2013年10月14日

誰もお前の意見なんて聞いてない

「この時の主人公の気持ちを次の選択肢の中から選びなさい」
 というような内容の国語の問題についてのエピソードをよく見かける。
 主人公の気持ちを想像出来なくて答えられなかった、とか。

 私はこの手の話を聞くたびに二つの疑問が浮かぶ。
「主人公の気持ちを尋ねる問題なんて出たっけ?」
「国語の問題に解答者の想像の余地なんてあったっけ?」

 現代文は(他の教科に比べれば)得意だったので、青ざめた経験がなく、その分色々忘れている。
「学校で読書感想文なんて書かされたっけ?」
 と小学校・中学校で一緒だったちかさんに聞いたところ、
「そりゃあんたは困らなかったから覚えてないんでしょーよ!」
 と言われた。

 36歳にもなって頼まれてもいない読書感想文をブログに書き続けているくらいだからねぇ……

 でも何となく、国語の問題の窮屈な感触は記憶に残っている。
 私は主人公の気持ちも作者の気持ちも考えなかった。
「この問題を作った人は、どんな答えを欲しがっているのだろう?」
 そうやって解いていくと、だいたい全部正解だった。

 こんなことをしていても、小説を書けるようにはならないなー
 と思って、文系には進まなかった。

 国語の問題が苦手だった人は、自分の考えを述べようとしてしまったのではないか。
 答えは問題用紙の中に全部書かれている。

私「『誰もお前の意見なんて聞いてない』って先生が教えるべきじゃない?」
D「悪くて言えないんじゃないの…… 確かに、
 『この問題用紙に書かれている範囲内で答えなさい』
  という一文を最初に入れたら親切だよね」

 私は出題者の気持ちを読み続けて、何か得たのだろうか?
 役に立った気が全くしない。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:56| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

理科実験教室

 渋谷を歩いていたら「早稲アカ理科実験教室」というのを見つけて「はて?」と思い、ネットで検索してみた。
 早稲田アカデミーがやっている小学生向けの教室みたい。
 今はそういうのがあるのかー いいなー いいなー
 おばさんにも実験させて!!

 国語や社会や音楽の勉強は学校を卒業した後も続けやすいのに(本を読んだり、お稽古に通ったり)理科の実験は大人になったらなかなかやれない。
 何でだろう。
 大人のためのピアノ教室があるんだから、大人のための理科実験教室があっても良いのに。

 原発事故の直後は国全体が放射線実験状態になって唖然としたけれど。
 まさか主婦になって再びガイガーカウンターを使うことになろうとは思わなかったよ。

 余震が酷かったから、震源からP波とS波が伝わってくるのをラジオ中継によって観測したり。
 東北の避難所にいるアナウンサーが、
「お、大きな余震です!!」
 と叫んだ数秒後にカタカタカタ…… と家具が鳴り始める。

 放射線も余震も怖かったけど、私の理科魂がちょっとだけワクワクしていたのは内緒です。

 大学の物理実験で思い出に残っているのは、超電導体を作った時のこと。
 900度くらいで焼くので、特殊な鍋つかみで手を保護……したはずなのに手が熱い!!
 えっ、と思って見たら、鍋つかみに穴が。
 危ない! ボロ置いとくなっ

 超電導体の実験は、マイスナー効果を見るために使う液体窒素をふーふーするのも楽しい。
 天国だったなぁ、物理学科。

※マイスナー効果:液体窒素でキンキンに冷やした超電導体の上で磁石が浮く現象。
         超電導体の方を浮かせたような気がしたんだが、記憶違いだろうか。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:08| 勉強 | 更新情報をチェックする

いな白馬(1789年)オスカルまたがる(フランス革命)

 子どもの頃から歴史が苦手で、克服したいなー と思い続けている。
 歴史小説も全く読めない。
 でも、歴史漫画はけっこう読んでるじゃん! と気付いた。
 「大奥」とか「ベルばら」とか。

私「歴史漫画をいっぱい読めば、私も歴史が得意になるかな?」
D「恋愛の場面ばっかり見ていたら意味ないでしょう」

 ハッ、確かに歴史の動きを説明する場面は読み飛ばしてるかも……
 キスやエッチさえ出来れば、革命が起きても世界が滅びてもどうでも良い気がする。
 だから歴史が苦手なのね。

 この記事の題名は中学の時に覚えた語呂合わせです。
 アニパロコミックスの欄外の読者お便りコーナーみたいなのに載っていたと記憶している。
 オスカルが付くだけで忘れないんだ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:40| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

Super-Frog Saves Tokyo(かえるくん、東京を救う)

 NHKラジオ第2で放送中の「英語で読む村上春樹」
 10月から新たに「かえるくん、東京を救う」が始まりますよ〜!!
 もう本屋でテキスト売ってますよ〜!

 私はこの話がほんとに大好きで、
「かえるくん、東京を救う」
 という題名を見ただけで涙ぐんでしまうほど。

「Super-Frog Saves Tokyo」
 という英語版のタイトルも格好良いなぁ。
 韻を踏むために「S」を繰り返しているのだと思う。
 ちょっと「Soup Stock Tokyo」みたいだけど。

 「かえるくん」と「かえるさん」の違いをどう英語で表現するのか。
 かえるくんの鳴き声はどうなるのか。
 ラストがねー 良いのよ〜
 かえるくんと、平凡であるがゆえに東京を救った片桐さん。

 あーもう楽しみっ
posted by 柳屋文芸堂 at 02:33| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

高松正勝(原作)鈴木みそ(漫画)「マンガ 化学式に強くなる」感想

 今さら私が化学式に強くなってもしょうがないのですが、素敵な理系男子が出て来るという情報を得て、萌え目的で読んでみました。
 化学が苦手な高校生の幸ちゃんが、つくばで研究者をしている友達のお兄ちゃんから個人レッスンを受ける、というストーリー。

 読んでみると、お兄ちゃんより幸ちゃんが可愛かったな〜
 おバカなんだけどたくましくて、生きる力がしっかりある感じ。
 化学以外のことに関しては無知で純情なお兄ちゃんとの組み合わせが楽しくて良いです。

 化学の解説も非常に分かりやすい。
 一番感心したのは、周期表についてのこの意見。
 
「体重の軽い順に男の子を横に並べてみたら
 縦の目におたくが揃ったり暴走族が並んだりしてるってわけかっ!」


 元素というものの不思議さをよく表しているなぁ、と。
 漫画の中ではこのセリフがイラスト化されてます。

 周期表は普通「水兵リーベ……」と横読みで暗記させられる。
 でも実は、縦読みの方が性質の似ている元素が揃っているのだ。
 何故そうなるかも、この本にちゃんと書いてある。

 「ファンデルワールス力」なんてのが出て来ると、いや〜 懐かしい!
「お前、ひっさしぶりだな〜 元気にしてたか?」
 と肩を組んで飲み屋へ行って思い出話にふけりたくなりますね。

 しかし「アボガドロ数」と言われても、
「マグロと一緒にわさび醤油で食べたい」
 とか思ってしまうあたり、もう私は完全に主婦なんだなぁ、と思いました。

 化学が苦手な高校生、理科が好きな中学生。
 子どもに勉強について質問された時に「分からない」と答えたくない負けず嫌いなお母さん、お父さん。
(このブログを読んでいる人には↑世代が多いと思う)
 もちろん私と同じような、郷愁にひたりたい理系人間も。

 ぜひ読んでみてください!!
 おすすめです〜
posted by 柳屋文芸堂 at 00:32| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

大人の学力

 子どもの学力についてはニュースでよく取り上げられるけど、大人の学力は問題にしなくて良いのだろうか。
 たとえ子どもの学力が低くても、影響が出るのは何年も後(彼らが社会人になってから、だろう)
 大人の学力が低い場合、今すぐ困るのだ。
 っていうか、もう困ってませんか?

 大人はいったいどんな学力を身につけておくべきなのか。
 「情報収集能力」あたりがすぐ思い浮かぶ。
 情報を見つけて、それを理解し、それが正しいか自分で判断する力。

 理解と判断のためには素養が必要だ。
 結局は子どもと同じように大人も国数英社理を学び続けるべきなのかもしれない。

 ふと「医学」は義務教育ではやらないよな、と気付く。
 誰でもいつどんな病気になるか分からないのに。
 体の仕組みや病気や治療について、保健体育の授業ではそんなに詳しく教えてくれないよね。

 大人の私が無知なままでいても、誰も対策を立ててはくれない。
 勝手に困りなさい、というのがこの社会だ。
 自分でどうにかしなければ。
 学研まんが の「からだのひみつ」でも読もうかしら……
posted by 柳屋文芸堂 at 01:14| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

変(He)なねーちゃん(Ne)ある(Ar)日狂って(Kr)キス(Xe)乱(Rn)発(周期表縦読み)

 ラジオから流れるスポーツニュースを聞いて、
「キセノン里?」
 とDちゃん。原子番号54の元素Xeの故郷である。

 いや、違うよ。
「お相撲さんの名前! 稀勢の里(きせのさと)!」
「へー」
 理系らしい聞き間違いですな。

 ところで今日のGoogleの玄関すごい(一応リンク
 理科が好きな人(得意である必要は全くない)はぜひ行ってみて!
posted by 柳屋文芸堂 at 01:21| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

英語で読む村上春樹

 今月から始まった、NHKラジオ第2放送の語学講座「英語で読む村上春樹」第1回目聴きました〜
(公式サイトはこちら

 その日にやる分の英文を朗読した後、前半部分の原文(日本語)を朗読→前半部分の英文を朗読→解説、後半部分の原文を朗読→後半部分の英文を朗読→解説、という流れ。
 最初英文だけ見てると「うわー無理」って感じるのに、日本語を読んでもらってから英語に戻ると、意味が分かるのね。

 春樹ファンとしては評論家の独自解釈って全く聞きたくないんだけど、この講座は翻訳の問題だけに注目してクールに進めていくみたい。
 まだ油断しちゃダメかな。

 英語圏の人にも理解出来るように加えられている単語を指摘されて「なるほど!」と納得したり。
 例えば「ーー町」が「IN TOKYO SUBURB(東京郊外)」になってる。
 ロシア語版では「六時十三分」が「6:30」になってたりするらしい。
 たぶん時間として中途半端だから。
 え〜 それってけっこう大きな改変だと思うんだが。
 「十三」を「三十」と読み間違えたんじゃないだろうな、ロシア人。

 なかなか面白かったので、頑張って聴き続けたいです。
 10月から始まる「かえるくん、東京を救う」が楽しみなのよ〜!
posted by 柳屋文芸堂 at 00:04| 勉強 | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

お懐かしゅうございます

 Dちゃんが夕食の時に「ヤング率」なんて単語を使うから笑ってしまった。
 専業主婦の暮らしにヤング率は出て来ないわね。
 買ったばかりの大根のヤング率。買って一週間経った大根のヤング率。
 その変化を求めよ。

ヤング率:物のたわみ方を表す係数。純粋に物理をやっていた人よりも、機械工学や建築をやる人の方がよく使うのかもしれない。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:21| 勉強 | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

ゼロから始める書き込み式フランス語BOOK

 という本(これ)がなかなか良かったです。
 ラジオ講座は毎日どんどん進んでしまうので、理解出来ないままになっていた部分がけっこうあったのです。
 そこをきちんと学習出来たのが良かった。

 英語の勉強をやり直す時にもこのシリーズを使いたいな。
これとかこれとか)
posted by 柳屋文芸堂 at 23:19| 勉強 | 更新情報をチェックする