし「事実とは別の真実」みたいなものが出来てしまう場合もある。
 例えば弁慶。
 伝説が多過ぎて、実在の人物というより物語の登場人物のような印象がある。
 実際の弁慶は、我々が知っている弁慶と、全く違う人間なんじゃなかろうか。

 歴史学者が「ウソの部分」を慎重に取り除いて、実在の弁慶に近い弁慶を描いたとしても、
「そんなの弁慶じゃない」
 と言われてしまう気がする。
 人々の想像が現実を凌駕してしまっているのだ。

 学生時代、年や人名を沢山暗記させられる歴史の授業が嫌いだった。
 でも、本や新聞や演劇などで「過去」に触れるたび、
「これって本当なのかな? 当時の権力者や、今の政府や、大衆の想像力で、歪められた事実も混ざっているんじゃないかな?」
 と考えるようになってから、歴史ってけっこう面白いかも、と思うようになった。

 100%正しいとされるものを押し付けられるより、不確かなものを元に思考する方がずっと楽しい。

 この記事を書くために歴史のことを検索して知ったのですが、最近の教科書では鎌倉幕府の成立って1192年じゃないそうですね。
 イイクニ作ろうじゃなくなっちゃったんだ……

 篠俣胡瓜さんという人の書いた、
「1192(イイクニ)作ろう鎌倉幕府はなぜ定説ではなくなったのか?」
 の説明が数学の証明のようで気持ち良いです。
「源、将軍やめ(て)るってよ」
 で笑っちゃった。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 01:58| 勉強 | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

先生、先生じゃござんせんか……?

「聞き流すだけで良いんです!」
 という英語教材のCMがしょっちゅう流れるので、私もやってみることにした。

 平日午後0:25になったらNHKラジオ第2をつけて、
「ラジオ英会話♪」
 これなら無料。

 久々に聞いたのだけど(15年ぶりくらいか?)昔と同じように遠山顕先生が出て来てびっくり!
 うわ〜 変わらないな〜
 明るくて、でも無理にはしゃぐのではなく自然な感じで、大好きだった。

 放送を聞き流すだけじゃ英語は身に付かないと思うけど、遠山顕先生の声で楽しい気持ちになれるから、それだけでも良いかな。
 元気でいてくれて本当に嬉しい。
 
posted by 柳屋文芸堂 at 00:21| 勉強 | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

受験勉強の思い出

 中学三年の夏休み、図書館にこもって苦手な地理と歴史の単語を必死に覚えようとしたのを思い出す。
 結局あまり効果はなくて、受験に必要な五教科合計の成績は、夏休み後にガクッと下がっちゃったんだよな。

 子どもの方が記憶力が良い、というのは大ウソだと思う。
 どれだけ若くたって、興味のないものは覚えられない。
 脳みそに刻まれずスーッと抜けていく感じ。

 もし今、中三の私に声をかけられるなら、
「苦手なことを無理にやろうとするんじゃなく、得意な分野で入り口を見つけなよ」
 と言ってやりたい。

 好きな小説家の出身地を調べてみるとか。
 歴史を扱った漫画を読むとか。
 旅行のガイドブックの写真を模写するとか。
(当時、私は絵を描くのが好きだった)

 まずは興味を持たないと、効率が悪いことはなはだしい。
 もしかしたら、若い頃の苦労はそういう自分なりの教訓を得るために必要なのかもしれない。

 60歳の私は37歳の私に何を言いたがるだろうか。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:28| 勉強 | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

歴史の勉強方法

 何度も書いている気がするけど、私はものすごく歴史が苦手だ。
 高校受験の時は社会の偏差値だけが異常に低く、図書館の学習室にこもって歴史ばかり勉強していた。
(にもかかわらず、成績はあまり上がらなかった……)

私「特に歴史上の人物の名前が覚えられないんだよねぇ」
D「のりは物語の登場人物の名前も覚えられないじゃん」

 そうなのだ。
 何しろ、
「スター・ウォーズのストーリーを説明してみて」
 と言われて、
「ヨーダが沼で、ちゃぽーん」
 と答えた私である(松尾芭蕉か!)

 しかし考えてみると、小説や映画の登場人物はすぐ忘れるが、漫画のキャラは割と覚えている。
 たとえば田村由美の「BASARA」
 架空の歴史物で、登場人物もかなり多い(名前の出てくる人だけで100人くらい?)
 それでもちゃんと顔が浮かぶし、名前だけでなく出身地やエピソードまで言える。

 よしながふみ「大奥」もそう。
 これで私は柳沢吉保や田沼意次がどんな人か知った。
 徳川家の歴代将軍も。
 学生時代は暗記しても暗記しても頭から抜けていったのに。

 まあ、全員私の中では女ですが。
 検索して男が出てくるとびっくりするよね!
 
 結論。
 教科書や問題集とにらめっこするのはやめて、歴史漫画を読むべきだったんだ。
 漫画の絵さえ手がかりに出来れば、無理に暗記しなくても自然に覚えられたはず。

 今からでも遅くない。
 足りない知識を補うために、歴史漫画をいっぱい読むぞ!!
posted by 柳屋文芸堂 at 01:50| 勉強 | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

英語で読む村上春樹

 去年の4月から始まった「英語で読む村上春樹」の放送、明後日が最終回です。
 どの回も面白かったな〜
 翻訳者のルービンさんがどれほど丁寧に単語を選んでいるかがよく分かって、感動しました。

 と同時に、村上春樹を原文で読めるありがたさも感じた。
 例えば「かえるくん」は「Frog」、「みみずくん」は「Worm」なんだよね。
 「かえるくん」「みみずくん」という呼び方にある独特の雰囲気が消えちゃうのだ。
 バカバカしくて可愛くて、時に暗号のようにも感じられたりする……
 この単語を成立させるには、まずその国にゆるキャラ文化が無いといけないのかもしれない。

 全体的に見て、英訳の方が村上春樹のクセが薄まっている印象。
 村上春樹嫌いの人は、英訳を読んだ方が物語の主題を素直に受け取れるのかも。
 なまじっか日本語が分かるせいで村上春樹を楽しめない、ということが起きている訳だ。

 「英語で読む村上春樹」は放送だけでなく、テキストも素晴らしかった!
 単語・文法の説明が細かくて、辞書無しで読み進められる。
 解説を書いてくださった侘美真理さんに感謝。
 あまり一生懸命に地味な仕事をこなしていると、かえるくんが家に来ちゃうよ!

 2013年度だけの特別企画かと思っていたら、今年度もまたやると知ってバンザーイ!
 先生が変わっちゃうんだけど。
 どんな先生なのかなー ドキドキ(学生気分)
 私が知らない世界の見方を、いっぱい教えてもらえますように。
posted by 柳屋文芸堂 at 03:08| 勉強 | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

歴史の信憑性

 歴史問題(慰安婦とか)のニュースを聞くたび、
「実際にあったか無かったか、どうやって決めるのだろう?」
 と不思議に思う。
 もちろん歴史学者にはこれまで積み上げてきた学問的手法があるのだろうけど、結局のところ、タイムマシンに乗ってその場に行ってみなければ、本当のことは分からないような気がする。

 例えば、ソクラテスって本当にいたのだろうか?
 ソクラテス自身は本を書き残しておらず、プラトンなど弟子の文章の中にしかソクラテスは出てこない。
 これって、
「ソクラテスという登場人物を使って本を書くことが流行した」
 だけだったりしないのだろうか?

 千年後に、西暦2000年頃の史料を調べたら、大量の初音ミクのイラストが見つかったとする。
 当時のアイドルだったのだろう、と歴史学者は推測する。
 その頃には科学技術が変化し過ぎて、ボーカロイドの仕組みが全く理解出来なかったとする。
 さて、初音ミクは実在したのだろうか?

 フランスには、歴史的事実の否定を禁止する法律があるらしい。
 もちろんナチスがやったことを否定されたらたまらない、ということから来ているのだと思うけど、歴史全般で考えるとけっこうすごい法律だよね。
 「政府認定の歴史」が法律みたいに定められているのだろうか……
posted by 柳屋文芸堂 at 02:24| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

プルトニウム

 プルトニウムは「冥界の神」の意味の「プルートー」から名付けられたのだと思っていた。
 ほとんどが人の手によって作られ、原子爆弾にも使われる猛毒物質に「冥界の神」
 誰が考えたのか知らないけどセンス良いなー と勝手に感心していたら、大間違い。

 天王星=ウラナス→ウラン、海王星=ネプチューン→ネプツニウム、冥王星=プルートー→プルトニウム
 と惑星の名前から順番に取っていったらしい。
 冥界との関係が間接的で、ちょっと残念。

 原子爆弾の研究に使われたプルトニウムの塊「デーモン・コア」の話が面白い。
 いや、死者も出てるんで面白いというのも不謹慎ですが。
 これを使った実験はちょっとのミスで臨界を起こす危険なもので、ファインマンが、
「ドラゴンの尻尾をくすぐるようなものだ」
 と批判したと。
 この人はどんな時でも気が利いたことを言わないと済まないのね……

(Wikipediaのプルトニウムデーモン・コアあたりのページを引用しました)
posted by 柳屋文芸堂 at 03:05| 勉強 | 更新情報をチェックする