2012年06月13日

ダジャ単シル・ヴ・プレ

 ダジャレでフランス語の単語を覚えよう! という本(これ
 くだらなくてゲラゲラ笑った。
 ダジャレに添えられている絵がすごく可愛いんだ。
 数人のイラストレーターが担当していて、特に気に入ったのは「楢木彩」さんのイラスト……だと思う。

 ネットで調べたのだけど、全然情報が出てこない〜
 他にも作品があるなら見たいと思ったのになぁ。
posted by 柳屋文芸堂 at 01:02| 勉強 | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

ジャパンエキスポ

 電車でフランス語のラジオ講座の予習をしていて、吹き出しそうになった。
 こんな文章が出てくるんだもの。

 Regardez les cosplayers là-bas!
 あそこのコスプレをしている人たちを見てごらんよ!


 NHKがまたやってくれました。
 パリで開催されるジャパンエキスポ(これ)についての会話なのです。
 今月号のテキストには、コスプレ大会のカラー写真も載っています。

「Je veux aller à Tokyo!(東京に行きたい!)」
 と書いてある看板の下に、何故か「東京ビッグサイト」の文字(日本語。おなじみのロゴだ)
 会場はビッグサイトじゃないのに(パリの郊外である)
 フランスに憧れる日本人がエッフェル塔を夢見るように、フランスのオタクたちは東京ビッグサイトに思いを馳せているんでしょうか……
posted by 柳屋文芸堂 at 22:45| 勉強 | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

積分童貞

 電車内で男子高校生が数学の話をしていた。

「微分より、積分の方が難しいらしいよ」
「ふーん」

 お兄ちゃんたち、まだ積分したことがないのかい?
 おばちゃんが手取り足取り教えてあげようか……
 ふっふっふ……

 とか考えてニヤニヤしていたのだけど(←危険人物)
 自分がもう積分のやり方を完全に忘れていることに気付いた。
 教えるどころじゃないよ。

 普通に専業主婦として暮らしていたら、積分なんて絶対やらないよねー
 高校から大学まで、やたら必死に積分していた気がするんだが。
 たまにはあなたと、積分したい。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:34| 勉強 | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

紙と鉛筆持ってこーい!

 数学の先生の話を書いているので、このサイトで高校数学の復習をしているのですが……
 ネット上で数学の問題解くと、イラつくー!!
 紙と鉛筆持ってこーい!

 久々に問題集買ってやりたくなっちゃったなぁ。
 ちなみに私、数学研究会の部長でした。
 先生に講義してもらうための教室の鍵を開ける係でしかなかったけどね。
 全然、得意ではなかったです。うう。
posted by 柳屋文芸堂 at 22:04| 勉強 | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

PACS(連帯市民協約)

 フランスの勉強をしていてへーっと思ったのは、
「PACS(連帯市民協約)」
 という制度(Wikipediaの解説はこちら

 結婚していない二人(同性・異性どちらでもOK)に社会保障などの権利を与える法律です。
 最初は同性愛カップルのために作られ、現在は異性愛カップルにも浸透しているとのこと。

 こういう制度が日本にもあるといいのにね。
 助かる人が沢山いるはず。
posted by 柳屋文芸堂 at 23:27| 勉強 | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

モンソー公園

 諸事情あってフランス語の勉強を頑張ってます。
「見て楽しむフランス絵の単語帳」
 という本に付いて来たCDを流して、単語を覚えたり。

 そこに出てくる「モンソー公園」が「妄想公園」に聞こえる。
 三浦しをんがいるんじゃないか。
posted by 柳屋文芸堂 at 02:23| 勉強 | 更新情報をチェックする

2011年09月25日

シカクいアタマをマルくする。

 電車で見つけた日能研の広告の問題が面白かったので、一生懸命解いてみた(→これ

 実際は長文なんだけど、簡単にまとめちゃえば、
「核廃絶には賛成しているのに、核軍縮のための条約に反対する国があるのは何故か?」
 というもの。
「20字程度で答えなさい」

 あー うー(と指を折って数え始める)
「アメリカのように核開発の経験を多く持つ国は……」
 ってもう20字超えちゃったよ!!
「核兵器による攻撃を受けたい国などどこにも無いが……」
 って全然ダメ。

 家に帰って日能研のサイトで答えを見てみると、
 
「すでに核兵器を持っている国が有利になるから」

 な、なんてシンプル!!
 Dちゃんにも聞いてみたら、正解に近い答えをすぐ出したので驚いた。

「漫才だと思えばいいんだよ。試験問題は『ボケ』で、答えは『ツッコミ』
 『ツッコミ』がダラダラしゃべっていたらおかしいでしょ」

 なるほど。
 そういう受験勉強のコツを34歳になってから教えてもらっても、手遅れです。

 20字という制限はともかく、この問題は大人にこそ考えてもらいたい。
 子どもが絶望しない世界を、作っていかないとね……
posted by 柳屋文芸堂 at 23:06| 勉強 | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

カタコトの日本語

 「中国嫁日記」に夢中の柳屋文芸堂です。
 ヒロイン月(ゆえ)ちゃんのしゃべり方がすごく可愛いんだよね〜

「きょうはもうたいへんだたね」
「理由ないダカラ」
「うれしデスネ!!!」


 とかとか。
 「カタコトの日本語」って一種の方言のようなもので、独特の吸引力があるように思います。

 そういえば、イタリア語を勉強していた時、ダリオ・ポニッスィさんの学習用CDを家でよくかけていたのですが、私もDちゃんもイタリア語ではなく「イタリア語なまりの日本語」ばかり覚えてしまって困りました。
 アクセントが強くて妙に情熱的な感じに。

マ〜 スミ〜イ(今、休みたい)」

 は未だに口癖。
 イタリア語を忘れても、これは使い続ける気がする。

 外国人が使う日本語を聞いていると、言葉は「文法的に正しいから伝わる」というわけではないのがよく分かる。
「こういうことが言いたいんだ!」
 という思いの強さが大事なんですね。

 私も外国語を話すの大好き!(カタコトどころじゃないレベルで下手ですが)
 無茶苦茶な発音と文法を、微笑ましく思ってくれるとありがたいんですけどね…… 
posted by 柳屋文芸堂 at 23:53| 勉強 | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

見えぬものでもあるんだよ

放射線と原子力発電所事故についてのできるだけ短くてわかりやすくて正確な解説

 というページが面白くて、ニコニコしながら読んでしまった。
 理論物理が専門の人が書いているから、故郷の訛りを聞くような懐かしさがありますなぁ。

私「『地面に一様に放射性物質が付着しているとき、空間での吸収線量率をどう計算するか?』という問題の『一様に付着』って部分がいいよね」
D「よくないよ!!」

 うん。実際にそんな世界になっちゃうなんて思わなかったさ。

 「中学生以上なら読めるように書いたつもり」とのことで、ブルーバックスのような文体。
 たとえの使い方が上手くて、読みやすい。
 きっとこの先生、授業も分かりやすいんだろうな。

 確率の話(これ)が特に納得。
 そうそう。「放射線でガンになる確率が高くなる」と騒ぎつつ、「確率そのもの」についてきちんと考察している人って全然いなかった。

 結局のところ現代人は常に、ロシアンルーレットをやらされているのだ。
 タバコの煙、ダイオキシン、排気ガス、食品添加物、ストレス……
 そういう多くのガンを誘発する物事に、原発からやって来た放射性のヨウ素やセシウムが、ニューフェイスとして加わったというわけ。
 運が良ければどんなに弾丸が多くても撃たれないし、運が悪ければ一つの弾丸でもやられてしまう。

 運を操作することは出来ないから、弾丸を避けるために全力を尽くすしかない。
 あとは……後悔のない人生を送っておくとか。

 うちの3ばーさんみたいに70、80まで生きられるのかしら、私。
 どうにか逃げきりたいよ。は〜
posted by 柳屋文芸堂 at 00:33| 勉強 | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

まいにちフランス語(ラジオ講座)

 謎のフランス人、レナ・ジュンタの意味不明なギャグを毎日聞かされた半年間……
 終わってみるとちょっぴり寂しい。
 ネットで検索すると、かなりファンがいるみたいだ。
 分かる気がする。

「越谷生まれ」
 と言っていたような気がして、調べてみたが情報無し。
 もしそうなら同郷ではないか(私は川口だけど)
 フランス人なの……?

 明日からは新しい講座が始まる。
 どんな雰囲気なのかな〜
 楽しみです♪
posted by 柳屋文芸堂 at 22:01| 勉強 | 更新情報をチェックする